すべての記事

ブループリント

有効化すると、アカウントの正規/外部ユーザーは全員、ブループリントを作成したり、作成したブループリントに基づいてタスクやプロジェクトを作成することができます。 コラボレーターは、自分と共有されているブループリントを表示できます。

概要

ブループリント機能を使用することで、現在進行中のプロジェクトやタスクから明確に分けて、プロジェクトおよびタスクのテンプレートを保管・管理することができます。

今すぐブループリント機能の利用を始めるには:

  1. 機能の有効化が完了すると、プロジェクトやフォルダーのブループリントまたはタスクのブループリントを作成できます。 作成したブループリントは、今後のプロジェクトやタスク用のテンプレートとして使用できます。
  2. 作成したブループリントが活用できそうな新規のプロジェクトやタスクを開始する場合に、ブループリントからプロジェクトやタスクの作成を実行してみてください。

重要な情報

  • ブループリントのフォルダーおよびプロジェクトには、左側のナビゲーションパネルの専用セクションからアクセスできます。
  • タスクまたはプロジェクトのブループリントに担当者やオーナーを追加しても、ブループリントは自動的に共有されず、担当者やオーナーは通知を受信しません。 ただし、ユーザーを@メンションしたり、フォロワーとして追加すると、タスクやプロジェクトのブループリントはユーザーと自動的に共有されます。
  • ブループリントは、通常のタスク、フォルダー、プロジェクトと同様にその他のユーザーと共有できます。
  • タスクまたはプロジェクトのブループリントの担当者やオーナーとして指定できるのは、アカウントへの招待を受信したユーザーだけです。
  • フォルダーやプロジェクトのブループリントを対象にしたレポートカレンダーダッシュボードウィジェット作業負荷チャートは作成できません。

 

ブループリントを作成

ブループリントには 2 種類の作成方法があります:

  • プロジェクト、フォルダー、タスクのブループリントをゼロから作成する。
  • 既存のプロジェクト、フォルダー、タスクをブループリントとして保存する。

プロジェクトのブループリントを作成

  1. 左側のナビゲーションパネルにある「ブループリント」セクションに移動します。「ブループリント」というメニュー名の右側にある「+」ボタンをクリックするか、セクション内に含まれるフォルダー/プロジェクトを右クリックして「追加」メニューから「フォルダー」または「プロジェクト」を選択します。
  2. 表示されるウィンドウで次の操作を実行します:
    • 必要に応じて、作成される項目の種類をフォルダーとプロジェクトで切り替えます。
    • フォルダーまたはプロジェクトのブループリントの名前を入力します。
    • ブループリントを保存する場所を指定します。 ブループリントに対してタグ付けできるのは、ブループリントからのみであることに留意してください(ブループリント以外の通常のフォルダーやプロジェクトを、ブループリントの親フォルダーや親プロジェクトとして指定することはできません)。
    • プロジェクトのブループリントを作成する場合:プロジェクトのオーナー、開始日、終了日を指定します。
    • フォルダーまたはプロジェクトの初期設定ビューを選択します。
    • フォルダーまたはプロジェクトを共有したい相手を指定します。
  3. 「作成」をクリックします。
  4. ブループリントが作成され、左側のナビゲーションパネルの「ブループリント」セクションに表示されます。 プロジェクトのブループリントが作成されたので、続いてプロジェクトの完了に必要な関連タスクおよびサブタスクを追加できます。 こうしたタスクの追加が完了したら、プロジェクトの実行に必要なステップをタスクとして含んだブループリントが完成します。
  5. 必要に応じて、タスクおよびサブタスクにデータを追加します。 タスクの属性を示すデータをできるだけ多く入力します(期間、担当者、説明、添付など)。

タスクのブループリントを作成

  1. 左側のナビゲーションパネルの「ブループリント」セクションにあるフォルダーまたはプロジェクトを選択します。 選択したフォルダーまたはプロジェクトが、タスクのブループリントが作成される場所になります。
  2. リストビュー、ボードビュー、テーブルビュー、ガントチャートのいずれかの表示形式から「+ 新規タスク」をクリックします。
  3. 関連する詳細情報をタスクに追加します。 このブループリントに適用する必要のあるすべての情報を含めるようにしてください。 例えば、タスクの説明にテキストを追加したり、担当者を追加したり、開始日と終了日を設定することができます。
  4. ブループリントから作成したタスクを配置する場所を選択します。

プロジェクトをブループリントとして保存

プロジェクトのテンプレートとして今後使用したいプロジェクトがある場合、プロジェクトをブループリントとして保存できます。

  1. 左側のナビゲーションパネルから、該当するフォルダーまたはプロジェクトの名前を右クリックします。
  2. 「ブループリントとして保存」を選択します。
  3. ブループリントの名前を入力します。
  4. 必要に応じて、作成先を新たに選択します。 ブループリントを追加するフォルダーまたはプロジェクトを指定してください。 場所を特に選択しない場合、ブループリントセクションの最上位の階層(セクションの直下)にブループリントが作成されます。
  5. 必要に応じて、プロジェクト名に接頭辞を追加します。 接頭辞フィールドに追加された文字列は、作成中のブループリント内のすべての項目のタイトルの先頭に追加されます(接頭辞の追加の対象となる項目にはサブフォルダー、サブプロジェクト、タスク、サブタスクが含まれます)。
  6. ブループリントとして保存するフォルダーまたはプロジェクトに含まれているすべてのタスクおよびサブタスクの複製をブループリントに含めるには、「タスクをコピー」の左側にあるボックスにチェックを入れます。
    • 必要に応じて、タスクの複製方法をカスタマイズできます。説明、添付ファイル、担当者、カスタムフィールドの値を、複製したタスクに含めるかどうかを選択できます。
    • 必要に応じて、タスクのスケジュールを変更できます。 タスクの日付を元のフォルダーやプロジェクトのスケジュール設定済みの日付と同一にするには、「スケジュール変更」ボックスのチェックを外します。 フォルダーまたはプロジェクトに含まれる最初のタスクの開始日あるいは最後のタスクの終了日を設定するには、このボックスにチェックを入れます。 その他のすべてのタスクのスケジュールは、ここで設定した最初のタスクの開始日あるいは最後のタスクの終了日に従って変更されます。
  7. 「保存」をクリックします。

プロジェクトまたはフォルダーがブループリントとして保存され、左側のナビゲーションパネルの「ブループリント」セクションに表示されます。

タスクをブループリントとして保存

  1. ブループリントとして保存したいタスクを右クリックします。
  2. 「ブループリントとして保存」を選択します。
  3. 表示されるウィンドウで、ブループリントの名前を入力し、保存先となるフォルダーのブループリントまたはプロジェクトのブループリントを選択します*。
  4. 既存のタスクの情報のうち、ブループリントにコピーしたい内容を選択します:説明、添付ファイル、担当者、カスタムフィールドの値。
  5. ブループリントのスケジュールを変更できます。必要に応じて、異なる開始日や終了日を指定してください。
  6. 「保存」をクリックします。

タスクはブループリントとして保存され、ステップ 3 で指定したフォルダーまたはプロジェクト内に表示されます。

*場所を指定しない場合、ブループリントはブループリントセクションの最上位の階層(セクションの直下)に保存されます。

ブループリントを使用

ブループリントからプロジェクトまたはフォルダーを作成

ブループリントを使用することで、新規プロジェクトをすばやく立ち上げることができます。プロジェクトの作成時に、プロジェクトに含まれるタスクの担当者に通知を送信するかどうかも指定できます。

  1. 左側のナビゲーションパネルの「ブループリント」セクションのフォルダーまたはプロジェクトを右クリックします。
  2. 「ブループリントから作成」を選択します。
  3. プロジェクトまたはフォルダーに名前を付けます。
  4. 必要に応じて、作成先を新たに選択します。 作成するフォルダーまたはプロジェクトにタグ付けするプロジェクト、フォルダー、スペースを指定します。 場所を特に選択しない場合、フォルダーまたはプロジェクトは「共有されたアイテム」セクションに配置されます。
  5. 作成時に、フォルダーまたはプロジェクトに含まれるタスクの担当者およびサブプロジェクトのオーナーに受信トレイ通知を送信するかどうかを指定できます。
  6. 必要に応じて、プロジェクト名に接頭辞を追加します。 接頭辞フィールドに追加された文字列は、作成中のフォルダーまたはプロジェクト内のすべての項目のタイトルの先頭に追加されます(接頭辞の追加の対象となる項目にはサブフォルダー、サブプロジェクト、タスク、サブタスクが含まれます)。
  7. ブループリントに含まれているすべてのタスクおよびサブタスクの複製を作成するには、「タスクをコピー」の左側にあるボックスにチェックを入れます。
    • 必要に応じて、タスクの複製方法をカスタマイズできます。説明、添付ファイル、担当者、カスタムフィールドの値を、複製したタスクに含めるかどうかを選択できます。
    • 必要に応じて、タスクのスケジュールを変更できます。 タスクの日付を元のフォルダーやプロジェクトのスケジュール設定済みの日付と同一にするには、「スケジュール変更」ボックスのチェックを外します。 フォルダーまたはプロジェクトに含まれる最初のタスクの開始日あるいは最後のタスクの終了日を設定するには、このボックスにチェックを入れます。 その他のすべてのタスクのスケジュールは、ここで設定した最初のタスクの開始日あるいは最後のタスクの終了日に従って変更されます。
  8. 「作成」をクリックします。

ブループリントからタスクを作成

ブループリントからタスクをすばやく作成し、担当者がその作業をすぐに開始できるように通知を送信することができます。

  1. リストビューで、タスクのブループリントを右クリックします。
  2. 「ブループリントから作成」を選択します。
  3. 作成する新規タスクの名前を入力します。
  4. 必要に応じて、作成先を新たに選択します。 新規タスクにタグ付けするフォルダー、プロジェクト、スペースを指定します。 場所を特に指定しない場合、タスクは「共有されたアイテム」セクションに配置されます。
  5. タスクの作成時の設定をカスタマイズ:
    • 担当者に通知:受信トレイ通知を担当者に送信します。
    • 説明をコピー:作成されるタスクに、ブループリントの説明がコピーされます。
    • 添付ファイルをコピー:作成されるタスクに、ブループリントに添付されているファイルを含めます。
    • 担当者をコピー:作成されるタスクで、ブループリントで指定されている担当者を保持します。
    • カスタムフィールド値をコピー:タスクのブループリントに入力されているデータを新規タスクにコピーするかどうかを指定します。
    • スケジュール変更:タスクの開始日または終了日を設定します。
  6. 「作成」をクリックします。

リクエストフォームでのブループリントの活用

リクエストフォームを設定して、ブループリントからタスクやプロジェクトを作成できます。 その場合、誰かがフォームを使用してリクエストを送信するたびに、タスクやプロジェクトが指定したブループリントから作成されます。
詳しくはリクエストフォームを作成ページをお読みください。

その他の関連情報

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ