すべての記事

Enterprise Pinnacle

概要

Enterprise Pinnacleプランは、2021年7月1日からご利用いただけます。

Enterprise Pinnacleは、最新鋭の作業管理とセキュリティ機能を必要とするチームに最適です。

ヒント

アカウントのプランタイプを確認するには、[アカウント設定]に移動し、[アカウント情報]を選択します。 プランタイプが他の関連情報とともに一覧表示されます。 外部ユーザーおよびコラボレーターはこの情報にアクセスできないため、アカウント管理者にお問い合わせください。

その他のWrikeアカウントに含まれている機能の詳細な比較については、こちらをご覧ください。

機能

Enterprise Pinnacleプランには、FreeProfessionaBusiness PlusEnterprise Standardアカウントのユーザーが利用できるすべての機能に加え、以下の機能が含まれます:

SharePoint、Bynder、MediaValetとの連携

デジタルアセット管理システムへのクラウド連携により、定期的なバックアップ、異なるデバイス間でのファイルの移動、データ同期、どこからでも重要なドキュメントにアクセスできるかを心配する必要がなくなります。 SharepointMediaValet、またはBynderに保存されているすべてのファイルに承認を使用できます。

HTML校正

WrikeでHTMLウェブページのプレビュー、校正、承認を行うことができます。 HTML校正を使用して、Wrike内のウェブページに直接コメントを追加したり、承認へのリンクを追加したりすることができます。

高度なリソース管理

ジョブロールを使用して、リソース配分プロセスを改善します。 「設計者」や「開発者」といった カスタムジョブロールを作成し、それらをチームメンバーに割り当てます。 予約を使用すると、プロジェクトの各担当者やジョブロールごとに、作業に必要と思われる予定時間に基づいて時間ブロックを予約できます。

予算編成

すべてのプロジェクトを対象とした財務関連の見積りと追跡を、1か所でリアルタイムに行うことができます。 予算編成では、ユーザーやジョブロールの時間単価を設定することができます。 事前設定済みの財務フィールドで予想コストと実際のコストを比較することで、プロジェクトの財務進捗状況をテーブルビューで追跡します。

ロック済みスペース

ロック済みスペースは、取締役会や役員レベルなどの機密性の高いコラボレーションのための制限された安全なスペースです。 また、ロック済みスペースを利用して、個々の顧客用に専用の作業スペースを作ることもできます。

Wrike Analyze

Wrike Analyze は、完全にカスタマイズ可能なソリューションで、Wrikeアカウントのデータに基づいて分析ダッシュボードを作成することができます。 作成済みの分析テンプレートを使用するか、関連するメトリックに焦点を当てたカスタム分析ボードを作成することができます。 実行中のプロジェクトの全体像を把握し、完了済みの作業を分析し、インタラクティブな概要を関係者と簡単に共有できます。

トップ