すべての記事

データをExcelにエクスポート

レギュラー/外部ユーザーで有料アカウントの人はXLSファイルをエクスポートできます。

⏱ 2分で読めます

概要

すべてのタスクとサブタスクを、状況、依存関係、指名した人、開始日、期限、期間およびタイムログエントリでExcelファイルにエクスポートします。

ヘルプセンターのページをチェックして、Excelからデータをエクスポートする方法を学習します。Excelからデータをエクスポートする

重要な情報

  • 添付およびコメントはExcelにエクスポートされません。
  • 複数のサブフォルダー/サブプロジェクトでタスクがタグ付けされている場合、そのタスクの行は、XLSファイルのサブプロジェクト/サブフォルダーごとに表示されます。
  • サブタスクが親タスクがあるフォルダでタグ付けされている場合、そのサブタスクはXLSドキュメントで2回表示されます。 「キー」セルは、これらの両方の行で同じになります。

注意!サブタスクのタグは、初期設定では継承され、グレーアウトされます。 サブタスクをフォルダー/プロジェクトまたはスペースにタグ付けすることによって、手動で含めることができます。

特定のフォルダー、プロジェクトまたはスペースからタスクをエクスポートする

  1. 左側のナビゲーションパネルから、エクスポートするフォルダー/プロジェクトまたはスペースを選択します。1
  2. 右上隅にあるメニューボタンをクリックします。2
  3. 「エクスポート」にカーソルを重ねます。
  4. 「Excel」を選択します。3
  5. データをエクスポートする方法を選択するポップアップが表示されます。 オプションのいずれかを選択して「エクスポート」をクリックします。4
    • テーブルビューからエクスポートする場合、次のオプションがあります:現在のビューに表示されるデータをエクスポート、フィルター処理済タスクのみをエクスポート、またはあなたと共有される全タスクをエクスポート(フォルダー内)。 ただし、現在のビューのみをエクスポートするには、ビューの右上隅の「エクスポート」ボタンをクリックしてください。
    • リストビューまたはガントチャートからエクスポートする場合、次のオプションがあります:フィルター処理済タスクのみをエクスポート、またはあなたが共有している全タスクをエクスポート(フォルダー内)。
  6. エクスポートが実行され、画面下部のダウンロードリンクをクリックするとファイルをダウンロードすることができます。
  7. ファイルはお使いのコンピュータで全ダウンロード済みファイルが置かれる初期設定の場所にダウンロードされます。

XLS_Export_-_Export_from_Wrike.png

タスクは「共有アイテム」セクションからエクスポートすることもできます。 タスクをエクスポートするには、左側のナビゲーションパネルの「共有アイテム」セクションをクリックして、前述の手順2~4を実行します。

注意!Excelファイルの最大サイズに基づいたエクスポート制限があります。 65,000行が上限となります。 エクスポートされたフォルダー/プロジェクト/スペースにこの数を超えるタスク/サブタスクが含まれている場合、別のサブプロジェクト/サブフォルダーをエクスポートすることをお勧めします。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ