すべての記事

期限切れのトライアル

シチュエーション

Wrike作業スペースにアクセスすると「トライアルが終了しました」というポップアップが表示される場合、有料利用プランの無料トライアルが終了したことを意味します。 その場合、本ガイドでその後利用できる選択肢をご確認ください。

トラブルシューティング

Wrikeの新規アカウントにサインアップすると、どの利用プランタイプでもトライアル期間が設けられ、その利用プランで使用できる機能を無料で試すことができます。 トライアル期間中はいつでも、利用プランを購入したりFreeプランにダウングレードしたりできます。 利用プランを変更しない場合、トライアルアカウントは停止されます。

これを解決するには、次の2つの方法があります:

  • 利用プランを購入する:アカウントオーナーは利用プランを購入できます。

  • 期限切れになったトライアルアカウントをFreeプランに切り替える。

補足事項

機能パッケージのアーキテクチャの違いにより、TeamプランのトライアルアカウントをFreeプランにダウングレードすることはできません。

Freeプランに切り替える手順:

  1. アカウントにログインし、表示されるポップアップでプランを表示をクリックします。

  2. Freeプランを取得オプションをクリックします。

expired_trials.png

よくある質問と回答(FAQ)

トライアル期間が終了するとデータはどうなりますか?

トライアルの有効期限が切れると、アカウントはブロックされますが、データはすべて保持されます。

サポートへ連絡

その他の情報やサポートが必要な場合は、弊社サポートチームまでお問い合わせください。

アカウントを削除する場合は、アカウントの削除に記載されている手順に従ってください。

トップ