すべての記事

Excelからデータをインポートする

作業スペースの外観が異なる場合、またはこのページに記載されている手順に従うことができない場合は、新しいWrikeエクスペリエンスが有効になっている可能性があります。詳細については、こちらをご覧ください。

レギュラー/外部ユーザーで有料アカウントの人はXLSファイルをインポートできます。

⏱ 5分で読めます

概要

タスク、フォルダー、プロジェクトをXLSファイルからWrikeにインポートします。

ヘルプセンターのページをチェックして、XLSファイルをエクスポートする方法を学習します。データをExcelにエクスポートする

重要な情報

  • インポートする前にExcelファイルに式が記されていないことを確認します。
  • テキストをXLS文書の説明セルでフォーマットすると、XLS文書をWrikeにインポートする際に、そのフォーマッティングは保持されません。
  • インポートのみがWrike内の新規アイテムを作成するため、XLSインポートにより既存のデータを編集することはできません。
  • インポートごとの上限は5,000タスクです。これ以上のタスクをインポートする必要がある場合は、ファイルを小さなファイルに分割し、複数に分けてインポートすることができます。

XLSファイルをWrikeにインポートする

  1. 新しいMicrosoft Office Excelファイル(.xls または .xlsx)を作成します。
  2. フォーマットを行い、スプレッドシートにデータを追加します。 その手順は以下をご覧ください。
  3. Excelファイルの準備が出来たら、Wrikeを開きます。 左側のナビゲーションパネルから、データをインポートするフォルダー/プロジェクトまたはスペースを選択します。1
  4. プロジェクト/フォルダーまたはスペース内の3つのドットメニューボタンをクリックします。2
  5. 「インポート」にカーソルを合わせ、「Excel」を選択します。3
  6. 表示されるポップアップで「ファイルの選択」をクリックします。4
  7. インポートしたいファイルを選択します。
  8. 「次へ」をクリックします。 5
  9. 「指名された人」列に名前がリストアップされている場合、Wrike連絡先リストのユーザーをスプレッドシートの「指名された人」列に示されている名前と関連付けるかどうかを尋ねられます。6
  10. 「次へ」を再クリックすると、ページの更新を尋ねられます。7
  11. 「はい」をクリックします。 8

XLS_Import_-_Import_data.png

XLSファイルからの情報は現在Wrikeで利用可能です!

XLSファイルをフォーマットしてWrikeにインポートする

データをExcelからWrikeにインポートするには、XLSファイルを正しくフォーマットする必要があります。XLSファイルの正しいフォーマットには2つの方法があります:

サンプルのXLSファイル(既にフォーマット済み) をダウンロードする

  1. 左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。1
  2. 選択した項目内の3つのドットメニューボタンをクリックします。2
  3. 「インポート」にカーソルを合わせ、「Excel」を選択します。3
  4. 表示されるポップアップから、「サンプルのExcelファイルをダウンロードする」をクリックします。4

XLS_Import_-_Download_Example.png

XLSファイルを手作業でフォーマットする

  1. 新しいExcelスプレッドシートを開きます。
  2. 最初の行で、次の用語を列ヘッダーとして使用します:キー、親タスク、タイトル、状況、優先度、指名された人、開始日、期間、終了日、依存関係、開始日、制約、説明。 必要なヘッダー:キー、タイトル、状況、優先度、指名された人、開始日、期間、終了日、説明。 列は空にすることができますが、必要なヘッダーは上部に入力する必要があります。1

新規の行ごとにキー番号を必ず追加してください 一意である必要がありますが、特定の順序は必要ありません。2

excel_template.png

  • BusinessおよびEnterpriseユーザーの場合:カスタム状況をExcelで追加するには「状況」列の左側に「ワークフロー」列を追加し、「カスタム状況」列を「状況」列の右側に追加する必要があります。
  • Wrike for Professional ServicesアカウントおよびWrike Resource add-onアカウントのユーザーの場合:作業量をインポートするには、excelファイルの「説明」列の前に「作業量」列を追加します。

データをXLSファイルに追加する

XLSファイルから直接できること:

必ず列ごとに一意の数値を「キー」列に設定する必要があります。

フォルダーまたはプロジェクトを作成する

  1. (空白行の)「タイトル」列に、お好みのフォルダー名またはプロジェクト名を入力します。
  2. フォルダー/プロジェクト名の前後にフォワードスラッシュを入れてください。例: /フォルダー名/。1
  3. プロジェクトの場合:プロジェクトの状況を「状況」列で特定します。 カスタムプロジェクト状況を追加するには、「タイトル」列の前に「初期設定のタスクワークフロー」という列を追加し、プロジェクト名の前にワークフロー名を追加します。 「カスタムワークフロー」セルと「カスタム状況」セルを、それに応じて必ず入力してください。

注意!現在、プロジェクトのカスタムワークフローを使用しているのは、2019年4月15日以降に作成されたBusinessアカウントおよびEnterpriseアカウントのみです。

サブフォルダーの作成

新規の行で、対応する「タイトル」列のセルをクリックし、親フォルダー名(名前の前後のスラッシュも)を入力し、その後にサブフォルダーのタイトルを入力します。 例:/フォルダー名/サブフォルダー名。2

タスクの作成

Excelのタスクを追加するのは、タスクのタイトルを「タイトル」列に入力するだけなので簡単です。 次に、他の列を使用してタスクに関するさらなる情報を入力します。3 タスクをフォルダー内に作成する場合:最初にフォルダー(上記の手順ごとに)を作成してから、タスクをフォルダーの行のすぐ下の行に追加します。

create_folder_excel.png

スラッシュを区切りの記号として使用して、タスクの開始日と終了日を追加します(例:2019年10月23日)。 期間は、開始日と終了日に基づいて自動的に計算されます。 開始日と期間を追加すると、終了日が自動的に計算されます。 開始日と終了日が設定されていて、自動的に計算された期間よりも長い期間を手動で追加すると、インポート後に終了日が移動して、期間に合わせて調整されます。

マイルストーンタスクを作成する

タスクのタイトルを「タイトル」列に入力します。 日付を「終了日」列に追加しますが、「開始日」列は空のままにします。 次に、他の列を使用してタスクに関するさらなる情報を入力します。

タスクを幾つかのフォルダーに含める

複数のフォルダーにタスクを含めるには、まずタスクを1つのフォルダーに追加します。 その後、タスクを追加フォルダーに追加するには、行全体をタスク情報(キー番号を含む)でコピーし、別のフォルダーの下に貼り付けます。1

サブタスクの作成

通常どおりタスクに希望するデータを追加し、親タスク名を「親タスク」列に追加します。 親タスクは、サブタスクの前のファイルに表示する必要があります。2

サブタスクのサブタスクを作成する場合は、タスクパス全体「親タスク」列に指定する必要があります。

注意!XLSのインポートを実行するには、親タスクとサブタスクに同じ名前を付けることはできません。違った記号を少なくとも1つ入れてください。

タスクの説明の追加

説明を「説明」フィールドに追加します。 そこに入力されたデータは、Wrikeでタスクの説明セクションに追加されます。3

create_subtasks.png

タスクの状況の追加

状況をタスクに追加するには、初期設定の状況のいずれかをタスクの「状況」列に入力します1。 2016年12月20日以前に作成されたアカウントの場合、初期設定の状態は、有効、完了、延期、キャンセルです。 2016年12月20日以降に作成されたアカウントの場合、初期設定の状態は、新規、処理中、待機中、完了、キャンセルです。

BusinessおよびEnterpriseのユーザーには、タスクにカスタム状況を追加するオプションがあります。 最初に、カスタム状況を追加したいタスク行に進み、カスタムワークフロー名を「ワークフロー」列に入力し2、必要な状況を「カスタム状況」列に入力します3。 インポート時にカスタム状況やワークフローが見つからない場合、初期設定のワークフローの状況が適用されます。

add_a_status_excel.png

依存関係の作成

2つのタスク間の依存関係を作成するには、「依存関係」列を使用します1。 依存関係を追加するタスクの行に進み、「依存関係」列に、現在のタスクが依存するタスクのキー番号2を入力します。 同じセル(スペースなし)に依存関係コードのいずれかを追加します3。 例えば、「依存関係」セルは次のように表示されることがあります:5FS。 複数の依存関係を追加するには、それらをカンマおよびスペース(例:22SS、32FS)を使用して区切ります。 最後に、適切な列のタスクに開始/終了日時(またはタスクがマイルストーンの場合、終了日時のみ)を追加します。

承認済依存関係コード:

  • FS – 依存関係のタスクは、先行タスクが完了すると開始されます。
  • SS* – 依存関係のタスクは、先行タスクが開始すると開始されます。
  • FF – 依存関係のタスクは、先行タスクが完了すると完了されます
  • SF* – 依存関係のタスクは、先行タスクが開始すると完了されます。

*依存関係のタイプは、マイルストーンタスクには適用されません。

Excel_Dependent.png

注記Wrikeにインポートすると、依存関係のタスクは自動的にスケジュール変更されるため、依存関係を壊さずにできるだけ早く開始されます。 ただし、設定したい開始日を開始日制約列に指定することで依存関係のタスクを遅延することができます。 依存関係は、マイルストーンの日付に影響を与えず、マイルストーンを含む依存関係が競合を引き起こした場合、インポート後にガントチャート上で赤で強調表示されます。

トップ