すべての記事

カスタム項目タイプの自動化

テーブル 45. 利用可能 - 従来のプラン


概要

アカウント管理者は、アカウントレベルのカスタム項目タイプの自動化ルールを作成および管理できます。 スペース管理者は、スペース内でスペースレベルのカスタム項目タイプの自動化ルールを作成および管理できます。

カスタム項目タイプごとに自動化ルールを設定することで、チームのプロセスを合理化し、手作業を削減することができます。

タイプ別の自動化は、アカウントレベルおよびスペースレベルのカスタム項目タイプで使用できます。 タイプ別の自動化は、アカウント全体の自動化と同様の仕組みです。 ただ違う点は、ルールの適用先セクションで選択できるのが、カスタム項目タイプのみであることです。 そのため、カスタム項目タイプで自動化ルールを設定すると、このタイプから作成されたすべての作業項目にデフォルトで自動化が適用されます。

作業の仕組みの詳細については、以下の関連ページをご覧ください:

ヒント

カスタム項目タイプから作成された作業項目に適用される自動化ルールは、いつでも確認できます。 作業項目の右上隅にある3ドットメニューボタンをクリックし、自動化ルールを表示を選択すると、ルールのリストを表示できます。

Custom_Item_Types-Automation_Rule_List_Show.png

このオプションは、外部ユーザーとコラボレーターを除くすべてのユーザーが利用できます。

スペースレベルタイプの自動化

カスタム項目タイプでの自動化ルールの管理

  1. 該当するスペースに移動し、右上隅のギアアイコンをクリックします。

  2. カスタム項目タイプタブを選択します。

  3. 新規のカスタム項目タイプの作成を開始するか、既存のカスタム項目タイプのいずれかをクリックします。

  4. カスタム項目タイプエディタの左パネルで、自動化ルールを管理ボタンまでスクロールし、クリックします。

  5. +新規ルールをクリックしてこの項目タイプの新しい自動化ルールを作成するか、既存のルールのいずれかをクリックして編集します。

タイプ別の自動化ルールを削除するには、そのルールにカーソルを合わせ、右側に表示される3ドットメニューアイコンをクリックし、削除を選択します。そして、ポップアップで決定を確定します。

タイプ別のルールを無効にするには、ルールリストでそのルールをクリックし、右上のルールのオン/オフのトグルを切り替えます。

スペースでの自動化ルールの管理

また、スペースの設定から、すべてのスペースレベルのタイプ別自動化ルールを作成・管理することもできます。

  1. 該当するスペースに移動し、右上隅のギアアイコンをクリックします。

  2. 自動化タブを選択します。

  3. スペース内のすべてのタイプ別自動化ルールのリストが表示されます。

    1. 新規ルールを作成するには、リストの最後にある+ルールを追加ボタンをクリックします。 ルールを作成する際に、どのカスタムタイプの項目に適用するかを選択します。

    2. ルールを無効にするには、ルール名の左側にあるトグルを切り替えます。

    3. ルールを削除するには、ルールを右クリックして削除を選択し、ポップアップで決定を確定します。

アカウントレベルタイプの自動化

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. 設定を選択します。

  3. 左側のパネルでカスタム項目タイプをクリックします。 下にスクロールしないと表示されない場合があります。

  4. 新規のカスタム項目タイプの作成を開始するか、既存のカスタム項目タイプのいずれかをクリックします。

  5. カスタム項目タイプエディタの左パネルで、自動化ルールを管理ボタンまでスクロールし、クリックします。

  6. +新規ルールをクリックしてこの項目タイプの新しい自動化ルールを作成するか、既存のルールのいずれかをクリックして編集します。

タイプ別の自動化ルールを削除するには、そのルールにカーソルを合わせ、右側に表示される3ドットメニューアイコンをクリックし、削除を選択します。そして、ポップアップで決定を確定します。

タイプ別のルールを無効にするには、ルールリストでそのルールをクリックし、右上のルールのオン/オフのトグルを切り替えてください。

よくある質問と回答(FAQ)

カスタム項目タイプの自動化ルールはアカウントルールの上限に影響しますか?

はい。タイプ別の自動化ルールもアカウント全体のルール上限にカウントされます。

次のステップ

トップ