すべての記事

Wrikeの勤務スケジュール

テーブル 78. 利用可能 - 従来のプラン


概要

アカウント管理者は、勤務スケジュールの設定を変更できます。 Enterpriseアカウントでは、この権限を取り消すことができます。

勤務スケジュールはアカウント全体の設定で、自分とチームの勤務日/非勤務日を管理するのに役立ちます。

補足事項

アカウント全体の勤務スケジュールは、アカウント管理セクションでアカウント管理者とオーナーが利用できます。 ただし、他のアカウントユーザーは、[プロフィール設定] で各自の勤務スケジュールにのみアクセスできます。

勤務スケジュールは、次の目的で使用します:

  • チームの週間労働時間(各週の勤務日または非勤務日)を指定する。

  • 自身やチームメンバーの勤務スケジュールを確認する。

BusinessおよびEnterpriseアカウントの勤務スケジュールでは、次のことも可能です:

  • 追加の勤務スケジュール(別の勤務日数)を作成し、チームメンバーに割り当てる。

  • チームメンバーの休暇や有給休暇をマークする。

  • 自身やチームメンバーに対して追加の労働日数を指定する。

    補足事項

    コラボレーターを除くすべてのユーザーは、休暇日や残業日、有給休暇日を各自の勤務スケジュールに追加することもできます。

トップ