すべての記事

アドミン用作業スケジュール

全アカウントのアドミンは、アカウント管理セクションから作業スケジュールにアクセスできます。 Businessアカウントの管理者およびEnterpriseアカウントのチームメンバーの作業スケジュールを構成する権限がある管理者は、権限を強化しています。

⏱ 4.5分で読めます

概要

作業スケジュールはあなたやあなたのチームが就業日および非就業日を管理するのに役立ちます。 全アカウントタイプは作業スケジュールを使用して次を行います:

  • チームの週労働時間を指定する(労働する、または労働しない週当たりの日数)。
  • あなたやあなたのチームメートの労働スケジュールを確認します。

Business/Enterpriseの管理者は

  • 作業スケジュールを追加作成して(異なる労働日数)、そのスケジュールをチームメートに指名します。 
  • チームメンバーの休暇やPTOの日数をマークします。
  • あなた自身やチームメンバーに対して追加する労働日数を指定します。

✋注!このページは、管理者が実行する、アカウントに影響するアクションについて記されています、管理者が自身のユーザーレベルで実行できるアクションです、ユーザーの作業スケジュールページを確認してください。

重要な情報

  • 管理者だけがアカウントの週労働時間(労働日数としてマークされる各週の日数)を変更できます。
  • カレンダーの例外を作成する際にはコメントを追加できません。

Business/Enterprise用

  • 全新規ユーザー(コラボレーターを含む)は、最初はデフォルトのスケジュールに追加されます。
  • 追加できる作業スケジュールの数には制限がありません。
  • ユーザーは複数のユーザーグループの一員であるため、ユーザーグループは作業スケジュールに指名されません。
  • コラボレーターは例外を作業スケジュールに追加できませんが、管理者は代わりに例外を追加できます、これらの例外をコラボレーターは見ることが可能です。

週労働時間の編集

全アカウントタイプの管理者は週労働時間を編集できます。 週労働時間の編集は、そのアカウントの全ユーザーに影響します (複数の作業スケジュールを使用していない限り)。

  1. アカウントの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「作業スケジュール」をクリックします。
  4. 「週労働時間を編集」をクリックします。
  5. 就業日にすべき日数を選択します(あなたがBusinessやEnterpriseで複数の作業スケジュールを使用しない限り、これはアカウント全体に影響します)。
  6. 「変更を適用」を選択します。

アカウント全体の例外を作成

Business/Enterpriseアカウントの管理者は、アカウント全体の例外を作成できます。 Enterpriseアカウントの管理者には、チームメンバーの作業スケジュールを構成する権限が必要です。

  1. アカウントの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「作業スケジュール」をクリックします。
  4. 日付範囲を選択するか、日付をダブルクリックして単一日の例外を作成します。
  5. カレンダーの例外タイプの選択: 別の就業日、休日、その他の非就業日。

個人の例外を作成(BusinessおよびEnterprise)

チームメンバーの作業スケジュールを構成する権限を有するBusinessアカウントの管理者およびEnterpriseアカウントの管理者は、別の非管理者の作業スケジュールを編集できます。 Enterpriseアカウントのオーナーは、チームメンバーの作業スケジュールを編集できます。

  1. アカウントの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「作業スケジュール」をクリックします。
  4. 「ユーザー」を選択します。
  5. 作業スケジュールを編集したいユーザー名を選択します。
  6. 日付範囲を選択するか、日付をダブルクリックして単一日の例外を作成します。
  7. カレンダーの例外タイプを選択: 残業時間、休暇/PTO、または他の非就業日。

休暇またはその他の休日についての情報は、ユーザーの個人専用プロフィールに表示されます。 計画済の休暇が始まる7日前に、今後の休暇に関するメモが表示されます。 この情報はコラボレーターには表示されないことに注意してください。

Personal_Profile_-_Contact_Card_Vacation.png

作業スケジュールを作成(BusinessおよびEnterprise)

チームメンバーの作業スケジュールを構成する権限を有するBusinessアカウントの管理者およびEnterpriseアカウントの管理者は、作業スケジュールを作成できます。

  1. アカウントの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「作業スケジュール」をクリックします。
  4. ビューの左側から「+新規作成」をクリックします。
  5. 作業スケジュールのタイトルを入力します。
  6. 「週労働時間」を選択します。
  7. このグループのメンバーに対して就業日とする日数を選択します。
  8. 例外を追加します。

作業スケジュール(BusinessおよびEnterprise)を指名する

チームメンバーの作業スケジュールを構成する権限を有するBusinessアカウントの管理者およびEnterpriseアカウントの管理者は、作業スケジュールを作成できます。

デフォルトでは、Wrikeアカウントの全メンバーにデフォルトの作業スケジュールが設定されますが、チームメンバーの作業スケジュールは変更できます。

オプション1: ユーザータブ

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「ユーザー」タブをクリックします。
  4. 異なる作業スケジュールに切り替えたいユーザー名の横のボックスにチェックを入れます。
  5. 右側に表示されるパネルの「作業スケジュールを編集」をクリックします。
  6. 現在の作業スケジュールが示されているドロップダウンをクリックして、適切なオプションを選択します。
  7. 「保存」をクリックします。

オプション2: 作業スケジュールタブ

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「作業スケジュール」タブをクリックします。
  4. 「ユーザー」を選択します。
  5. 編集したい作業スケジュールのユーザー名をクリックします(それが見つからない場合は名前で検索できます)。
  6. 「作業スケジュールの変更」をクリックします。
  7. 現在の作業スケジュールをクリックしてから、ドロップダウンから適切なスケジュールを選択します。
  8. 「作業スケジュールを変更」を選択します。

選択したユーザーの作業スケジュールは直ちに更新されます。 タスクの期間において、タスクに指名された人全員に現在、非就業日が設定されている場合、そのタスクは自動的にスケジュール変更され、期間は保持されます。  

タスクの自動スケジュール変更

Wrikeでは、担当者の作業スケジュールの非就業日にオーバーラップするタスクを自動的にスケジュール変更します。

スケジュール変更の仕組み: 

  • タスク期間はそのままです(つまり、タスクに割り当てられた時間数)。
  • タスクは今後に合わせてシフトします。 シフトされる日数は非就業日の数により異なります。
  • 今後にスケジュールされている有効なタスクだけがスケジュール変更されます。
  • タスクに指名された人が複数いる場合、タスクのスケジュールが組まれた日付において、タスク日は指名された人全員に非就業日が設定された場合に限りシフトされます。
  • アカウント全体の例外が作成された場合、またはアカウント内のすべてのユーザーのデフォルトスケジュールが管理者によって変更された場合、すべてのタスクはその管理者と共有されていなくてもスケジュール変更が行われます。

Wrikeでは、次の場合に自動スケジュール変更に対して警告します:

  • 作業スケジュールを1人のユーザーに指名する。
  • 例外を作業スケジュールに追加する。
  • 作業する週を変更する。

「週末の作業」に関して。 タスクを、非就業日を含む全日にまたがるタスクにする場合、「週末に作業する」を有効化できます。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ