すべての記事

カスタムフィールド

カスタムフィールドは、Businessアカウント以上でご利用いただけます。 コラボレーターを除く全ユーザーは、カスタムフィールドを作成し管理することができます。

10分で読めます

概要

カスタムフィールドを使用して、タスク、フォルダー、プロジェクト、またはスペースのレベルで情報を追跡し入力します。 データをカスタムフィールドに入力すると、それはテーブルビュー、タスクビュー、フォルダー、プロジェクトまたはスペースの情報パネルに表示されます。 共有設定を使用してカスタムフィールドデータを専用にしたり、フィールドをチームメートと共有して全員の理解が一致するようにします。

カスタムフィールドは、Wrike Business以上のアカウントの正規/外部ユーザーがご利用いただけます。 コラボレーターは、カスタムフィールドの作成、編集、またはカスタムフィールドへの記入を行うことはできません。

Custom_Fields_-_Task_with_fields.png

重要な情報

  • カスタムフィールドを個々のフォルダー、プロジェクト、またはスペース(またはフォルダー/プロジェクトおよびサブフォルダー/サブプロジェクトのチェーン)に追加できます。
  • フォルダー、プロジェクト、またはスペースに追加できるカスタムフィールドの数には制限がありません。
  • フィルターを使用して、カスタムフィールド基準に基づいてタスクを表示します。
  • フォルダー、プロジェクト、またはスペースをエクセルにエクスポートすると、カスタムフィールドデータは自動的にエクスポートされます。

カスタムフィールドを作成、追加、表示する

カスタムフィールドを作成する

  1. 作業スペースの左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. テーブルビューに切り替えます。1
  3. 右側のテーブルに表示される「+」記号2をクリックします。
  4. 新規フィールドの名前を入力してキーボードの「Enter」を押します。
  5. 表示されるポップアップでフィールドプロパティを指定します。次のオプションがあります:
    • フィールド名3を編集する
    • フィールドタイプ4を選択する
    • 初期設定の集計(数値カスタムフィールドで利用可能:数値、率、通貨、期間)
    • カスタムフィールドを適用する場所を選択する5
    • ファイルの共有者を指定する6
  6. 「作成」をクリックします。

カスタムフィールドが作成され、ステップ5で指定した場所に追加されます。

Custom_Fields_-_Create_Field_Popup.png

既存のカスタムフィールドを追加する

カスタムフィールドが作成されると、フィールドが共有される人は次を実行できます
  • それを個別のフォルダー、プロジェクト、またはスペースに追加する - これにより既存のフィールドを再使用します。
  • それをサブフォルダー/サブプロジェクトに追加する - フィールドがあなたと共有されることを知っているが、それを自動的に見れない場合にこの作業を行います.

既存のカスタムフィールドを追加する

  1. 作業スペースの左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. テーブルビューに切り替えます。
  3. テーブルの右側に表示される「+」記号をクリックします。
  4. 追加したいカスタムフィールドの名前を入力し始めます。
  5. 表示されるドロップダウンリストからカスタムフィールドを選択します。

カスタムフィールドを表示する

カスタムフィールドを表示する:

  • カスタムフィールドが表示されるプロジェクトやフォルダーはあなたと共有されなければなりません(それにアクセスする必要があります)。
  • カスタムフィールドが追加される*プロジェクトまたはフォルダーはあなたと共有されなければなりません(それにアクセスする必要があります)。
  • あなたは、カスタムフィールドが追加/表示されるスペースのメンバーでなければなりません。
  • カスタムフィールドはあなたと共有されなければなりません。

*フィールドが追加されるフォルダー、プロジェクト、またはスペースは、それが表示されるフォルダー、プロジェクト、またはスペースと異なる場合があります。 例えば、フィールドが親フォルダー/プロジェクトに追加されると、それはそのサブフォルダー/サブプロジェクトのすべてに表示されます。 この場合、ユーザーはサブフォルダー/サブプロジェクトのフィールドを見れるように、フィールドが追加されるフォルダー/プロジェクトにアクセスする必要があります。

フィールドプロパティ

カスタムフィールドのタイプ

フィールドタイプを使用してカスタムフィールドに入力できる、または入力すべき情報のタイプを指定します。次の10のフィールドタイプから選択します:

フィールドタイプデータタイプ推奨する使用事例
テキストテキストまたは数値データを複数の形式で入力する場合に使用する
ドロップダウンリストユーザーが、フィールド作成者が指定したオプションのリストからエントリを選択選択を特定のオプションに制限する必要がある場合に使用する
チェックボックスユーザーはボックスのチェックを入れる、またはチェックを外すデータをはい/いいえ基準に基づいて分類する必要がある場合に使用する
数値数値(組み込みの小数単位)数値を扱う際に使用する
数値、%記号は自動的に追加されるデータを率として追跡する必要がある場合に使用する
通貨数値、指定された通貨記号が表示される費用を追跡している、または予算に取り組んでいる場合に使用する
期間ユーザーは、タスク、フォルダー、またはプロジェクトを完了するのに必要な時間数を入力するプロジェクトに費やす時間を一覧できるように使用する
日付日付機密の日付をタスク、フォルダー、またはプロジェクトに追加したい場合に使用する(開始日や期日は別として)
ユーザーユーザーを選択する - サブスクリプションの一部であるユーザーの規定リストからユーザーをタスク、フォルダー、またはプロジェクトに関連付ける必要がある場合
複数選択*ユーザーが、フィールド作成者が指定したオプションのリストからエントリを選択定義済みのオプション一式から複数のオプションを選択する際に使用する
フィールドには、あなたが作成したカスタムフィールドの計算済の結果が表示されます。式の作成と同時に次のフィールドタイプを使用できます:数値、通貨、率、期間、日付。カスタム値の作成が必要な場合にそれを使用します。

 

*複数選択カスタムフィールドはカスタムフィールド管理およびテーブルビュー内からのみ作成されます。 このフィールドタイプに入力されたデータは、テーブルビューおよびタスクビューから編集できます。

カスタムフィールドを指定フォルダーレベルに適用する

カスタムフィールドを作成または編集する際には、フィールドが適用されるレベルを選択できます。フィールドを次に適用します:

  • スペース、フォルダー、プロジェクト、タスク、サブタスクフィールドを下位フォルダー、プロジェクト、タスク、サブタスクに追加します。これは初期設定のオプションが選択されています。
  • フォルダー、プロジェクトフィールドをタスクやサブタスクではなく、下位のサブフォルダーおよびサブプロジェクトに追加します。
  • プロジェクトフィールドを下位サブプロジェクトのみに追加します。

Custom_Fields_-_Apply_field_to.png

カスタムフィールドを共有する

スペース、フォルダー、またはプロジェクトの共有者とは関わりなく、カスタムフィールドを共有できます。 他者がスペース、フォルダーやプロジェクト(およびそれらの全タスク)にアクセスできますが、カスタムフィールドが彼らと共有されない場合、彼らはフィールドを見ることができません。

カスタムフィールドを共有する方法

  1. カスタムフィールドを作成するか、既存のカスタムフィールドを編集します。
  2. フィールドプロパティポップアップの最下部にある共有オプションをクリックします。
  3. フィールドをフィールドにアクセスする必要があるユーザーと共有します。カスタムフィールドの初期設定の共有設定は「全員と共有する」です。

Custom_Fields_-_Share_a_field.png

共有が意味すること

カスタムフィールドの共有が意味することは、フィールドが表示されるフォルダー、プロジェクト、またはスペースにユーザーがアクセスするかどうかにより異なります。

オプション1: データ付きのフィールドまたはテンプレートとして共有する

フォルダー/プロジェクト、またはスペースが共有されるユーザーは次を実行できます:

  • フォルダー、プロジェクト、またはスペースの項目に入力されたフィールドデータを見る
  • カスタムフィールドをテンプレートとして追加する(以下を参照)

オプション2: フィールドをテンプレートとして共有する

フィールドが追加されるフォルダー、プロジェクト、またはスペースにアクセスしないユーザーの場合、フィールドはテンプレートとして共有されます。これらのユーザーは:

  • フィールドが追加されたフォルダー、プロジェクト、またはスペースにアクセスできないままです。カスタムフィールド共有設定は、スペース、フォルダー、またはプロジェクトの共有設定を変更しません。
  • 関連付けられたサブフォルダーやサブプロジェクトのカスタムフィールドを自動的に見れませんが、テーブルの右側の「+」アイコン1をクリックしてカスタムフィールドドロップダウンからそれを選択するとフィールドを追加できます2。 彼らがフィールドを追加すると、彼らはサブフォルダー/サブプロジェクトのタスクに既に入力されたフィールドデータを見ます。
  • あなたのと同じ名前やフィールドプロパティを持つカスタムフィールドを彼ら専用のフォルダー、プロジェクト、またはスペースに追加できます。ただし、あなたのフィールドのセルデータは彼らにキャリーオーバーされません。

Custom_Fields_-_Share_as_template.png

カスタムフィールドを編集する

  1. 作業スペースの左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. テーブルビューに切り替えます。
  3. 編集したいカスタムフィールドの名前にカーソルを重ねます。
  4. フィールド名の右側に表示されるドロップダウン矢印をクリックします。
  5. 「列タイプを編集する」を選択します。

フィールドプロパティのポップアップが表示され、フィールドの名前、タイプ、フィールドが適用される場所、およびフィールドが共有される人を編集できます。 変更の適用が完了したら、「保存」をクリックします。

カスタムフィールド履歴

Business以上のアカウントを有する正規/外部ユーザーがカスタムフィールド履歴を利用することができ、アカウント管理者がWrike Labsから有効化します。 これは実験的な機能であるため、バグがある、変更の対象となる、いつでも提供を停止される可能性があります。 Wrike Labsのフィードバックリンクをご自由にお使いになり、このベータ機能に対するお考えを共有してください。

カスタムフィールド履歴を使用して、カスタムフィールドの値がどのように経時変化しているのかを確認してください。 管理者がそれをLabsで有効化すると、正規/外部ユーザー全員がタスクビューおよびフォルダー/プロジェクト情報パネルでカスタムフィールド履歴を見ることができます。

カスタムフィールド履歴を有効化する

アカウント管理者はLabsでカスタムフィールド履歴を有効化できます。

  1. Wrike Labsにアクセスします。
  2. 「カスタムフィールド履歴」まで下にスクロールします。
  3. 「有効」をクリックします。

カスタムフィールド履歴を使用する

  1. タスクビュー、またはフォルダー/プロジェクト情報パネルを開きます。
  2. カスタムフィールドが表示されない場合、ウィンドウ最上部のツールバーの四角アイコンをクリックしてそれらを拡大します。
  3. 表示したい前の値があるカスタムフィールドにカーソルを合わせます。
  4. 時計アイコンをクリックします。
  5. オーバーレイウィンドウが開き、次が表示されます:
    • フィールドに入力された値のすべて。それらは時系列で表示されます:より古い値が最上部近くに表示されます。
    • 値を入力したユーザー名。
    • 変更の日付。

カスタムフィールドをロールアップする

サブフォルダーまたはサブプロジェクトに追加されるカスタムフィールドをその親フォルダーまたはプロジェクトに表示させることができます。その手順:

  1. テーブルの左上隅のギアアイコンをクリックします。
  2. 列名の横のボックスにチェックを入れるかチェックを外して、その列をビューから表示または非表示します。

親フォルダー/プロジェクト、全タスク、その中のサブフォルダー/サブプロジェクトのフィールドデータを表示および編集できます。 フィールドは、フィールドが明示的に追加されなかった項目のタスクビュー、プロジェクト、またはフォルダー情報パネルに表示されないことに注意してください。

カスタムフィールドデータをロールアップ

正規ユーザーは、プロジェクトおよびフォルダーのカスタムフィールドデータのロールアップを有効化できます。 

プロジェクト/フォルダー情報パネルおよびテーブルビューの数値、率、通貨、および期間カスタムフィールドからデータをロールアップできます。

カスタムフィールドデータのロールアップを有効にする場合:

  • Wrikeはこのカスタムフィールドの全値をこのプロジェクトまたはフォルダー内のサブプロジェクト/サブプロジェクト*、タスク、サブタスクから取得し、合計や平均を自動計算して、プロジェクトまたはフォルダーのカスタムフィールドに結果を入力します。
  • Wrikeは、このカスタムフィールドの初期設定の集計セットに従って、プロジェクト/フォルダーのロールアップ値を合計または平均として計算します。
  • あなたや他のユーザーがプロジェクト/フォルダーのこのカスタムフィールドの値を前に手動で入力していた場合は、それはクリアされ、ロールアップ値に置換されます。
  • プロジェクト/フォルダーのカスタムフィールドは、データロールアップを無効化するまでは編集できません。

*サブプロジェクトの値が考慮されるのは、それらが手動で入力された場合に限ります。サブプロジェクトのカスタムフィールド値もロールアップされた場合は、それはカウントされません。

プロジェクト/フォルダーのカスタムフィールドデータをロールアップする手順:

  1. 左側のナビゲーションパネルからプロジェクト/フォルダーを選択します。
  2. プロジェクト/フォルダーの情報パネルを開きます。
  3. データをロールアップしたいカスタムフィールドにカーソルを合わせます。
  4. 「子供たちから値を集計」Custom_Fields_-_Rollup_Button.pngアイコン*をクリックします。

ロールアップ値は、プロジェクト/フォルダーのカスタムフィールドに自動入力されます。 このプロジェクト/フォルダーのデータロールアップを無効化する場合、ステップ4のアイコンを再クリックするだけで、カスタムフィールドは編集可能になります。

*ロールアップアイコンが表示されない場合、このカスタムフィールドの初期設定の集計が「なし」として設定されていることを意味します。それを「合計」または「平均」に変更する必要があります。

複数のプロジェクトのデータロールアップを有効または無効にする手順:

  1. 左側のナビゲーションパネルで、ロールアップを有効または無効にしたい全プロジェクトを含むフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. テーブルビューに切り替えます。
  3. ロールアップしたいフィールド名の横にあるキャレットアイコンをクリックします。
  4. 表示されるメニューで、「ロールアップ」にカーソルを合わせます。*
  5. 「全プロジェクトを有効化/無効化」を選択します。
  6. 表示されるポップアップで決定を確定します。

*このオプションが表示されない場合、このカスタムフィールドの初期設定の集計が「なし」として設定されていることを意味します。それを「合計」または「平均」に変更する必要があります。

このフィールドの値は、ビューに現在表示されている全プロジェクトで直ちにロールアップされます。 または、無効化を選択すると、ロールアップは無効となり、カスタムフィールドは編集可能になります。

Wrikeのヒント!ロールアップは、プロジェクト日でも使用できます。

カスタムフィールドデータを集計し分類する

データを集計すると、数値によりカスタムフィールド*を自動計算することができます(全テキストエントリは省略される).集計には次の2つのタイプがあります:

  • 合計 — Wrikeは数値エントリをすべて自動的に合計して、合計値を表示します。
  • 平均 — 入力した値はすべて追加されてから、エントリの合計数により除算されます。

テーブルビュー上で集計機能を使用する手順:

  1. テーブルビュー上で、集計したいデータがあるカスタムフィールドを見つけて、フィールド名の右側に表示されるにんじんアイコンをクリックします。
  2. 「集計」にカーソルを合わせます。
  3. 集計のタイプを選択します: 「合計」または「平均」。
集計タイプのいずれかを初期設定として選択し、テーブルタイプのレポートおよびカスタムフィールドが適用される他のフォルダー/プロジェクトにも自動表示することができます。
  1. フィールド名の右側に表示されるにんじんアイコンをクリックします。
  2. 「カスタムフィールドを編集」を選択します。
  3. 表示されるポップアップで、「初期設定の集計」フィールドまでスクロールします。
  4. 設定した集計タイプを選択します。
  5. 「保存」をクリックします。
*集計は、チェックボックス、日付、またはユーザーフィールドのタイプには利用できません。 期間タイプのフィールドの場合、使用可能なのは合計集計です。
 
注記!タスクビュー、フォルダー、またはプロジェクトの情報パネルのフィールドにデータが入力されている場合は、集計値の後にテーブルビューに表示されます。

データを分類

カスタムフィールドの優先度タグに応じてタスクを分類する場合、データを分類するには、次を実行します:

  1. フォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択して、テーブルビューに切り替えます。
  2. 分類したいデータがあるカスタムフィールドを見つけます。
  3. フィールド名の横に表示されるフィールド名や矢印アイコンをクリックします。
  4. 分類を変更するには、フィールド名を再クリックします。

カスタムフィールドデータのロールアップ対データ集計

  1. データロールアップの目的は、タスクやサブタスクのカスタムフィールド値に基づいて、プロジェクトのカスタムフィールドに自動記入することです。 集計の目的は、テーブルビューに現在追加するプロジェクト、タスク、サブタスクのすべての全カスタムフィールド値の合計または平均を計算することです。
  2. データロールアップは、プロジェクト内のタスクやサブタスクのカスタムフィールド値を自動計算し、計算の結果をプロジェクトのカスタムフィールド値として設定します。 データ集計は、カスタムフィールド値を計算して、それらをテーブルビューに表示します。
  3. データロールアップは、プロジェクトの情報パネルとテーブルビューで有効化できます、データ集計はテーブルビューでのみ有効化できます。
  4. データロールアップのタイプは、テーブルビューから変更できません、それがカスタムフィールドの設定に依存しているためです、カスタムフィールドを編集して、初期設定の集計タイプを変更する必要があります。 一方、データ集計の場合は、タイプをテーブルビューで直接「合計」、「平均」、または「なし」に変更できます。

テーブルビューでカスタムフィールドを整理する

テーブルビューでは、各カスタムフィールドが専用の列に表示されますが、列が表示される順序を整理できます。そのためには次のように実行します:

  1. 列のタイトルをクリックします。
  2. 列を表示させたい場所にドラッグしてから、マウスボタンを離します。

カスタムフィールドを非表示にする

対象のフォルダー、プロジェクト、またはスペースのカスタムフィールドを見る必要がない場合は、カスタムフィールドを非表示にします。 フィールドを非表示にしても、どの時点でも戻すことができます。 フィールドデータは保持されるため、フィールドを戻すと、関連付けられたタスク、フォルダー、プロジェクトのデータも戻されます。

オプション1: フィールドをフォルダー/プロジェクトおよびサブフォルダー/サブプロジェクトから削除する

次の場合にこのオプションを使用します: フィールドがそのフォルダー/プロジェクト/スペースから作成された、またはそれが、テーブルの右側の「+」ボタンをクリックしてフォルダー/プロジェクト/スペースに追加された場合。

  1. 左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. テーブルビューに切り替えます。
  3. 削除したいカスタムフィールド名にカーソルを合わせます。
  4. フィールド名の右側に表示されるドロップダウン矢印をクリックします。
  5. 表示されるドロップダウンメニューの「列を非表示する」を選択します。

列は、フォルダー、プロジェクト、またはスペース、さらにはフォルダーのサブフォルダー、サブプロジェクトのすべてからも非表示になります。

オプション2: フィールドをサブフォルダー/サブプロジェクトからではなく、フォルダー/プロジェクトから削除する

次の場合にこのオプションを使用します:フィールドがフォルダー/プロジェクト/スペースから作成されなかった。

  1. 左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. テーブルビューに切り替えます。
  3. テーブルの左側にある1ギアアイコンをクリックします。
  4. フォルダー、プロジェクト、またはスペースから削除したいカスタムフィールドの横にあるボックスのチェックを外します。

列はフォルダー、プロジェクト、またはスペースから削除されます。フィールドが下位フォルダー/プロジェクトに表示された場合、それはそこで表示されたままです。

Custom_Fields_-_Manage_fields.png

使用のヒント

  • カスタムフィールドおよびチェックボックスフィールドのタイプを使用して、週次レポート用に関連情報を迅速に収集することができます。 この手順について詳しくはここをご覧ください。
  • 他の使用上のヒント、この機能が実際に適用される例について詳しくは当社のブログ: https://www.wrike.com/blog/personalize-wrike-new-custom-fields/をご覧ください。 
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ