すべての記事

使用可能な自動化のトリガー

テーブル 197. 利用可能 - 従来のプラン


概要

自動化のトリガーは、自動化ルールの重要な部分です。 これらは、自動化ルールをいつトリガーするかを正確に定義する「もし...の場合」ステートメントです。 各ルールに1つのトリガーを設定できます。

補足事項

ルールコンストラクターに表示される使用可能な自動化のトリガーリストは、タスクまたはプロジェクトのどちらにルールが適用されるかによって異なります。 トリガーがタスクベースのルールとプロジェクトベースのルールのどちらに適用可能かは、以下の各トリガーで確認できます。

使用可能な自動化のトリガー

タスク/プロジェクトのステータスが以下に変更される

このトリガーは、タスクおよびプロジェクトに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

定義したタスクまたはプロジェクトのステータスが変更されるたびに、ルールがトリガーされます。

例:「プロジェクトのステータスが完了またはキャンセルに変更された場合...」

1つ以上のステータスグループ(例:すべて完了)を選択します。 この場合、任意のワークフローのこのグループに含まれるステータスによってルールがトリガーされます

特定のステータスを選択をクリックして、ルールをトリガーする特定のステータスを1つ以上選択します。

このトリガーに依存するルールは、タスク/プロジェクトの作成または複製中に関連するステータスが自動的に設定された場合には機能しません。

選択した特定のワークフローステータスの内、1つでもアカウントから削除されると、ルールは無効になります。

以下が経過してもタスク/プロジェクトのステータスに変更がない

このトリガーは、タスクおよびプロジェクトに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

タスクまたはプロジェクトが、定義した同じステータスで時間を費やしすぎた場合に、ルールがトリガーされます。 ステータスが新しいものに変わるたびに、カウントダウンが再開されます。

例:「タスクのステータスが処理中から5日間変更されない場合、...」

ルールをトリガーするために、ステータスがその状態のままであるべき歴日数を設定します。

次に、1つ以上のステータスグループ(例:すべて有効)を選択します。 この場合、任意のワークフローのこのグループに含まれるステータスによってルールがトリガーされます

特定のステータスを選択をクリックして、ルールをトリガーする特定のステータスを1つ以上選択します。

このトリガーを使用してルールを作成した場合、そのルールはタスクまたはプロジェクトに遡及的に適用されません。 つまり、ルールを作成する前に定義した日数の間タスクのステータスが変更されていなかった場合、自動化はトリガーされません。

例えば、トリガーが5日間に設定されていたとします。 ルールが作成される前にタスクが5日間同じステータスにあった場合、そのタスクに対して自動化はトリガーされません。 ただし、タスクのステータスが3日間同じでルールを作成した場合、2日後に自動化がトリガーされます。

新規タスク/プロジェクトが作成される

このトリガーは、タスクおよびプロジェクトに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

ルールコンストラクター以下に適用セクションで選択したソースの場所に新規タスクまたは新規プロジェクトが作成されると、ルールがトリガーされます。

例:「(選択した場所に)新規タスクが作成された場合、...」

-

このトリガーに依存するルールは、Excelのインポート、API、複製を使用してタスクやプロジェクトが作成された場合には機能しません。

​また、このトリガーに依存するルールは、一度に250以上の作業項目を作成するように設定されたリクエストフォームまたはブループリントを使用してタスクやプロジェクトが作成された場合も機能しません。

すべての先行タスクのステータスが以下に変更される

このトリガーは、タスクに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

タスクのすべての先行タスクのステータスが、定義したステータスに変更されると、ルールがトリガーされます。

タスクの先行タスクは、ガントチャートの一部です。 詳細はこちらからご確認ください。

例:「タスクのすべての先行タスクのステータスが完了に変更された場合、...」

1つ以上のステータスグループ(例:すべて完了)を選択します。 この場合、任意のワークフローのこのグループに含まれるステータスによってルールがトリガーされます

特定のステータスを選択をクリックして、ルールをトリガーする特定のステータスを1つ以上選択します。

トリガーは、直前の先行タスクのみをチェックします。

選択した特定のワークフローステータスの内、1つでもアカウントから削除されると、ルールは無効になります。

直下にあるすべてのサブタスクのステータスが以下に変更される

このトリガーは、タスクに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

タスクのすべてのサブタスクのステータスが、定義したステータスに変更されると、ルールがトリガーされます。

例:「直下にある全てのサブタスクのステータスが完了に変更された場合、...」

1つ以上のステータスグループ(例:すべて完了)を選択します。 この場合、任意のワークフローのこのグループに含まれるステータスによってルールがトリガーされます

特定のステータスを選択をクリックして、ルールをトリガーする特定のステータスを1つ以上選択します。

選択した特定のワークフローステータスの内、1つでもアカウントから削除されると、ルールは無効になります。

直下にあるすべてのサブプロジェクトおよびタスクのステータスが以下に変更される

このトリガーは、プロジェクトに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

プロジェクトおよびそのサブプロジェクト内のすべてのタスクが定義したステータスになると、ルールがトリガーされます。

例:「直下にあるすべてのサブプロジェクトおよびタスクのステータスがキャンセルに変更された場合、...」

1つ以上のステータスグループ(例:すべてキャンセル)を選択します。 この場合、任意のワークフローのこのグループに含まれるステータスによってルールがトリガーされます

特定のステータスを選択をクリックして、ルールをトリガーする特定のステータスを1つ以上選択します。

選択した特定のワークフローステータスの内、1つでもアカウントから削除されると、ルールは無効になります。

プロジェクトにリスクが発生している(AIベース)

このトリガーは、プロジェクトに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

プロジェクトのリスクレベルが変更されると、ルールがトリガーされます。

例:「プロジェクトのリスクレベルが高に変更された場合、...」

ルールーをトリガーするリスクレベルの変更(上がる/下がる)を選択します。 または、正確なリスクレベル(低、中、高)を選択します。

このトリガーは、次のプロジェクトでのみ機能します:

  • 開始日と終了日がある

  • コンテンツがある(サブプロジェクト、タスクなど)

  • 完了のステータスではない

  • 期限切れから2週間以上経っていない。

カスタムフィールドの変更

このトリガーは、タスクおよびプロジェクトに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

カスタムフィールドの値が変更されると、ルールがトリガーされます。

例:「カスタムフィールドの緊急度任意の値に変更された場合、...」

カスタムフィールドを選択します。

ドロップダウンフィールドで、任意の値の変更によってルールをトリガーするか、または特定の値の変更によってルールをトリガーするかを選択します。

チェックボックスフィールドで、任意の値に変更されたときにルールをトリガーするか、あるいは具体的にチェックしたときチェックを外したときにトリガーするかを選択します。

トリガーは、ルールコンストラクター以下に適用セクションで選択したプロジェクト、フォルダー、スペースに追加されたドロップダウンカスタムフィールドおよびチェックボックスカスタムフィールドに対してのみ機能します。

フィールドの日付が条件を満たす

このトリガーは、タスクおよびプロジェクトに適用できます。

説明

追加の必須設定

メモ

タスク/プロジェクトの開始日、期限、カスタムフィールドの日付が近づいている場合、または既に期限切れになっている場合に、ルールがトリガーされます。

例:「タスクの期限到達まで1日の場合、...」

トリガーが期限開始日カスタムフィールド(日付)のいずれに依存するかを選択します。 カスタムフィールドオプションでは、関連する日付タイプのカスタムフィールドを選択します。

ルールをトリガーするオプション(過ぎたまたは次の期間で到達)を選択します。 後者のオプションでは、1d12hのように、時間を設定します。

該当するタイムゾーンを選択します。

トリガーは歴日(24時間)をカウントし、勤務スケジュールの設定は考慮されません。

このトリガーは、有効グループのステータスを持つタスクやプロジェクトに対してのみ機能します。

カスタムフィールド(日付)オプションでは、関連する日付タイプのカスタムフィールドを、ルールコンストラクター以下に適用セクションで指定した場所に追加する必要があります。 そうしないと、トリガーとして選択できません。

トップ