すべての記事

Microsoft Teamsのアクション可能なWrikeの通知

テーブル 190. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Microsoft Teams向けWrikeは、すべてのWrikeアカウントとユーザータイプ(コラボレーターを含む)で利用できます。

連携がインストールされているすべてのユーザーは、MS Teamsで実行可能なWrikeの通知にアクセスできます。

通知にアクセスする

連携をインストールすると、WrikeからMS Teamsアカウントに通知を受け取ることができるようになります。 通知されるタイミングは以下の通りです。

補足事項

MS TeamsとWrikeを連携しているユーザーには、デフォルトでこれらの通知が有効になっていますが、通知を受信できるようにするにはWrikeボットでチャットにログインする必要があります。 そのためには、Wrikeの個人専用アプリを開き、チャットタブに切り替え、ログインをクリックします。

通知を操作する

慣れてきたら、通知を使用してWrikeのチームメイトとコミュニケーションを取れるようになります。

通知は、Wrikeボットとのチャットに表示されます。 チャットを開く手順:

  1. MS Teamsアプリの左側のナビゲーションパネルで、チャットタブを選択します

  2. Wrikeとのチャットを探してクリックします

ここからできる内容:

  • タスクに対するコメントに返信する

  • 同僚に@メンションして、Wrikeの受信トレイに通知を受け取れるようにする

  • さらに活用したい場合は、通知から直接Wrikeのタスクを開くことが可能

Wrikeのコメントに返信する手順:

  1. チャットから通知を選択します

  2. 返信ボタンをクリックします

  3. 表示されるウィンドウにコメントを入力し、返信をクリックします

これで、コメントがWrikeに送信されます。

補足事項

MS Teamsからのコメントに返信する場合、デフォルトでは、Wrikeの返信に元のコメントの送信者が@メンションされます。 他の人に@メンションする場合は、「@氏名」の形式を使用します(Wrikeで指定されている通りのスペルにする必要があります)。 また、メッセージに「@担当者」または「@フォローしている人」を追加することで、このタスクのすべての担当者やフォローしている人を@メンションできます。

通知を無効にする

前述のとおり、通知はデフォルトですべてのユーザーに有効になっています。 通知を無効にする場合の手順は以下の通りです。

  1. Wrikeアプリを開きます。

  2. リストからチャットタブを選択します。

  3. そこに、Wrikeボットとのチャットが表示されています。 Wrikeボットにより、すべての通知があなたに送信されます。

  4. このチャットで、「通知オフ」と入力し、送信します。 通知を有効にする場合は、「通知オン」と入力し送信します。

トップ