すべての記事

非勤務日の追加

テーブル 41. 利用可能 - 従来のプラン


概要

コラボレーターを除くすべてのユーザーは、カレンダーの例外を作成できます。

Wrike作業スペースの勤務スケジュールでは、休暇や有給休暇の日をカレンダーの例外としてマークすることができます。

例外を作成すると、次のようになります:

  • その日にはタスクをスケジュールできなくなります(週末に勤務オプションを有効にした場合を除く)。

  • 例外では、日付のスケジュールが作成された全タスクが自動的にスケジュール変更されます(期間は保持されます)。

  • 他のユーザーがあなたに、カレンダーの例外期間中にスケジュール設定されているタスクを割り当ててメンションした場合、そのユーザーに通知が送られます。

カレンダーの例外を作成する

Adding_Non-_Working_Days_-_Create_a_calendar_exception.png
  1. Wrikeの作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. ドロップダウンから設定を選択します。

  3. 左側のパネルで勤務スケジュールを選択します 1

  4. 日付の範囲を選択するか、日付をダブルクリックして1日の例外を作成します 2

  5. カレンダーの例外タイプ(休日出勤有給休暇その他の非勤務日)を選択します 3

カレンダーの例外を削除するには、ハイライトされた日付をクリックし、例外の削除を選択します 4

補足事項

例外の開始日の7日前に、アカウント内の他のユーザーには、あなたのプロフィール情報に今後の休暇に関するメモが表示されます。 ただし、コラボレーターにはプロフィール情報を表示できないことに注意してください。

タスクの自動スケジュール変更

Wrikeでは、担当者の勤務スケジュールの非就業日に重複しているタスクを自動的にスケジュール変更します。

タスクがスケジュール変更されると、次のようになります:

  • タスクの期間(タスクに割り当てられた時間数)はそのまま保持されます。

  • タスクの日付が非勤務日以降の日付に移動します。 移動する日数は、非勤務日の日数によって異なります。

  • 今後に予定されている有効なタスクのみがスケジュール変更されます。

  • タスク担当者が複数いる場合は、タスクの予定期間中に担当者全員が非勤務日を設定している場合に限り、タスクの日付が移動されます。

Wrikeでは、例外を勤務スケジュールに追加すると、自動スケジュール変更に関する警告が表示されます。

補足事項

非勤務日が日付範囲に含まれているすべての日にタスクを適用する場合は、週末に勤務オプションを有効にします。

トップ