すべての記事

Wrikeのパーマリンク

テーブル 31. 利用可能 - 従来のプラン


概要

すべてのアカウントタイプのすべてのユーザー(コラボレーターを含む)がパーマリンクを利用できます。

パーマリンクとは、一つのタスク、フォルダー、プロジェクトまたはスペースに関連付けられた独自のリンクのことです。 Wrikeの作業スペース内(例:タスクの説明フィールド)にパーマリンクを貼り付け、キーボードのEnterまたはSpaceを押すと、リンクURLは自動的にタスク、フォルダー、プロジェクトまたはスペースのタイトルに置き換えられます。 パーマリンクをクリックすると、リンク先の項目に直接移動します。

注意事項

パーマリンクからタスクを開いた場合、タスクビューのみが読み込まれます。 このタスクがあるフォルダー、プロジェクト、スペースを開くには、ビューの上の階層リンクをクリックするか、いずれかのタグをクリックします。

パーマリンクを使用する

  • パーマリンクを使用して、タスクの説明またはコメントに直接、フォルダー、プロジェクト、またはスペースへのリンクを追加することができます。 作業スペースに貼り付けたフォルダーまたはスペースのパーマリンクの左にフォルダーアイコンが表示されます。 プロジェクトのパーマリンクの横にはクリップボードアイコンがあります。

  • タスクのステータスを追跡できます。 作業スペース(詳細フィールドまたはコメント)にタスクのパーマリンクを貼り付けると、その横にタスクの状況が表示されます。 これらの状況は、タスクの状況が変更されると自動的に更新されます。

  • パーマリンクを使用して項目を検索できます。 検索フィールドにパーマリンクを貼り付けると、検索結果に必要なタスク、フォルダー、プロジェクトまたはスペースが表示されます。

  • タスクのパーマリンクを使用して、テーブルビューのフォルダー、プロジェクト、スペースに追加することができます。 また、サブタスクとしてタスクを追加する場合にも使用できます。

  • ブラウザのアドレスバーからパス全体をコピーする代わりに、パーマリンクを同僚に送信することができます。 この方法だと、リンクにより正しい項目に移動することを確認することができます。

注意事項

ユーザーは、リンク先のタスク、フォルダー、プロジェクトまたはスペースへのアクセス権があり、リンク先の項目にアクセスできる必要があります。 誰かにアイテムへのリンクを送信しても、この項目はそのユーザーと自動共有されません。

トップ