すべての記事

Wrikeのライセンスタイプ

テーブル 31. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Wrikeのユーザーライセンスには、正規ユーザー、外部ユーザー、コラボレーターの3つの基本タイプがあります。 各タイプのライセンスには、作業スペース内での異なる権限が含まれます。 また、各アカウントには1人のアカウントのオーナーが存在し、正規ユーザーは管理者に権限をアップグレードできます。

  • 正規ユーザーおよび外部ユーザーは、有料のユーザー数が必要です。 設定できる正規/外部ユーザー数は、契約した人数に応じて異なります。

  • コラボレーターには有料ユーザーの人数分は不要ですが、アカウントに招待できるコラボレーター数には制限があります。

補足事項

有料アカウントのオーナーは、 利用プランページで利用可能なコラボレーター数を確認できます。 ページを開くには、右上隅にあるプロフィール画像をクリックし、設定を選択して、左側の利用プランタブをクリックします。

ライセンスタイプ

  • オーナーは、デフォルトでは、最初にアカウントに登録した人です。 アカウントごとに1人のアカウントのオーナーしか存在できません。 完全な管理者権限に加えて、アカウントのオーナーは請求情報、請求書、利用プラン情報、アドオンにアクセスし、それらを制御することができます。

  • 管理者は、Wrikeアカウント全体の設定を変更したり、他のユーザーを表示または編集したりできる拡張権限を持ったユーザーです。 管理者は、共有されているタスク、フォルダー、プロジェクトのみを表示できます。 Enterpriseアカウントには、個々の管理者権限を制御するオプションがあります。

  • 正規ユーザーは、アカウント管理者用の権限を除き、作業スペース内で完全な権限を持ちます。 正規ユーザーは、特定のスペース内で拡張アクセス権限を持つスペース管理者として指名することができます。 スペース管理の詳細については、スペースの管理ページをご覧ください。

  • 外部ユーザーは、正規ユーザーと同様の権限がありますが、タスク、フォルダー、プロジェクトを共有できず、マイチームグループには含まれません。 外部ユーザーは、一般的なタスク/フォルダー/プロジェクトを自分と共有する人の連絡先情報だけを見ることができます。

  • コラボレーターは、作業スペース内の権限に制限があります。 これらのライセンスは、作業スペース内で多くの変更を加えることを許可せずに、プロジェクト計画をパートナー、クライアント、または請負業者と共有する必要がある場合に有用です。 コラボレーターは、一般的なタスク/フォルダー/プロジェクトを自分と共有する人の名前やプロフィール画像を見ることができますが、その他の連絡先情報は見ることができません。

補足事項

Business/Enterpriseアカウントには、アクセスロールを使用してフォルダー、プロジェクト、スペースのレベルでユーザーの権限を制限するオプションがあります。

トップ