すべての記事

ライセンスのタイプ

3.5分で読めます

概要

Wrikeのユーザーライセンスには次の3つのタイプがあります:正規ユーザー、外部ユーザー、およびコラボレーター。各ライセンスには作業スペース内に異なる権限があります。

  • 正規ユーザーと外部ユーザーには有料のユーザー数が必要です。設定できる正規/外部ユーザー数は、サインアップした人数に応じて異なります。
  • コラボレーターには有料ユーザーの人数分は不要ですが、アカウントに招待できるコラボレーター数には制限があります

Wrikeのヒント!有料アカウントのオーナーは、登録ページで利用可能なコラボレーター数を確認できます。 ページを開くには、右上隅にあるプロフィール画像をクリックし、「アカウント管理」を選択して左側の「登録」タブをクリックします。

重要な情報

  • BusinessおよびEnterpriseアカウントには、アクセスロールを使用して、フォルダー、プロジェクト、またはスペースのレベルでユーザーの権限を制限するオプションがあります。
  • 正規ユーザーまたは外部ユーザーではなく、誰がコラボレーターであるべきかが不確かな場合は、コミュニティポストをお読みください。
  • アカウント管理者は、アカウント管理の許可とともに、正規ユーザーのすべての権限を持ちます。
  • 価格設定の詳細については、価格設定ページを参照してください。 各プランで利用可能なものの詳細については、登録の管理ページを参照してください。

ライセンスのタイプ別の権限

正規ユーザーは作業スペース内にフル権限があります。ただし、アカウント管理者のための権限は除きます。 正規ユーザーは、特定のスペース内で拡張アクセス許可を持つスペース管理者として指名することができます。 スペース管理の詳細については、スペースの管理ページを参照してください。

外部ユーザーは正規ユーザーと同様の権限がありますが、タスク、フォルダー、またはプロジェクトを共有することはできず、マイチームグループには含まれません。 外部ユーザーは、一般的なタスク、フォルダー、およびプロジェクトを自分と共有する人の連絡先情報だけを見ることができます

コラボレーターは作業スペース内の権限に制限があります。 これらのライセンスは、作業スペース内で多くの変更を加えることを許可せずに、プロジェクト計画をパートナー、クライアント、または請負業者と共有する必要がある場合に有用です。 コラボレーターは、一般的なタスク、フォルダー、プロジェクトを彼らと共有する人の名前およびプロフィール画像を見ることができますが、その他の連絡先情報は見ることができません。 詳細については、コラボレーターに表示される内容の記事をチェックしてください。

以下の許可は、説明されている機能が登録に含まれている場合、すべての登録タイプでアカウント全体に適用されます。

機能 正規ユーザー 外部ユーザー コラボレーター
アカウント
新規チームメンバーを招待する * + + -
マイチームグループに含まれる + - -
受信トレイにアクセスする + + +
リストビュー、テーブルビュー、ガントチャート、および活動ストリームにアクセスする + + +
共有
タスク、フォルダー、プロジェクトが共有されていることを確認する + + +
タスク、フォルダー、プロジェクトを共有する + - -
フォロワーを追加/削除する** + + -
コラボレーション
タイムトラッカーで時間を追跡する + + -
添付ファイルを追加/削除する + + +
タスク、フォルダー、プロジェクトに対してコメントする + + +
コメントでユーザーやユーザーグループに@メンションする *** + + +
スペース
スペースを作成する * + - -
共有しているスペースを表示する + + +
スペースを管理する + - -
スペースのメンバーを招待し編集する + - -
フォルダーとプロジェクト
タスク、フォルダー、プロジェクトを作成/削除する + + -
フォルダー/プロジェクトのデフォルトビューを変更する + + -
プロジェクトの状況を変更する + + -
プロジェクトオーナーを指名する ** + + -
プロジェクトの開始日と終了日を変更する + + -
カスタムフィールド、およびその値を表示する + + +
フォルダーおよびプロジェクトを複製する + + -
フォルダー/プロジェクトの説明フィールドを編集する +
タスク
タスクおよびサブタスクを作成/削除する + + -
タスクを複製する + + -
タスクの状況を変更する + + +
タスクの開始日および期限を変更する + + -
タスクを指名する ** + + -
サブタスクを親タスクから分離する + + -
タスクの説明フィールドを編集 + + -
ダッシュボード
共有しているダッシュボードを表示する + + -
ダッシュボードを作成する + + -
ダッシュボードを共有する + - -
レポート
共有しているレポートを表示する + + +
Wrikeレポートを作成する + - -
Wrikeレポートを共有する + - -
リクエスト
リクエストを送信する + + +
承認
タスク、フォルダー、プロジェクトの承認を作成する + + +
タスク、フォルダー、プロジェクトを承認する + + +
ゲストレビュー担当者を招待する * + - -
カレンダー
カレンダーにアクセスする + + +
カレンダーを作成する + + -
Wrike ProofおよびWrike for Marketers
ファイルの承認を作成する + + -
添付ファイルを承認する + + +
ゲストレビュー担当者を招待する + - -
添付ファイルへ校正コメントを追加する + + +
Wrike ResourceおよびWrike for Professional Services
共有している作業負荷チャートを表示する + + -
作業負荷チャートを作成する + + -
作業負荷チャートを共有する + - -
Wrike AnalyzeおよびWrike for Professional Services Performance
共有している分析ボードを表示する + + +
分析ボードを作成する + - -

* Enterpriseアカウントでは、スペースを作成したり、新規ユーザーやゲスト審査担当者を招待したりする機能を、正規ユーザーに対しても制限できます。 詳細については、高度なセキュリティ設定ページを参照してください。
** 外部ユーザーは、既に共有しているユーザーにのみタスクおよびプロジェクトを指名することができます。 別のユーザーをフォロワーとしてタスク、フォルダー、またはプロジェクトに追加する場合も同様です。 このユーザーと既に共有されている必要があります。
*** 外部ユーザーおよびコラボレーターは、タスク、フォルダー、またはプロジェクトが既に共有されているユーザーおよびユーザーグループのみに@メンションできます。

ライセンスタイプとアクセスロール

アクセスロールを使用すると、特定のフォルダー、プロジェクト、またはスペースに関するチームメートの許可をさらに定義できます。 アクセスロールはBusinessおよびEnterprise登録で利用でき、Enterpriseアカウントではカスタマイズが可能です。 詳細については、アクセスロールページを参照してください。

注記:アクセスロールは、ライセンスのタイプ別に許可を制限できますが、拡張することはできません。

ライセンスタイプを変更する

アカウント管理者は、チームメートのライセンスタイプを変更できます。管理者は、誰かを正規ユーザー、外部ユーザー、コラボレーター、または管理者にすることができます。

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. ドロップダウンから「設定」を選択します。
  3. 左側のパネルの「ユーザー」をクリックします。
  4. ライセンスタイプの変更対象にする人の名前をクリックします。
  5. 右側のパネルの「設定の編集」をクリックします。
  6. 「役割」の下にあるドロップダウンをクリックして適切なオプションを選択します。
  7. 「変更を保存」をクリックします。誰かのライセンスタイプを「管理者」に切り替える、または「管理者」から誰かのライセンスタイプを切り替える場合、Wrikeのパスワードの入力が求められます。

変更内容は直ちに有効になります。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ