すべての記事

メールを利用した連携によるタスクの作成

テーブル 37. 利用可能 - 従来のプラン


概要

全アカウントタイプの全ユーザー(コラボレーターを除く)が、メールを利用した連携を使ってタスクを作成できます。

注意事項

メールを介してタスクを作成または編集するには、Wrike アカウントに関連付けられているメールからメッセージを送信する必要があります。

メールでタスクを作成する

補足事項

メールを利用した連携により、時間当たり最大で250件のタスクやコメントを作成できます。

タスクを作成するには、次の手順に従います:

  1. (必須)件名行にタスクのタイトルを入力します。

  2. 関連するタスクの詳細を追加します。 タスクの詳細を追加するかどうかは任意です。 タスクの期限やステータスを指定しない場合、タスクは有効として設定され、デフォルトのフォルダーとプロフィールで指定された日付パラメータが適用されます。 タスクを作成するフォルダー、プロジェクト、スペースを指定しない場合、タスクはプロフィール設定で指定したフォルダー、プロジェクト、スペースに自動的に作成されます。

  3. 件名をフォーマットします。 タスクのタイトルを含めるのとは別に、 件名を使用して次のいずれか、またはすべてを指定できます: タスクを作成する場所(フォルダー、プロジェクト、スペース)、タスクのステータス、タスクの開始日および/または期限。 件名をフォーマットするには、情報を任意の順序で一覧表示します。ただし、場所のタイトル、開始日/期限、およびタスクのステータスは必ず角括弧で囲んでください。例えば、タスクのタイトル [フォルダータイトル] [開始日 - 期日] [タスクステータス] のように入力します。

  4. 「To」フィールドにメール受信者を追加します。 タスクは「To」フィールドにメールアドレスが表示されているWrikeユーザーに割り当てられます。

  5. タスクをWrikeに送信します。 これを行うには、いくつかの方法があります。

  6. 「To」 または 「CC」 フィールドに 「wrike@wrike.com」 と入力します。 受信者が 「wrike@wrike.com」 のみの場合は、タスクが自分に割り当てられます。 タスクを未割り当てのままにしておく場合は、「BCC」フィールドに「wrike@wrike.com」を唯一の受信者として入力します。

  7. 送信をクリックすると、タスクが Wrike に追加されます。

重要

同じフォルダーまたはプロジェクトに頻繁にタスクをメールで送信する場合は、固有のメールアドレス (wrike+intoFolderID@wrike.com) を連絡先ブックに追加できます。 そうすることで、タスクをそのメールアドレスに直接メール送信できます。 この場合、フォルダーやプロジェクトの名前を件名に含める必要はありません(「RE」も件名に含まれている場合は除く)。 プロジェクトやフォルダーのメールアドレスを検索するには、フォルダーまたはプロジェクトの情報パネルを開き、パーマリンクアイコンをクリックして、 このフォルダーにタスクを送信するためのeメールアドレスの下に表示されているメールアドレスをコピーします。

ヒント

開始日と期限を含めずにマイルストーンを作成する場合は、期限 [MM/DD] のみ指定します。

トップ