すべての記事

ステップ 4:作業の進歩状況をモニタリング

プロジェクトの状況を追跡する場合でも、チームの作業負荷を監視する場合でも、ダッシュボードは必要な情報を1つの画面で取得するのに役立ちます。 ダッシュボードは、特定の基準でフィルタリングされたタスク、プロジェクト、またはファイルの一覧を含む、一連のカスタマイズ可能なウィジェットで構成されています。 複数のダッシュボードを作成してニーズをカバーし、チームと共有することで、全員が同じページにアクセスできるようします。 ダッシュボードは事前に構築されていないため、次の手順に従って最初から作成する必要があることに注意してください。

ダッシュボードを管理

マネージャーダッシュボードを使用すると、チームの作業を可視化できます。 マネージャーダッシュボードは、状況(新規、処理中、完了など)別にグループ分けされたタスクを持つウィジェットで構成されています。 チームメンバーが何に取り組んでいるか、何を計画しているかを、何度も尋ねることなく確認できます。

Manager_Dashboard.png

マネージャーダッシュボードの構築方法を学ぶ

チームダッシュボード

チームダッシュボードを使用すると、ドラッグ&ドロップでチームメンバー間に作業を分散できます。 チームダッシュボードは、指名解除されたタスクを含むウィジェットと、各チームメンバーに指名されたタスク用の個別のウィジェットで構成されています。 チームダッシュボードの設定方法を学ぶ

Wrikeのヒント!より詳細な計画を立てるには、Wrike Resourceアドオンを使用します。それにより、チームの作業負荷を簡単に可視化し、バランスを上手く調整して、チームが疲れ果ててしまうことや人員が活用されていない状態を避けることができます。

Team_Dashboard.png

プロジェクトダッシュボード

プロジェクトダッシュボードでは、プロジェクトの優先度と現在の状況の概要を確認できます。 プロジェクトが多すぎる場合は、プロジェクトの優先順位を素早く変更できます。 プロジェクトダッシュボードの設定方法を学ぶ

Project_Dashboard.png

リスクダッシュボード

時には、重要なアクションが見過ごされたり、スケジュール上のリスクに対処できなかったり、プロジェクトの締め切りに間に合わなかったりすることがあります。 リスクダッシュボードを使用すると、見落としが無いように徹底することができます。 リスクダッシュボードの設定方法を学ぶ

Risk_Dashboard.png

個人専用ダッシュボード

個人専用ダッシュボードを使用すると、チームメンバーは自分の優先度を理解し、最も重要なタスクに集中することができます。 このダッシュボード用のウィジェットを作成するときは、常に「現在のユーザー」オプションを選択してください。そうすると、ダッシュボードを共有する場合、全員がダッシュボードの個人専用バージョンを取得できます。 個人専用ダッシュボードの設定方法を学ぶ

Personal_Dashboard.png

 

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ