すべての記事

Wrikeのジョブロール

概要

ジョブロールを使用すると、Wrikeで従業員の業務を転送し、予定時間計画と配分に使用することができます。 貴社に特有のカスタムジョブロール、例えば、「デザイナー」や「モバイル開発者」などを作成し、それらをアカウントのユーザーに割り当てて今後のプロジェクト計画を簡単に行えるようにします。

他の機能と組み合わせてジョブロールを使用すると、使用可能時間と必要な作業量を考慮して、従業員間で作業を分散できます。 ジョブロールの使用方法については、以下をご覧ください。

ジョブロールとユーザーグループ

ユーザーグループでは、データの共有、および大規模なアカウントユーザーグループへの通知をより簡単に行えます。 一方、ジョブロールは、タスクの実行に必要な人材を明確に定義できるようにすることが目的です。

そのため、ユーザーグループとは異なり、ジョブロールはタスク担当者として追加できます。 同時に、タスクをジョブロールに指名すると、このロールのユーザーには通知がなく、彼らはタスクに自動的にアクセスできません。 このように、従業員を不必要な@メンションで混乱させずにプロジェクトを計画することができます。 ただし、後で作業負荷チャートの特定のジョブロールに指名された全タスクをグループ分けして従業員に分散すると同時に、タスクを正常に完了する時間が充分にあることも確認することができます。

ジョブロールを使用する

ジョブロールは、新規プロジェクトのプラン作成と人員配置を支援し、作業負荷に基づいて従業員間で作業を効果的に配分できるように設計されています。

ジョブロールの使用:

  • 新規プロジェクトを効率的に整理し、プロジェクトを正常に完了するのに十分なリソースがあることを確認する。

  • 従業員を貴社での任務に基づいてグループ分けする。

  • タスクの通知や共有を行わずに、タスクを当該グループの従業員に指名する。

ジョブロールを使用してプロジェクトにスタッフを配置する

Wrikeのジョブロールを使用してプロジェクトにスタッフを配置するには、簡単な手順がいくつかあります:

  1. ジョブロールを作成し、アカウントのユーザーに割り当てます。

  2. スタッフを配置する必要があるプロジェクトを特定または作成し、ジョブロールにこれらのプロジェクト内のタスクを指名します。 これにより、プロジェクトにアクセスできるすべてのユーザーは、プロジェクトを完了するために必要な人材を正確に把握できます。

  3. プロジェクト内の各タスクを完了するのに必要な予定時間数を設定し、タスクの開始日と終了日を定義します。 これにより、従業員がタスクを完了するのに必要な時間と期間の概要を把握できます。

  4. 既存の作業負荷チャートを作成または開き、タスクを従業員に分散します。 作業負荷チャートには従業員の現在の作業負荷が示されるため、指名しようとしているタスクを完了するのに十分な時間がある従業員を簡単に判断できます。

    ヒント

    同じジョブロールの従業員のグループごとに、個別の作業負荷チャートを作成できます。 タスクを指名する前に、利用可能なすべての従業員の作業負荷を確認しやすくなります。

  5. 作業負荷チャートの水平バックログボックスを設定して、スタッフの配置が必要なプロジェクトのすべてのタスクを表示します。 ボックス内のタスクは自動的にジョブロールおよびプロジェクト別にグループ分けされます。

  6. あとは、タスクをユーザーに指名するだけです。 特定のジョブロールに指名されているタスクと、そのジョブロールが割り当てられている実際のユーザーが一致すると、ジョブロールは担当者のリストから自動的に非表示になります。

トップ