すべての記事

Wrike Integrate

Wrike Integrateは、Business以上のアカウントが有料アドオンとしてご利用いただけます。 アカウントのオーナーは、アカウント管理セクションからWrike Integrateアドオンの14日間無料トライアルをスタートすることができます。

概要

Wrike Integrateは、Wrikeをほとんどのアプリ(Wrike自体を含む)と統合し、アプリおよび従業員をまたがってビジネスワークフローを自動化するのをサポートするアドオンです。 Wrike Integrateはビジネスプロセスの迅速化、コラボレーションの強化、生産性の向上に役立ちます。

Wrike Integrateをご利用になれば、WrikeをCRM ( SalesForceなど)、マーケティング(Marketo、MailChimpなど)、会計(QuickBooks、Netsuiteなど)、人事(Workdayなど)といった何百ものビジネスアプリと接続できます。 コードレスで統合できる組み込みコネクタを提供するアプリを当社アプリディレクトリで見つけてください。

重要な情報

  • 統合はWrike Integrateポータルで設定します、このポータルはWrike作業スペースからアクセス可能です。
  • Wrike Integrateはパートナー: Workatoの提供です。 Wrikeと別のアプリの統合について詳しくはWorkatoのヘルプセンターをチェックしてください。 
  • アカウントのオーナーと管理者だけが、Wrike Integrateを使用して別のアプリとWrikeを統合できます。 Enterprise管理者は、「統合レシピを構成」許可が有効である必要があります。

その仕組み

Wrike Integrateはレシピを使用してアプリを接続します。 レシピはワークフローが自動化されたもので、トリガー (レシピをキックオフするビジネスイベント)、およびトリガーイベントのピックアップ時に実行される1つ以上のアクションで構成されています。レシピごとにトリガーまたは1つ以上のアクションがWrikeに発生しなければなりません。

レシピはバックグラウンドで自動実行されます。 レシピが停止されると、トリガーイベントを探すのを止めます。 レシピが再開すると、レシピの直前の停止以降に発生したトリガーイベントをすべてピックアップします。

レシピの作成時には、レシピを特定の時間にトリガーさせて、コードを書かずに各種ロジック( if-then-else forksまたはloopsなど)すべてを使用できます。

レシピの機能について詳しくはこちらをご覧ください。

Wrikeで統合を設定する方法

  1. ワークスペースの右上隅の名前をクリックします。
  2. 「アプリと統合」を選択します。
  3. 「アプリディレクトリ」セクションの統合リストから必要なアプリを見つけてそれをクリックします。 探しているアプリがリストにない場合でも、汎用コネクタを使用してそれに接続できます。
  4. トリガーアプリ(つまり レシピをスタートさせるもの)、およびアクションアプリ(つまり、 レシピが変化するもの)を選択します。 Wrike Integrateインターフェース内から別のアクションを後で追加できます。
  5. 「新規レシピを作成」をクリックします。
  6. Wrike Integrateポータルページが、レシピを設定できる場所に開きます。

Wrike Integrateポータルに進むと、トリガー、アクション詳細、ステップ、条件を設定するプロセスが案内されます。

🔥Wrikeのヒント!「アプリディレクトリ」の右上隅の検索ボックスを使用してアプリを探してください。

統合レシピをナビゲート

「統合レシピ」セクションにアクセスする:

  1. 作業スペースの右上隅の名前をクリックします。
  2. 「アプリと統合」を選択します。
  3. 左側ナビゲーションパネルで、「統合レシピ」を選択します。

「統合レシピ」セクションから次を実行できます:

  • Wrike Integrateポータルにアクセスして、既存のコネクタとコミュニティレシピで可能な統合すべてのリストを表示する。
  • 新規レシピ(公開またはプライベート)を作成する。
  • 既存のレシピをブラウズする。

「マイレシピをブラウズ」を選択してレシピを表示します、それらは「統合レシピを構成」する許可がある別の管理者によりWrike Integrateアカウントで作成されています。 ページは、既存の全レシピが表示される場所に開きます。

レシピをコラボレート

統合レシピを構成する許可がある全管理者は、Wrike Integrateで同じ作業スペースを共有しています。 すなわち、彼らは通常のレシピを表示、編集、実行することができます。
これを調整するには、Wrike Integrateポータルでチームの役割用のフォルダーアクセスを設定します。 初期設定では、WrikeアカウントのオーナーにはWrike Integrateにおける管理者チームの役割があり、その他の全ユーザーにはアナリストの役割があります。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ