すべての記事

BI Export

Enterpriseアカウントのオーナーおよび「アカウントデータをエクスポート」する権限を持つ管理者は分析データをエクスポートすることができます。

概要

BI Exportではお使いのアカウントのデータをサードパーティ分析ツール(PowerBI、Qlikなど)に今後インポートできるようにエクスポートします。 これによりWrikeでは利用できないレポートおよび分析を組み込み、Wrikeデータを別のソースのデータとマージすることができます。 エクスポートされるデータは次を含みます、ただしこれらに限定されません:

  • プロジェクト
  • フォルダー
  • タスク
  • ユーザー
  • ユーザーグループ
  • タイムログエントリ
  • ワークフロー
  • アクティビティログ
  • カスタムフィールド履歴
  • 状況変更
  • 作業量フィールド

データはテーブルに保存され、外部キー識別子で接続されます(リレーショナルデータベースのように)。 データスキーマとテーブルに関するドキュメンテーションはここにあります。

重要な情報

  • アカウントデータはすべて.csvファイルに含まれます、管理者と共有されるデータだけではありません。
  • BI Exportデータは1日に1回自動更新されます。 APIを使用して新規データをエクスポートする準備が完了しているかどうかをチェックします。

BIデータをエクスポート

BIデータは次に示す2つの方法のいずれかでエクスポートできます - REST APIまたはアカウントバックアップツールを使用。 手作業でエクスポートするにはバックアップの使用を推奨します、このプロセスを自動化するにはREST APIを使用します。

REST APIを使用するエクスポート

  1. API v4に対してオーソライズします。
  2. /data-export APIメソッドをコールします。
  3. 応答のリンクを使用してBI Exportデータを含むファイルをダウンロードします。 このリンクは7日間で失効します。

バックアップツールを使用するエクスポート

  1. アカウント管理の「BIエクスポートをバックアップに含める」ボックスにチェックを入れます。
  2. ダウンロードしてバックアップツールを実行します。
  3. バックアップフォルダーには、.csvファイルのコレクションがある「bi」サブフォルダーが含まれます。

 

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ