すべての記事

Wrikeのファイルビュー

テーブル 37. 利用可能 - 従来のプラン


概要

ファイルビューは、Professionalアカウント以上の外部ユーザーおよびコラボレーターを除くすべてのユーザーが利用できます。 ファイルビューのグリッドモードについては、Wrike for Marketersアカウント、またはWrike Proof アドオンを含むアカウントが利用できます。

ファイルビューを使用して、スペース、フォルダーまたはプロジェクト、およびそれらの中にある項目(タスク、サブタスク、サブフォルダー/サブプロジェクト) にあるファイルを表示します。 ビューから次を実行:

  • ファイルを開く。

  • ファイルを並べ替えたり、フィルタリングして目的のファイルを見つける。

  • ファイルをダウンロードする。

  • ファイルを削除する。

  • ファイルの承認状況を確認する。

  • ファイルに含まれる校正コメント数を確認する(Wrike Proofアカウント)。

Files_1.png

ファイルビューを使用する場面

以下の場面でファイルビューが使用できます。

  • 特定のフォルダー、プロジェクト、またはスペースに保存されているすべてのファイルを表示する。

  • 特定のプロジェクト時、または特定の顧客用に作成されたすべてのアセットを収集する。

  • 現在のプロジェクトに必要なリソースを見つける。

ファイルビューでの例外

  • ファイルビューはフォルダー、プロジェクトまたはスペースのレベルでのみ開くことができます。

  • スペースに直接ファイルを添付することはできませんが、ファイルビューに切り替えると、特定のスペース内のタスク、フォルダー、およびプロジェクトに添付されているすべてのファイルを確認できます。

  • ファイルビューには、共有中の項目(タスク、フォルダー、プロジェクト) に添付されているファイルが表示されます。 項目が共有中でない場合、添付されているファイルはビューに表示されません。

  • 作業スペースの共有されたアイテムセクションにいる間は、ファイルビューに切り替えることはできません。

トップ