すべての記事

Wrike for Marketers

概要

Wrike for Marketers(WfM)には、WrikeBusinessまたはEnterpriseプラン、Wrike ProofおよびWrike Publishアドオンの強力な機能があらかじめパッケージされています。

Wrike for Marketersは、ワークフローを合理化し作業を効率良く追跡したいマーケティングチームに最適です。 Wrike for Marketersでは、ユーザーは以下のことができます。

  • Wrikeの高度な機能にアクセスできます

  • マーケティングチーム向けに特別に設計された機能を利用できます

  • 作業の受け取り、追跡、報告に関してより多くの方法があります

  • 承認ワークフローにアクセスできます

当社のマーケティングソリューションに関する詳細情報はこちらをご覧ください。

Wrikeにおけるマーケティングワークフローの仕組み

私たちはマーケティングチームと話し合って、チームが作業を進める上での重要なプロセスを知り、より多くの成果を達成するための機能を構築しました。

  • アイデアとプラン - リクエスト、タスク、プロジェクトを使用して受入プロセスを合理化し、入ってくる作業を整理し、実行可能なタイムラインを作成します。

  • 作成と仕上げ - PhotoshopおよびIllustratorから直接作業し、WrikeのAdobeアドオンを使用してWrikeから作業にアクセスし更新します。

  • レビューと承認 - Wrike Proofを使用してファイルと各バージョンを比較し、コメントを添付ファイルに直接追加できます。 その後、承認プロセスを開始してタスクおよび資料の使用準備ができていることを最終確認します。

  • 立ち上げとレポート - プロジェクトを完了し、レポートを実行して、作業の依頼元、完了した作業量、作業担当者、作業内容を表示します 。

利用できる機能

リクエスト

リクエストを使用して、受入ワークフローを簡素化し、リクエストシステムに構造を追加することで、リクエストが適切な場所に追加され、リクエストが失われる可能性を減らすことができます。

Adobe® Creative Cloud®用のWrikeの拡張機能

Adobe® Creative Cloud®用のWrikeの拡張機能を使用して、PhotoshopまたはIllustratorで作業し、AdobeからWrikeタスクにアクセスしてAdobeとWrike間の画像をリンク付けし、バージョニングを常に追跡します。

Wrike Proof

校正では、あなたやチームはWrikeに保存されている画像、ビデオ、PDF、Officeのファイル、ウェブリンクにコメントを直接追加できます。 校正を使用して、提案されたファイルに関する話し合い、チームメンバーからのフィードバックの取得、ファイルと各ファイルバージョンの比較、必要な変更の追跡を行います。校正により、構造化された審査プロセスを確立することができます。 Wrike Proofを使用すると、チームメイトおよび外部関係者をレビュー担当者として指名したり、ファイルの承認者を確認したり、必要な変更をマークした人を確認したりすることができます。

承認

承認により、構造化されたレビュープロセスを確立し、意思決定プロセスを自動化することができます。 承認では、チームメートをタスク、フォルダー、プロジェクト、およびそれらの中にあるファイルの承認者として指名することができます。 さらに、外部関係者をファイルのレビュー担当者として指名することができます。 承認プロセスの透明性は高く、ファイルの承認者、変更が必要であると判断した人、およびその理由を確認することができます。

Wrike Publish

Wrike Publishでは、Wrikeを離れずにデジタルアセットを管理できます。 ファイルをDAMソリューションからアップロード/ダウンロードし、Wrike Proofを使用してアセットについての話し合いや承認を行います。Wrike Publishは、MediaValetおよびBynderと連携しています。

レポート

Wrikeレポートを使用すれば、カスタマイズ可能なレポートを作成し、チームが完了した作業を深く理解することができます。 レポートビルダーは、チームにとって重要なデータに基づいて新規レポートを素早く作成するのに役立ちます。 保存したレポートをいつでも再開し、最新のデータで更新することができます。

その他

また、マーケティングソリューションには、BusinessまたはEnterpriseプランのいずれかで利用可能なすべての機能も含まれています。

トップ