すべての記事

Wrike API

テーブル 147. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Wrike APIはすべてのユーザータイプで利用でき(開発者ポータルから)、Wrikeで動作するアプリの開発が容易になります。 Wrike APIを使用して次を実行できます:

  • アプリがOAuth経由でWrike APIとどのように連携するかを設定する。

  • Wrike APIベースのアプリケーションのトークンを管理、生成する。

補足事項

APIタブで登録できるアプリの数に制限はありません。

アプリを作成する

create_an_app.png
  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. アプリ&連携を選択します。

  3. 左側のAPIタブをクリックします。

  4. アプリの名前を入力し、新規作成をクリックします。

  5. 次の画面で、以下の操作を行います:

    • 説明を追加します。 アプリの説明は、APIタブのアプリリストで使用されます。

    • クライアントIDとクライアント情報をメモします。 このページを離れると、この情報を再度表示する前にパスワードの入力を求められます。

    • リダイレクトURIを入力します。 複数のリダイレクトURIを入力できます。 リダイレクトURIは、OAuth 2.0標準の要件に準拠し、HTTPSプロトコルを使用する必要があります。 ローカルでの開発にはhttps://localhostを使用します。

  6. 保存をクリックします。

トークン

トークンは一意で、パスワードと同様に扱われる必要があります。もし誰かがあなたのトークンを持っていれば、APIを通じてあなたのWrikeデータをすべて閲覧できてしまいます。 次の2種類のトークンを生成できます:

  • 1時間のアクセストークン:有効期限のあるトークンを生成します。 詳しい方法はこちらをご覧ください。

  • 永続トークン:アプリケーションの開発を迅速に開始するために生成するか、少数の人しか使用しないアプリの本番環境で使用します。 これらのトークンの生成方法については、以下を参照してください。

補足事項

現在、アプリ管理者は自分自身のトークンを作成(および無効化)することしかできません。

永続トークンを生成する

トークンは一度しか表示されませんので、必ず安全に保管してください。 必要に応じて、いつでもトークンを破棄し、新規のトークンを生成することができます。

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. アプリ&統合を選択します。

  3. 左側のAPIタブをクリックします。

  4. トークンを生成するアプリの横にある設定をクリックします。

  5. 永続アクセストークンセクションまでスクロールします。

  6. トークンの取得をクリックします(トークンが生成される前にパスワードの入力を求められます)。

トークンを破棄するには、上記のステップ1~5を繰り返し、トークンの無効をクリックします。

既存のアプリの設定

developers.wrike.comでアプリを登録した場合は、まずサポートにリクエストを送信して、作業スペースのAPIタブでアプリを設定できるようにしてください。

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. アプリ&連携を選択します。

  3. 左側のAPIタブをクリックします。

  4. アプリ名の右側にある設定をクリックします。

トップ