すべての記事

iOSアプリ

Download_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.svg

⏱ 3.5分で読めます

概要

WrikeのiOSアプリを使用すれば、プロジェクトを常に把握し、移動先でもチームに連絡することができます。 このアプリケーションは無料でダウンロードすることができ、 iOS 11以降を搭載したiPhone、iPadデバイスに対応しています。

注記:登録タイプに応じてアプリの機能をご利用いただけます。

アプリをナビゲートする

初期設定では、アプリの最下部パネルで次のセクションを切り替えることができます:

  • 受信トレイを使用すると、最新情報を入手することができます。 ここではすべての受信、送信、アーカイブされた通知を確認できます。 右にスワイプすると、通知が既読または未読としてマークされます。 左にスワイプすると、メッセージがアーカイブに保管されます。 受信トレイに、すべての更新または未読の更新のみを表示するには、漏斗アイコンをタップします。
  • 私のやることには、自分に指名されているタスクが表示されます。右上隅の漏斗アイコンでタスクのフィルターと分類をカスタマイズできます。
  • ダッシュボードビューには、Wrikeのブラウザーバージョンで設定したダッシュボードおよびウィジェットのタスクが表示されます。
  • ブラウズを使用すると、スペース間を移動したり、項目を検索したり、アカウント内の他のすべてのプロジェクトおよびフォルダーにアクセスすることができます。 タスク、フォルダー、またはプロジェクトを検索するには、画面上部の検索オプションに名前を入力します。

最下部のパネルをカスタマイズする

  1. 画面右下隅の「その他」をタップします。
  2. 「設定」をタップします。
  3. 「ナビゲーション設定」に切り替え、ここから次を実行できます:
    • スライダーをタップして、最下部のパネルのタイトルを非表示にする。
    • 最下部のパネルの色を選択する(暗いまたは明るい)。
    • 最下部のパネルで項目をタップして、追加または削除する。

注記:「受信トレイ」および「その他」は最下部のメニューから削除できません。

利用できる機能

機能性可用性
フォルダー/プロジェクト 
フォルダー/プロジェクトの色を追加する-
フォルダーをプロジェクトに変換する+
フォルダーを作成する+
プロジェクトを作成する+
フォルダー/プロジェクトを削除する+
フォルダー/プロジェクトを複製する-
フォルダー/プロジェクトの情報+ (表示および編集)
フォルダー/プロジェクトを共有する+ (@メンションによる)
フォルダーをスター付けする+ (セクションからフォルダーを表示できますが、追加/削除はできません)
タスク 
@メンション+( @担当者@フォロワーを含む)
担当者を追加/編集する+
開始日および期限を追加/編集する+
サブタスクを追加/編集する+
タスクをフォルダー/プロジェクトに追加する+
タイムエントリーを追加+ (手作業のエントリのみ、タイムトラッカーなし)
承認+ 審査できますが、ファイルを審査に追加できません
タスクを指名する+
ファイルを添付/表示する+
ボックス-
コメント+
永続的な下書きコメント+
タスクを作成する+
タスクを削除する+
説明フィールド+ (ライブエディターではない)
Dropbox-
状況を編集する+
Google Drive+
重要性+ (表示のみ、タスクリスト内)
パーマリンク(コピー)+
校正+ (全コメントの表示、ドットコメントの追加)
優先度で分類したタスクの順序を変更する+
タスクを共有する+ (@メンションによる)
タスクをスター付けする+
フォロー解除する-
グローバルビュー 
ダッシュボード+
受信トレイ+
私のやること+
スター付け+ (表示のみ)
ストリーム+
リクエスト+
レポート+
ブラウズ+
ビュー 
タイムシート*-
ガントチャート-
作業負荷ビュー-
設定 
プッシュ通知設定+
その他 
カスタムフィールド+ (値を表示および編集できますが、新規カスタムフィールドドは作成できません)
フィルター(校正と承認を除くすべて)+
新規ユーザーを招待する-
Googleでログインする+
SSOでログインする+
オフライン+/- (以下を参照)
クイックアクション/ジェスチャー+
リクエスト+ (リクエストを送信できますが、新規フォームは作成できません)
検索する+

*Wrike for Professional ServicesパッケージおよびWrike Resourceアドオンのアカウントを持つユーザーは、iOSアプリのタイムシートを使用して、どこでも時間を追跡できます。

タスク、フォルダー、またはプロジェクトを見つける

  1. 最下部のナビゲーションパネルの「ブラウズ」をタッチします。
  2. 画面最上部にある「検索」をタップします。
  3. 開きたいタスク、フォルダー、またはプロジェクトの名前を入力します。
  4. 表示されるリストから適切な項目を選択します。

検索結果は「タスク」と 「フォルダーおよびプロジェクト」 の2つのカテゴリーに分けられます。
すべてのスター付けタスク、フォルダー、プロジェクトを検索するには、ビューを「その他」から「スター付け」に切り替えます。共有されているが上記のどのスペースにも属していないすべてのフォルダーおよびプロジェクトを表示するには、「共有アイテム」をクリックします。

スペースをナビゲートする

  1. 最下部のナビゲーションパネルの「ブラウズ」をタップします。
  2. 下にスクロールして、既に参加しているすべてのスペースを表示します。
  3. アカウント内のスペースの全リストを表示したい場合は、下にスクロールして「スペースを探索」を選択します。アプリ内で直接スペースに参加することはまだできないことに注意してください。

ダッシュボードを表示する

既存のダッシュボードやウィジェットを表示できますが、新規作成や既存のウィジェットの編集はできません。

  1. 最下部のパネルの「その他」をタップします。
  2. 「ダッシュボード」を選択します。
  3. ダッシュボード名はビューの最上部にリストされており、ウィジェット名はダッシュボード名の下に青色で表示されています。
  4. 右上隅のアイコンをクリックして、ダッシュボードの表示方法を選択します。次の2つのオプションがあります:
    • リスト

別のダッシュボードを表示する:現在見ているダッシュボード名(ビューの最上部にリストされている) をタップして、別のダッシュボードを選択します。

別のウィジェットを表示する: ウィジェットはダッシュボード名の下にあるビューの最上部にリストされます。 別のウィジェット名をタップすると、そのウィジェットが表示されます。 ウィジェットが多数ある場合、より多くのウィジェット名を表示するには列ビューでは左右にスクロール、リストビューでは上下にスクロールする必要があります。

レポートを表示する

iOSからレポートを表示できますが、新規レポートの作成、または既存のレポートの編集はできません。

  1. 最下部のパネルの「その他」をタップします。
  2. メニューから「レポート」を選択します。
  3. 表示したいレポートを選択します。

注記:テーブルレイアウトのレポートのみがiOSアプリで表示されます。

タイムシートを表示する

タイムシートはWrike for Professional Servicesパッケージ、およびWrike Resourceアドオンの一部として利用できることに注意してください。

タイムシートビューでは、すべてのタイムエントリーを表示できます:

  1. 最下部のパネルの「その他」をタップします。
  2. メニューから「タイムシート」を選択します。

ここでは、追加したすべてのタイムエントリーを確認できます。

タイムエントリーを追加する手順:

  1. タイムシートビューに切り替えます。
  2. 関連タスクの下にある「エントリーを追加」をタップします。
  3. 経過時間、日付、コメントなど、必要な詳細情報を追加します。
  4. 「保存」をタップします。

または、タスクビューで直接行うこともできます:タスクの詳細の下にある「タイムエントリーを追加」をタップします。

タイムシートリマインダー

Wrikeでは、前日に追跡した時間およびまだ追加されていない時間に関する通知を送信することができます。オンにする手順:

  1. 最下部のナビゲーションパネルの「その他」をタッチします。
  2. 「設定」を選択します。
  3. タイムシートリマインダーの横にあるトグルボタンをタップします。

右上隅の横線が引かれたベルアイコンは、リマインダーがオフになっていることを示してます。タップしてオンにすることもできます。

リクエストを送信する

iOSからリクエストを送信できますが、管理者は新規リクエストフォームを作成できません。

  1. アプリの右下隅の+アイコンをタッチします。
  2. 「リクエスト」を選択します。
  3. 送信したいリクエストフォームを選択します。
  4. リクエストフォームに記入して、「送信」をクリックします。

オフラインで作業する

オフラインで作業しても、現在のセッション中に保存された一部のデータにアクセスできます*。

  • オンライン中にフォルダー、プロジェクト、私のやること、受信トレイ、またはダッシュボードを開くと、オフライン中にそのセクションからタスクを表示し開くことができます。 タスクのタイトル、担当者、日付、状況、およびフォルダータグも編集できます。 オンライン中に使用したのと同じフィルターに一致するタスクのみを表示/開くことができます。
  • オフライン中に新規タスクの作成、コメントの追加、タスクへのファイルの添付も可能です。インターネットに再接続すると、変更内容が同期化されます。
  • オフライン時にリクエストを送信します(BusinessまたはEnterpriseユーザー用)。 インターネットに接続すると、タスクまたはプロジェクトが作成されます。
  • オフライン中にレポートを表示します。 以前にオンライン中に開いたレポートのみを表示することができます。
  • オンライン中に開いたフォルダーやプロジェクトのタスクの順序を変更して、それらの優先度を変更します(「優先度」別にタスクを分類)。その変更内容は、インターネットに再接続すると同期化されます。

*注記:現在のセッションにログインすると、 電話はデータを保存し始めますが、ログアウトまたは電話を再起動した場合は、オンラインでフォルダを再度開いてオフラインでアクセスできるようにする必要があります。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ