すべての記事

レポートテーブルチャート

BusinessおよびEnterpriseアカウントの正規ユーザーはレポートを作成できます。

⏱ 4分で読めます

概要

Wrikeレポートテーブルチャートには、レポートビルダーで選択する基準に一致するタスクまたはプロジェクトの数が表示されます。 テーブルチャートには最大で10のグループ分けを含めることができるため、詳細な内容を取得する複雑なレポートを作成できます。

Overview.png

ベストプラクティス

テーブルチャートは、次の場合に最適な形で使用できます:

  • 特定の基準を満たすタスクやプロジェクトの数を表示する。
  • タスクおよびプロジェクトにレポートから直接アクセスする(これにより迅速な編集が可能)。
  • レポートをExcelにエクスポートする。

テーブルチャートは次の場合に使用します:

  • チームのパフォーマンスを追跡する。チームメンバーのパフォーマンスを主要なメトリクスに基づいて監視する。
  • 達成状況を監視する。先週、先月、または前四半期に完了した作業に関するレポートを作成する。

テーブルチャートのグループ分け

カスタムグループ分けモードでタスクを表示する際にグループ分けをご利用いただけます。

グループ分けは、タスクまたはプロジェクトをテーブルチャートにどのように整理するのかを指定します。

グループ分けをテーブルチャートから編集する

  • グループ分けを追加: テーブルチャート上の「+」アイコン1をクリックして、新規グループ分けをチャートに追加します
  • グループ分けを削除: グループ分けにカーソルを合わせて、グループ分けの名前の右側に表示される「x」2をクリックします。

GroupingsTable.png

テーブルチャートグループ分けのオプション

プロジェクトタスクタイムログエントリー
プロジェクトオーナー指名先日付
状況状況グループ親フォルダー
開始日時状況タスクのタイトル
完了日ワークフローユーザー
親フォルダー開始日時コメント
作成日締め切り経過時間
作成者期間 
プロジェクトの作成者親フォルダー 
+ カスタムフィールド作成者 
 重要性 
 作成日 
 完了日 
 + カスタムフィールド 

表示オプション: 構成(階層)またはカスタムグループ分け

構成(階層)ビュー

階層ビューを使用して、フォルダー、プロジェクト、およびタスクの場所により整理した項目を表示します。 これは、テーブルビューで項目を表示した方法と同様です。 

このビューに切り替える:チャートの左上隅の ボタンをクリックします。 注記! このビューを使用している場合、グループ分けは使用できません。

 カスタムグループ分けビュー

適用されるグループ分けに基づいてタスクを表示するには、カスタムグループ分けを使用します。

このビューに切り替える: チャートの左上隅のボタンをクリックします。

テーブルチャートの編集と調整

  • レポートを編集
  • レポートを更新
  • 全セクションの展開/折り畳みを行う
  • 個々のセクションの展開または折り畳みを行う
  • 列を追加または削除
  • 列の順序を変更

レポートを編集

情報を引き出すフォルダーおよび/またはプロジェクト、適用されるフィルター、使用されているグループ分けを変更する必要がある場合、レポートビルダーに戻ってレポートを編集できます。

この手順:チャートの右上隅の「編集」1をクリックします。

レポートを更新

望む(または必要な)場合は、レポートを更新して最新日のデータを確実に表示できます。

この手順:チャートの右上隅の更新アイコン2をクリックします。

全セクションの展開または折り畳みを行う

全セクション(グループ分けまたはフォルダー/プロジェクトは使用中のビューにより異なる)を折り畳んで、セクションのタスク数の概要を取得するか、全セクションを展開してより詳細なビューを表示します。

この手順: チャートの右上隅の「すべて展開」3または「すべて折り畳む」4をクリックしてそれぞれのセクションを展開または折り畳みます。

個々のセクションの展開または折り畳みを行う

ビューをカスタマイズして、関心のあるグループ分け、またはフォルダー/プロジェクト/タスクだけを表示します。

この手順:各グループ分け、またはフォルダー/プロジェクト名の左にある人参アイコン5をクリックして、そのセクションの展開または折り畳みを行います。

列を追加または削除

次に関連する列を追加または削除できます:プロジェクトまたはタスクの属性(作成したレポートのタイプにより異なる)およびカスタムフィールド

この手順:テーブルの左側のギアアイコン6をクリックするか、各列名の横のボックスにチェックを入れたり外したりして、その列をレポートに追加、またはレポートから削除します。

列の順序を変更

テーブルレポートの列の順序を再整理して、ニーズを最も満たすシーケンスにデータを表示します。

この手順: 列をクリックし、それをテーブルチャートの適切な場所までドラッグします。 

EditAdjust.png

テキストの折り返し

ユーザーはレポートのセルのテキストを折り返すオプションを有効化できます。 テキスト折り返しを有効化する場合: そのフィールドの全テキストが表示されます(テキストが長い場合、カットされるのではなく)。
テキストを折り返すには、右上隅のメニューボタンをクリックして、「テキスト折り返し」を選択します。

テキスト折り返しは500行以下のレポート機能することに注意してください。

未定義データ

レポートの基準を満たすタスクまたはプロジェクトがある場合、「なし」セクションがレポートに追加されますが、タスク/プロジェクトのグループ分けしているフィールドには情報が入力されません。例えば、

  • 開始日時が指定されていないタスクの開始日時データは未定義であり、開始日時別にグループ分けしている場合、そのタスクは「なし」セクションに表示されます。
  • プロジェクトレポートがカスタムフィールドによりグループ分けされ、プロジェクトのカスタムフィールドにデータが入力されていない場合、そのプロジェクトは「なし」セクションに表示されます。

UndefinedData.png

さらに詳しく

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ