すべての記事

ガントチャートでのタスクの依存関係

テーブル 73. 利用可能 - 従来のプラン


概要

依存関係は、タスク間の関係を指定します。 タスクが他のタスクに関連して開始または終了するタイミングを示すために使用します。 ガントチャートでは、依存関係は2つのタスクを結ぶ線、またはタスクとマイルストーンを結ぶ線として表示されます。

補足事項

依存関係を設定したタスクのスケジュールを変更すると、その他の依存関係にある有効なタスクのスケジュールもすべて連動して自動的に変更されます。 依存関係のある一部のタスクが完了、キャンセル、延期された場合には、これらのタスクのスケジュールは変更されません。

タスクの依存関係のタイプ

Wrikeでは次のように、4タイプの依存関係を作成できます:

  • 完了-開始:タスクAが終了する前にタスクBを開始できません。

  • 開始-開始:タスクAが開始する前にタスクBを開始できません。

  • 完了-完了:タスクAが完了する前にタスクBを完了できません。

  • 開始-終了:タスクBが開始する前にタスクAを完了できません。

トップ