すべての記事

Professional

概要

WrikeのProfessionalアカウントは、機能性を強化したい(または機能性の強化が必要な)チームに対応します。 Professionalアカウントの場合、作業をより詳細なアクション項目、より多くの作業スペースビューに分類し、作業の完了に役立つその他のツール、アドイン、連携にアクセスすることができます。

Free、Professional、Business、およびEnterpriseのアカウントで利用できる機能を比較する詳細情報は、当社の価格ページをご覧ください。

機能

Professionalアカウントのユーザーは、Freeアカウントのユーザーが利用できる機能に加えて、次にアクセスできます:

ガントチャート

ガントチャートは多くのWrikeユーザーのお気に入りの機能です。 ガントチャートを使用して、プロジェクトを簡単に視覚化し、タスクのスケジュール変更を行い(必要に応じて)、スケジュール上のマイルストーンを注視することができます。 さらに一歩進んで、依存関係を使用して、他のタスクとの関連でタスクをスケジュールすることもできます。

ダッシュボード

ダッシュボードはカスタマイズ可能なダイナミックビューであり、あなたにとって最も重要なデータをモニターすることができます。 カスタムダッシュボードウィジェットを構築して、特定の条件を満たすタスクおよびプロジェクトを表示できます。 例えば、カスタムウィジェットをセットアップして今週が期限日の全マイルストーン、または今日作成した新規タスクすべてを常に追跡できます。

サブタスク

サブタスクを使用して、大きな目標をより詳細なアクション項目に分類できます。 サブタスクを使用して、タスクの進捗状況をモニターすることも可能です。サブタスクを作成し担当者を個々に指名してから、サブタスクのステータスに基づいて親タスクの進捗状況を追跡できます。

高度なタスクの一括処理

一括処理では、いくつかのタスクを同時に変更でき、時間の節約ができます。 Freeアカウントで利用できる一括処理に加えて、Professionalアカウントのユーザーは、スケジュール変更、再割り当て、タスクの共有、高度なフィルターが使用できます。

フィルター

フィルターを使用すると、ビューをシンプルにして、必要な情報だけを表示させることができます。 活動ストリームの基本フィルターでは、表示する更新のタイプをカスタマイズできます。 一方、高度なフィルターでは、選択する基準に合致するタスクを表示できます。 次の項目別にタスクにフィルターを設定できます:ステータス、タスク作成者、作成日、期限など。

追加の連携

Wrikeを他のプラットフォームと併用して、Wrikeの連携を利用できます。 Professionalアカウントのユーザーは、MS Projectファイルのインポート、XLSファイルのインポートおよびエクスポートができます。

トップ