すべての記事

Wrikeのタスク

テーブル 181. 利用可能 - 従来のプラン


概要

タスクは、フォルダー、プロジェクト、スペースとともに、Wrikeの主要な構成要素の一つです。 全アカウントタイプの全ユーザーが、タスクを表示できます。

タスクをやることリストの項目と同様に考えてください – 完了する必要がある実行項目を追跡します。

状況を常に整理できるようにするには、タスクをフォルダー、プロジェクト、スペースに追加します。 タスクは完了すべき作業を追跡するだけでなく、作業の完了に役立つ有効な属性をもちます:

  • ライブエディターを使用して、チームメートとコラボします。

  • コメントを使用して、チームメートと通信します。

  • チームメンバーにタスクを指名して、当事者意識をもたせます。

  • チームメンバーがタスクを完了にすると、プロジェクトの進捗状況が表示されます。

  • 開始日と終了日を追加し、ガントチャートに切り替えてプロジェクトのスケジュールを計画したり、プロジェクトの進捗状況を確認したりすることができます。

  • 添付ファイルを追加して、すべてを一元管理できます。

  • 意思決定プロセスをさらに透明化するには、承認を開始します。

タスクの使用が必要な場合:

  • プロジェクトの完了のために、必要な全ステップを計画する。

  • ガントチャートで個々のステップを視覚化する。

  • プロセス、how-to、または注記に関する詳細を保存する。

トップ