すべての記事

Wrikeのユーザーグループ

テーブル 56. 利用可能 - 従来のプラン


概要

ユーザーグループとは、選択されたユーザーで構成されるカスタマイズ可能なグループです。 データを一度に1人と共有するのではなく、数人のグループと情報を素早く共有するのにユーザーグループを使用します。 ユーザーグループに@メンション して、タスク、フォルダー、プロジェクトを共有することができます。

タスク、フォルダー、またはプロジェクトをユーザーグループと共有する場合:

  • タスク、フォルダー、プロジェクトは、そのユーザーグループの一部であるサブグループとも共有されます。

  • タスク、フォルダー、プロジェクトを親ユーザーグループ内のサブグループから、またはユーザーグループ内の1人の個人や複数の個人から共有停止することはできません。

  • 親のタスク、フォルダー、プロジェクトを共有停止せずに、サブタスク、サブフォルダー、サブプロジェクトをユーザーグループから共有停止することはできません。   

    ヒント

    Enterpriseアカウントの管理者は、親フォルダーおよび親プロジェクトを共有する際に、サブフォルダーおよびサブプロジェクトを共有するかどうかを決定できる継承共有をオフにすることができます。

  • ユーザーがグループに追加されると、タスク、フォルダー、プロジェクトはユーザーと自動共有されます。

よくある質問と回答(FAQ)

1人のユーザーが複数のユーザーグループに所属することはできますか?

はい。 1人のユーザーを必要な数だけユーザーグループに追加することができます。 さらに、初期設定ではアカウントのすべての正規ユーザーが、自動的にマイチームユーザーグループに追加されますのでご注意ください。

アカウントのユーザーグループの数に制限はありますか?

はい。 作成できるユーザーグループの最大数は、利用プランに応じて異なります。 購入したユーザーの人数分よりも1つ多いユーザーグループを持つことができます。 ユーザーグループの最大数は201です(所有しているユーザー数に関係なく)。

トップ