すべての記事

高度なレポート作成機能で利用可能なウィジェット

概要

高度なレポート作成機能とBIを活用して、1つの分析ボード内に複数のウィジェットを構築することができます。 ​利用可能なウィジェットは17種類あります。

​分析ウィジェットの種類

  1. ピボット:これは大容量データを要約および分析するために最も有用かもしれません。 ​ただし、最適なパフォーマンスのためには、列を70以上追加しないことをお勧めします。

  2. 円グラフ:円グラフを使用して、比例データや割合を表示します。

  3. 縦棒グラフ:縦棒グラフを使用して、各項目の比較や経時的なデータの比較を行います。 このグラフには、X軸とY軸の両方に複数の値を含めることができます。

  4. 横棒グラフ:横棒グラフを使用して、多数の項目を比較します。 Y軸に説明データ(カテゴリーや項目など)を表示し、X軸に値を表示することができます。

  5. 折れ線グラフ:折れ線グラフを使用して、複数のグループまたはカテゴリでの同期間で発生した変化を比較します。

  6. 面グラフ:これは折れ線グラフと非常に似ていますが、それぞれの線より下の領域に色が付けられ、積み上げられた状態で表示できる点が異なります。

  7. テーブル:テーブルウィジェットには、データのより広範に確認できるビューが表示されます。このビューではデータを列で表示します。

  8. ツリーマップ:ツリーマップは、入れ子になった長方形で階層データを表示する多次元ウィジェットです。

  9. 散布図:散布図を使用して、地理データをマップ上のデータポイントとして視覚化します。 このマップでは、マップ上のデータポイントに対してさまざまな色とサイズを使用してデータを区別します。

  10. エリアマップ:エリアマップは、ウィジェット用に選択されたデータの場所を示します。

  11. インジケーター:インジケーターウィジェットには、1つまたは2つの数値を数字、ゲージ、またはティッカーとして表示するためのさまざまなオプションがあります。 また、別のタイトルと値を表す色分けされたインジケーターアイコンを追加するオプションもあります。

  12. 散布図:散布図は、X軸とY軸の2つの変数による分布、およびチャート全体に点在する色分けされた円で表示されるデータによる別の2次元による分布を表示します。

  13. カレンダーヒートマップ:カレンダーヒートマップウィジェットを使用して、カレンダービューで数日間にまたがる値を視覚化します。

  14. サンバースト:サンバーストウィジェットは円グラフに似ていますが、多次元で表示されます。 円グラフは1つのフィールドと1つの数値を組み合わせたものですが、サンバーストウィジェットは複数のリングをフィールドごとに1つずつ表示することができます。

  15. ボックス & ウィスカ図面:ボックスの図面は四分位に分割されています。 中間分位数は、データの50%と中央値を含むボックスで表されます。 上部および下部分位数には、最大値と最小値、およびデータの残りの50%が含まれます。 これらの四分位数は、ひげと呼ばれる線で表されます。

  16. 極座標グラフ:極座標グラフを使用して、複数のカテゴリー/変数を空間的視点から比較します。

  17. ファンネルチャート:ファンネルチャートは、プロセスのステージを表示する一般的な方法です。最も一般的に使用される例は、販売プロセスのステージを表すファンネルです。

トップ