すべての記事

タスクをサブタスクに変換

テーブル 226. 利用可能 - 従来のプラン


概要

既存のタスクをサブタスクとして、Wrikeの他のタスクに簡単に追加することができます。 必要に応じて、同じタスクを複数の親タスクに追加することができます。

既存のタスクをサブタスクとして追加する

リストビューでのドラッグ&ドロップ

  1. 変換するタスクを含むフォルダー、プロジェクトまたはスペースに移動し、リストビューに切り替えます。

  2. (リストビューパネルから)変換したいタスクをクリックしたままにします。

  3. 変換したいタスクをドラッグして、サブタスクとなるタスク上にドロップします。

テーブルビューからの操作:

  1. タスクをサブタスクとして追加するタスクを開きます。

  2. サブタスクを追加をクリック(または、既存のサブタスクがある場合は、サブタスクリストの一番下にある+新規タスクをクリック)します。

  3. 変換するタスクの名前を入力するか、タスクのパーマリンクを貼り付けることができます。

  4. ドロップダウンリストに表示されたタスク名をクリックします。

ヒント

同じサブタスクを複数の親タスクに添付する必要がある場合は、タスクビューから行うことができます。 親タスクごとに別々に、上記の手順を繰り返すだけです。

テーブルビューからの操作

  1. 変換するタスクを含むフォルダー、プロジェクトまたはスペースに移動し、テーブルビューに切り替えます。

  2. テーブルの中から必要なタスクを探します。

  3. タスクを右クリックし、サブタスクを追加を選択します。

  4. サブタスクのパーマリンクをフィールドに入力し、Enterを押します。

ヒント

テーブルビューからサブタスクを作成する場合は、上記の手順に従いますが、パーマリンクの代わりに新規タスクの名前をフィールドに入力してください。

トップ