すべての記事

繰り返しタスク

テーブル 214. 利用可能 - 従来のプラン


概要

すべてのアカウントタイプのすべてのユーザー(コラボレーターを除く)は、タスクを繰り返しにすることができます。

Wrikeでは、タスクを繰り返しにすると、設定に従ってそのタスクの複製を自動作成します。 以下の設定ができます。

  • タスクの作成頻度。

  • 繰り返しの終了日、またはシーケンスで作成されるタスクの数。

  • 1回に存在するタスクの数。

繰り返しタスクは、リストビューにある円弧の矢印アイコンでマーク付けされます。

繰り返しタスクの仕組み

元のタスクはシーケンスの最初のタスクです。 繰り返しタスクの状況は元のタスクの状況と同じになり、タイトルは最初のタスクのタイトルに基づきます。 繰り返しタスクの開始日がタイトルに追加されます。

タスクの作成を前もって選択しておくことで、繰り返しが終了するまで作業スペースに1度に設定したいタスクの数を指定できます。 タスクを前もって設定しない場合、Wrikeでは繰り返しタスクが1つずつ作成されます。

繰り返しシーケンスごとに次のタスクが、開始日時前に自動作成されます。

注意事項

シーケンスの15回連続するタスクが変更されない場合(例:説明が変更されない、コメントが追加されないなど)、繰り返しは停止され、手動で繰り返しを再開しない限り、新規タスクは作成されません。

よくある質問と回答(FAQ)

サブタスクを親タスクと一緒に繰り返しにすることはできますか?

タスクを繰り返しにする場合、サブタスクは繰り返しには含まれません。

作成者がアカウントから削除された場合、繰り返しはどうなるのでしょうか?

繰り返しシークエンスを作成したユーザーがアカウントから削除、またはコラボレーターにダウングレードされた場合、繰り返しは停止されます(新規タスクはシークエンスには作成されません)。

トップ