すべての記事

ステップ 1:基礎を学ぶ

⏱ 3分で読めます


Wrikeの概要

Wrikeは、チームがより良い仕事の成果をより早く達成することを支援する、オンラインのプロジェクト管理およびコラボレーションソリューションです。

Wrikeを使用すると、チームの進捗をより効率的に整理できます:

  • 受注した作業を合理化し、計画を構築する。
  • チームのリソースを管理し、複数プロジェクトのワークフローを簡単に自動化する。
  • 数回クリックするだけで作業の進歩状況を確認し、業績評価指標 (KPI) を報告する。
  • チームの効率性を最大化する優れた意思決定を行う。

このビデオでは、Wrikeのナビゲーションと主要機能の概要を簡単にご紹介します。


Wrikeの構成要素

スペースフォルダープロジェクト、およびタスクがWrikeの構成要素です。 これらを使用して、作業の整理、行動項目の追跡、およびチームとの共同作業を行います。 Wrikeで作業を整理するためのベストプラクティスを学ぶ

タスク、フォルダー、プロジェクト、およびスペースの比較

項目使用対象
タスク
  • 短期または単一ステップの行動項目
  • ステップをガントチャートで可視化する
プロジェクト
  • 明確な目標と期限を設定した複数ステップのイニシアチブ
  • プロジェクト全体 (タスクだけではない) の進捗状況を追跡し、レポートする
フォルダー
  • 関連するタスクやプロジェクトを、地域や作業の種類別などにグループ分けする(コンピュータにファイルを格納する場合と同じように)
  • タスクおよびプロジェクトにタグ(ラベル)をつけて、すばやく検索およびナビゲーションできるようにする
スペース
  • チーム、クライアント、プロジェクトなどのタイプ別に、作業項目(タスク、プロジェクト、およびフォルダー)を最上位でグループ分けする
  • スペースにブックマークを作成することで、必要なリソースに簡単にアクセスできる
  • 様々なタイプの作業間で簡単にナビゲーションできる


Wrikeの主な作業ビュー

ビュー(リスト、テーブル、ボードなど)は、フォルダー、プロジェクト、またはスペース内のタスクの表示方法に関する様々なオプションです。 ビューオプションは、フォルダー、プロジェクト、またはスペースをクリックすると表示されます。
例えば、 リストビューではタスクがリスト形式で表示され、テーブルビューではスプレッドシート形式で表示され、ガントチャートではプロジェクトのスケジュールが視覚化されます。 いずれの場合も、同じタスクを異なる角度から見ています。

フィルターは、表示するタスクを決定します。 初期設定では、有効なタスクのみが表示されますが、フィルターはいつでも変更できます。 例えば、完了したタスク、特定の担当者に指名されたタスク、および今週スケジュールされているタスクを表示するようにフィルターを設定できます。 複数のフィルターを適用し、選択した設定をプリセットとして保存することで、データを必要に応じて正確にスライス&ダイスできます。 多数のフィルターオプションがあり、リストにタスクが見つからない場合は、常にどのフィルターが適用されているかを確認することをお勧めします。

作業ビューの使用に関するヒントの詳細。

Views.png

ビュー使用目的
リストビュー
  • タスク、フォルダー、プロジェクトをリスト形式に表示する。
  • 独自のパネルでタスク、フォルダー、プロジェクトを開き、詳細を表示する。
  • タスクを一括編集する。
ボードビュー
  • かんばんのようなボード上に、状況別にグループ分けされたタスクを表示する。
  • タスクの状況をドラッグ&ロップで変更する。
  • タスクをクリックせずに、添付サムネイルを表示する。
テーブルビュー
  • スプレッドシート形式でデータを管理し、アイテム属性を一目で把握する。
  • カスタムフィールドを追加、編集、および削除して、予算、KPI、またはストーリーポイントなどのメトリクスを追跡する。
ガントチャート
  • プロジェクトのスケジュールを視覚化する。
  • ドラッグ&ドロップでタスクをスケジュール変更する。
  • マイルストーンやタスクの依存関係を作成する。
  • プロジェクトのスナップショットを作成、共有する。
ファイルビュー
  • スペース、フォルダー、プロジェクト内のタスクに添付されたすべてのファイルの概要を把握する。
  • ファイルを分類またはフィルタリングして必要なものを見つける。
  • ファイルを開く、またはダウンロードする。
ストリームビュー
  • 選択したスペース、プロジェクト、またはフォルダーに含まれるタスクおよびサブタスクに関連する更新(新規コメント、再割り当て、スケジュール変更など)を追跡する。


Wrikeの主な機能とコンセプト

機能使用対象
受信トレイ重要な更新(新規タスクが指名された場合など)、自分に@メンションされたコメント、および新規作業項目へのアクセスに関する通知の追跡
ダッシュボード作業の進歩状況をモニタリング
共有作業項目へのアクセスの提供
フォロー更新に関する通知の登録
指名タスクの進捗と完了を担当者に任せる。タスクやプロジェクトを誰かに指名すると、それらを共有し、そのアイテムの更新をフォローし始める。
機能はBusinessおよびEnterpriseの登録で利用可能です。
リクエストフォーム社内外の関係者からの作業受け入れを合理化
レポートプロジェクトの結果とチームのパフォーマンスを分析
カスタムワークフロー作業の進捗段階をマッピング
カスタムフィールド予算、KPI、ストーリーポイントのような重要なメトリクスの追跡
カレンダーカレンダーのタスクやプロジェクトを視覚化
タイムトラッキングタスクの経過時間をモニタリング


その他のリソース

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ