すべての記事

Wrikeの従来のプランとパッケージ

概要

重要

このページでは、2021年7月1日以前に提供されていたプランについての情報を記載しています。 ご自分のアカウントで利用しているプランが不明な場合は、設定アカウント情報タブからご確認いただけます。 これらの情報が表示されない場合は、アカウント管理者にお問い合わせください。 Wrikeのお客様にご利用いただける新しいプランの詳細については、こちらをご覧ください。

Wrikeには、FreeProfessionalBusinessEnterpriseの4つのアカウントタイプがあります。

  • Wrike Freeのアカウントは、基本的な機能を備えたプロジェクト管理ソフトウェアを必要とする個人またはチーム向けに作られています。

  • Professionalアカウントは、機能性を強化したい(または機能性の強化が必要な)チームに最適です。

  • Businessアカウントは、高度な機能とカスタマイズオプションを必要とするチームに最適です。

  • Enterpriseアカウントは、高度なセキュリティオプションを必要とするチーム向けに作られています。

パッケージ

4つのアカウントタイプに加えて、Wrikeは2つの業界専用パッケージ、Wrike for MarketersとWrike for Professional Servicesを提供しています。

Wrike for Marketersパッケージには、BusinessプランまたはEnterpriseプランで利用可能なすべての機能に加えて、Wrike Publish、Wrike Proof、承認機能が含まれています。

Wrike for Professional Servicesパッケージには、 BusinessプランまたはEnterpriseプランで利用可能なすべての機能に加えて、Wrike Resourceアドオンが含まれています。

アカウントタイプ別の機能

機能

Free

Professional

Business

Enterprise

ユーザー数

無制限

最大200人

最大200人

無制限

ストレージ容量

2GB/アカウント

ユーザー数に応じて5~1000GB

ユーザー数に応じて50~1024GB

ユーザー数に応じて100~2048GB

フォルダー階層

無制限

無制限

無制限

無制限

スペース

+

+

+

+

スマートフォルダー:私のやること、自分が作成したアイテム、スター付きのタスク

+

+

+

+

タスクおよびサブタスク

制限付き(有効タスク 200件/アカウント)

無制限

無制限

無制限

一括処理およびフィルター

+

+

+

+

メール通知およびメールを利用した連携

+

+

+

+

WindowsおよびMac向けWrike、モバイルアプリ(iOSおよびAndroid)

+

+

+

+

Google Docs、 Dropbox,、Box,、SharePoint、Microsoft OneDriveとの連携

+

+

+

+

ドキュメントエディター

+

+

+

+

リストビュー

+

+

+

+

ボードビュー

+

+

+

+

テーブルビュー

+

+

+

+

Wrikeビュー

+

+

+

+

ストリーム

-

+

+

+

ガントチャート

-

+

+

+

ダッシュボード

-

+

+

+

ファイルビュー

-

+

+

+

カスタム項目タイプ

-

-

+

+

タイムトラッキング

-

-

+

+

分析ビュー

-

-

+

+

カレンダー

-

-

+

+

カスタムステータスとワークフロー

-

-

+

+

リクエストフォーム

-

-

+

+

ブループリント

-

-

+

+

カスタムフィールド

-

-

+

+

自動化エンジン

-

-

+

+

アクセスロール

-

-

+

+

Adobe Creative Cloud用拡張機能

-

-

+

+

承認

-

-

+

+

SSO

-

-

-

+

パスワードポリシー

-

-

-

+

2FA

-

-

-

+

管理者の権限

-

-

-

+

監査レポート

-

-

-

+

トップ