すべての記事

アカウントのオーナーの変更

どのタイプのアカウントでも、アカウントのオーナーはアカウントのオーナーシップを転送することができます。

概要

アカウントのオーナーはアカウント管理者ですが、より多くの権限と許可を持ちます。 重要なこととして、アカウントのオーナーは以下のことが可能です:

  • 請求先情報の表示と編集。
  • 請求書へのアクセス。
  • 登録情報の確認。
  • 購入したアドオンのリスト確認と、新規アドオンの試用開始。

アカウントのオーナーシップを他の人に転送するのは以下のような理由からです:

  • 現在のアカウントのオーナーが退社する、あるいは担当業務を代わる。
  • 試用を開始してアカウントを作成した人が、社内のITや管理の責任者ではない。
  • 支払いの実行や請求先情報の更新のため、オーナーシップを一時的に経理に転送することができる。

重要な情報

  • Wrikeには1人のカウントのオーナーしか存在できません。
  • アカウントのオーナーシップはアカウント管理者または正規ユーザーにのみ転送できます。
  • アカウントに招待されたが、まだ承認をしていないユーザーや、非アクティブのユーザーにはオーナーシップは転送できません。

アカウントのオーナーの変更

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 表示されたリストから、アカウント管理を選択します。 1
  3. 左側のナビゲーションパネルから設定タブを選択します。 2
  4. 「アカウントのオーナー」下部にある「アカウントオーナーの変更」をクリックします。3
  5. 次に、ポップアップウィンドウが開き、以下の操作を求められます:
    • 新しくアカウントのオーナーになる人の指定4
    • パスワードの入力5
    • アカウントでSAML SSOが有効になっている場合は、パスワードの代わりに、メールで送信される6桁の認証コードの入力が求められます。
  6. 「アカウントオーナーシップの転送」をクリックします。 6

Account_Ownership_Transfer.png

新規のアカウントのオーナーにEメールで通知されます。 ライセンスタイプは正規ユーザーに変更されます。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ