すべての記事

アカウントオーナーの変更

テーブル 7. 利用可能 - 従来のプラン


概要

現在のアカウントオーナーのみ、アカウントオーナーを変更できます。

アカウントオーナーはアカウント管理者ですが、より多くの権限を持ちます。 アカウントのオーナーシップを他の人に転送するのは以下のような理由からです:

  • 現在のアカウントオーナーが退社する、あるいはジョブロールが変更になる。

  • トライアルを開始してアカウントを作成した人が、社内のITや管理の責任者ではない。

  • 支払いの実行や請求先情報の更新のため、所有権を一時的に経理に転送することができる。

アカウントオーナーの変更

Changing_Account_Owner-Change_account_owner.png
  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. 設定をクリックします。

  3. 左側のメニューで再度アカウント管理設定を選択します 1

  4. アカウントオーナーの下のアカウントオーナーを変更 2 をクリックします。

  5. 次に、ポップアップウィンドウが開き、以下の操作を求められます:

    • 新しくアカウントオーナーになる人の指定 3

    • パスワードの入力 4

    • アカウントでSAML SSOが有効になっている場合は、パスワードの代わりにメールで送信された6桁の認証コードを入力するよう求められます。

  6. アカウントの所有権を移行 5 をクリックします。

新規のアカウントオーナーにメールで通知されます。 ライセンススタイプは正規ユーザーに変更されます。

よくある質問と回答(FAQ)

所有権を移行できるのはどのユーザーですか?

所有権は、Wrikeアカウントへの招待をすでに承認している管理者または正規ユーザーに移行することができます。 非アクティブ化されたユーザーには転送できません。

トップ