すべての記事

Wrike Analyze

Wrike Analyzeは、Business以上のアカウントで利用できる有料アドオンです。 正規ユーザーは分析ボードを作成して表示できます。 外部ユーザーおよびコラボレーターは、共有されている分析ボードのみ表示できます。

概要

Wrike Analyzeは、Wrike作業スペースデータをインタラクティブな分析ボードで表示することができるアドオンです。 あらかじめ作成されているテンプレートを利用してボードやウィジェットを作成するか、最初からカスタム分析ボードを作成することができます。

1日に1度、チャートは最新のデータで自動的に更新されます。そのため、レポートを作り直したり、新しい情報を引用する必要はありません。

重要な情報

  • 分析ボードに表示されている情報は、Wrike作業スペースデータのスナップショットに対応しています。このスナップショットはアカウントのオーナーのタイムゾーンで毎日午後8時以降に作成されます。 分析ボードの最上部にあるバーにあるスナップショットで実際の時間を確認することができます。
  • 24時間以内に作成されたフォルダー、プロジェクト、またはスペースに基づいて分析ボードを作成することはできません。
  • ウィジェットでのエラーや誤った結果をさけるために、常に「のデータを含める」フィルタを設定する必要があります。
  • アカウント内で共有を行わないカスタムフィールドは、分析では利用できません。
  • 数値/通貨/パーセンテージではないカスタムフィールドは、ピボットウィジェットに列として追加することはできません。
  • 2種類のカスタムフィールドを1度に使用して分析ボードをフィルタリングすることはできません。 単一のカスタムフィールドをフィルタリングするには、カスタムフィールド名と必要な値の2つのフィルターを選択します。 それぞれ特定のカスタムフィールドをフィルタリングする、2種類のウィジェットを作成することができます。
  • Wrike Analyzeは、Wrike Lockで暗号化されたアカウントでは利用できません。
  • 最高のパフォーマンスを得るには、ボードあたりのウィジェットを8個以下にすることをお勧めします。
  • PDFへのエクスポート時に、プロジェクト/タスク状況のラベルと色が歪む場合があります。 ウィジェット設定では、状況ごとに手動で色を設定することをお勧めします。

利用可能なデータ

分析ボードは、主要なWrike作業スペースエンティティと、スペース、フォルダー、タスク、タイムログ、ユーザー、状況変更の履歴などのビルディングブロックを含むデータモデル上に構築されます。

任意のエンティティ属性を視覚化またはフィルタすることができます。 エンティティはあらかじめ相互に接続されているため、エンティティ間の関係を指定しなくても、複数のエンティティにまたがるボードを構築できます。

Wrike Analyzeデータモデルで利用可能なデータの全リストを確認するには、Wrike Analyze:利用可能なデータのヘルプセンターページにアクセスしてください。

利用可能なテンプレート

  • ピボット(英語): これは大容量データを要約および分析するために最も有用かもしれません。
  • 棒グラフ(英語):棒グラフを使用して多くの項目を比較します。
  • 棒グラフ(英語):棒グラフを使用して項目や長期にわたるデータを比較します。 このグラフには、X軸とY軸の両方に複数の値を含めることができます。
  • 棒グラフ(英語):棒グラフを使用して多くの項目を比較します。 Y軸に説明データ(カテゴリや項目など)を表示し、X軸に値を表示することができます。
  • 折れ線グラフ(英語):折れ線グラフを使用して、複数のグループまたはカテゴリでの同期間で発生した変化を比較します。
  • 面グラフ(英語):これは折れ線グラフと非常に似ていますが、それぞれの線より下の領域に色が付けられ、積み上げられた状態で表示できる点が異なります。
  • 表(英語):表ウィジェットには、データのより広範に確認できるビューが表示されます。このビューではデータを列で表示します。
  • ツリーマップ(英語):ツリーマップは、入れ子になった長方形で階層データを表示する多次元ウィジェットです。
  • 散布図(英語):散布図を使用して、地理データをマップ上のデータポイントとして視覚化します。 このマップでは、マップ上のデータポイントに対してさまざまな色とサイズを使用してデータを区別します。
  • エリアマップ:エリアマップは、ウィジェット用に選択されたデータの場所を示します。
  • インジケーター(英語):インジケーターウィジェットには、1つまたは2つの数値を数字、ゲージ、またはティッカーとして表示するためのさまざまなオプションがあります。 また、別のタイトルと値を表す色分けされたインジケータアイコンを追加するオプションもあります。
  • 散布図(英語):散布図は、X軸とY軸の2つの変数による分布、およびチャート全体に点在する色分けされた円で表示されるデータによる別の2次元による分布を表示します。
  • カレンダーヒートマップ(英語):カレンダーヒートマップウィジェットを使用して、カレンダービューで数日間にまたがる値を視覚化します。
  • サンバースト(英語):サンバーストウィジェットは円グラフに似ていますが、多次元で表示されます。 円グラフは1つのフィールドと1つの数値を組み合わせたものですが、サンバーストウィジェットは複数のリングをフィールドごとに1つずつ表示することができます。
  • ボックス & ウィスカ図面(英語): ボックスの図面は四分位に分割されています。 中間分位数は、データの50%と中央値を含むボックスで表されます。 上部および下部分位数には、最大値と最小値、およびデータの残りの50%が含まれます。 これらの四分位数は、ウィスカと呼ばれる線で表されます。
  • 極座標グラフ(英語):極座標グラフを使用して、複数のカテゴリー/変数を空間的視点から比較します。
  • ファンネルチャート:ファンネルチャートは、プロセスのステージを表示する一般的な方法です。最も一般的に使用される例は、販売プロセスのステージを表すファンネルです。

フォルダーまたはプロジェクトテンプレートを作成する

使用可能な事前作成のテンプレートのいずれかを使用して、高性能な分析ボードをすぐに作成することも、ゼロから分析ボードを作成することもできます。

3つのテンプレートを使用することができます。

  • プロジェクトポートフォリオステータス - 以下を含むプロジェクトポートフォリオの状況に関する包括的な情報を表示します。
    • 有効なプロジェクトおよび期限切れのプロジェクトの数、完了率のパーセンテージ、有効なタスク数を示すKPIウィジェット。
    • 状況およびオーナー/状況に基づくプロジェクトの分析結果。
    • プロジェクトに関する詳細情報を含むピボットテーブル。

Wrike_Analyze_-_Project_Portfolio_Overview.png

  • プロジェクトの状況 - 1つまたは複数のプロジェクトの状況に関する包括的な情報を表示します。
    • 有効なタスクおよび期限切れのタスクの数、タスク数およびその期間に基づく完了率のパーセンテージを示すKPIウィジェット。
    • 状況およびオーナー/状況に基づくタスクの分析結果。
    • プロジェクトバーンダウンチャート。
    • 完了したタスクの数を日ごとに示すカレンダーウィジェット。
    • タスクに関する詳細情報を含むピボットテーブル。

Wrike_Analyze_-_Project_Status.png

  • 生産性分析 - プロセスの有効性とボトルネックが発生している場所を審査することができます。 このボードでは次を表示します。
    • 今月作成および完了したタスク、ならびに前月比。
    • 先月と今月の平均完了時間。
    • 特定の状況でタスクに費やした平均時間(面グラフとピボットテーブルとして表示)。
    • 上位の状況変更(棒グラフとピボットテーブルとして表示)。
    • 各状況で費やした時間に関するすべてのタスクの詳細。

Wrike_Analyze_-_Productivity_Analysis.png

テンプレートからボードを作成するには:

  1. 作業スペースの最上部から「レポート」タブを選択します。
  2. 以下のオプションリストから必要なテンプレートを選択します。
    • プロジェクトポートフォリオの概要
    • プロジェクトの状況
    • 生産性分析
  3. ポートフォリオにある必須プロジェクトすべてを含むスペース、フォルダー、またはプロジェクトを選択します。
  4. 作成したボードが開きます。

次に、新しいウィジェットを追加するか、追加のフィルターを適用して、作成したボードをカスタマイズすることができます。

カスタム分析ボードの作成

必要なデータを使用して、複数の分析ボードを作成することができます。 分析ボードは、選択したフォルダー、プロジェクト、スペースのデータに基づいて作成されます。

新規のカスタムボードを作成するには:

  1. 作業スペースの最上部から「レポート」タブを選択します。
  2. 「カスタム分析ボード」ボタンをクリックします。
  3. データを分析ボードに含める場所からフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  4. 「作成」をクリックします。
  5. 次に、「+データセレクトボタン」をクリックすることにより、ウィジェットをボードに追加します。 1
  6. ウィジェットに表示したいウィジェットを選択します(プロジェクト所有者、プロジェクト開始日など)。 2 選択したフィールドは自動的に勧められるウィジェットに表示されます。
  7. 次に、必要とするウィジェットのタイプを選択します(円グラフ、表など)。 3選択するデータは自動的に勧められるビューに表示されます。 数値データが選択されると、インジケータウィジェットとして表示されます。 説明データは、ピボットウィジェットとして表示されます。 それぞれの視覚化ボタンをクリックすると、その視覚化/チャートで選択したフィールドを表示することができます。

Wrike_Analyze_-_Create_Custom_Analytics_Board.png

  1. 必要に応じて、上記のパネルからさらにデータを追加することができます。 そのようにするには、「+ データの選択ボタンを追加」をクリックします。 4
  2. カスタムウィジェットの作成時に、数式を使用することができます。 フォーミュラエディターを開くには、ウィジェット用のデータを選択しながら「fx」ボタンをクリックします。5
  3. さらに、フィルターを適用するか詳細設定に移動してウィジェットを設定できます。 6
  4. 「作成」をクリックしてこのウィジェットを新規分析ボードに追加します。7

Wrike_Analyze_-_Custom_Analytics_Board_002.png

  1. 完了したら、分析ボードにさらにウィジェットを追加したり、ボードのタイトルを変更したりすることができます。
  2. 「保存」をクリックして、カスタムボードを作成します。8

Wrike_Analyze_-_Custom_Analytics_Board_005.png

今すぐかウィジェット作成後にウィジェットにタイトルを追加できます。 これを行うには、ウィジェットの上に表示されている「タイトルを追加」エリアをダブルクリックし、ウィジェット名を入力して、キーボードのEnterキーを押します。

ギャラリーからウィジェットを作成

Wrike Analyzeでは、組み込みウィジェットを選択して、カスタムのものにでもテンプレートから作成したものにでも、どんなボードにも追加できます。

利用可能なウィジェット:

ウィジェットの名前表示されるデータ
タスクの合計タスクの総数
プロジェクトの合計プロジェクトの総数
有効なタスクの合計有効な(完了、延期、キャンセル済みではない)タスクの総数
有効なプロジェクトの合計有効な(完了、延期、キャンセル済みではない)プロジェクトの総数
経過時間(カテゴリー別)各タイムログカテゴリーに費やされた時間(時間単位)を示す円グラフ
タスクの作成傾向時間の経過とともに作成されたタスクの数を示す折れ線グラフ
タスクの完了傾向時間の経過とともに完了したタスクの数を示す折れ線グラフ
タスク(状況別)特定の状況を持つタスクの数を示す円グラフ
タスクリストすべてのタスク、それらの状況、担当者、日付、およびその他の詳細を示すピボットテーブル
タスク完了の進捗条件付きカラーリングを使用した完了済みタスクの割合
プロジェクト(状況別)特定の状況を持つプロジェクトの数を示す円グラフ
プロジェクトリストすべてのプロジェクト、それらの状況、オーナー、日付、およびその他の詳細を示すピボットテーブル
バーンダウン(タスク完了別)プロジェクトの進捗状況を確認するための、日付別に開いているタスクの割合を示すチャート

ウィジェットをテンプレートから作成する手順:

  1. ウィジェットを追加する分析ボードを開きます。
  2. 作業スペースの右上隅にある「編集」ボタンをクリックします。
  3. ボード上部のパネルにある「+ウィジェット」をクリックします。
  4. ウィジェットをリストから選択します。
  5. ウィジェットの名前を入力します(必要に応じて)。
  6. 「+追加」をクリックします。

ウィジェットがダッシュボードに追加されます。 すぐにウィジェットを追加したり、「保存」をクリックして変更を保存したりできます。

ウィジェットを分析ボードへ追加

必要なときにいつでも、複数のウィジェットを分析ボードに追加することができます。 カスタムウィジェットを作成するか、ウィジェットギャラリーからテンプレートを選択できます。 分析ボードへ新規カスタムウィジェットを追加する手順:

  1. ウィジェットを追加する分析ボードを開きます。
  2. 作業スペースの右上隅にある「編集」ボタンをクリックします。
  3. ボード上部のパネルにある「+ウィジェット」をクリックします。
  4. 開いたウィンドウで「+カスタムウィジェット」をクリックします。
  5. 次に実行できること:
    • 構築するウィジェットのタイプおよびデザインの選択。
    • 表示するデータの選択。
    • フィルターの適用。
    • ウィジェットに表示する値の選択。
    • ウィジェットのタイトルの設定。
  6. すべてのデータ設定が完了したら、ウィジェットの上にあるパネルの「保存」ボタンをクリックして、変更を保存することができます。

必要なすべてのウィジェットをボードに追加した後、これらのウィジェットを1つの分析ボード内でドラッグ&ドロップすれば、ウィジェットの配置をやり直すことができます。

ウィジェットを編集する

  1. 必要なウィジェットが配置されているボードを開きます。
  2. 右上隅にある「編集」をクリックします
  3. 編集するウィジェットにカーソルを合わせます。
  4. ウィジェットの右隅に表示される鉛筆アイコンをクリックします。
  5. すべての変更が完了したら、「適用」をクリックして保存します。

ウィジェット入力モードの左側にあるパネルから、ウィジェットの色を変更することもできます。 条件付きカラーリング(値により異なる色を使用)がサポートされます。
注:「プロジェクト状(色)」または「タスク状況(色)」がウィジェットに表示される場合、選択された色は特定の状況を示すためにWrikeに設定された色が優先されます。

また、鉛筆アイコンの横に表示される3ドットメニューから、ウィジェットにタイトルを追加したり、ウィジェットの名前を変更したり、ウィジェットを複製して画像またはCSVファイルとしてダウンロードしたりすることができます。

ウィジェットを削除する

  1. 必要なウィジェットが配置されているボードを開きます。
  2. 右上隅にある「編集」をクリックします
  3. 削除するウィジェットにカーソルを合わせます。
  4. ウィジェットの右上隅にある3ドットメニューボタンをクリックします。
  5. 「削除」を選択します。

静的テキストを分析ボードへ追加

  1. 作業スペース作業スペースの右上隅にある「編集」ボタンをクリックします。
  2. ボードの上にあるパネルに表示される「T」ボタンをクリックします。
  3. リッチテキストエディタを使用して、ボードにテキストを追加します。
  4. 完了したら、「保存」ボタンをクリックして変更を保存します。

ボード上のデータをフィルター

分析ボードを使用して、1つまたは複数のフィルターを追加することができます。

  1. 必要な分析ボードを開きます。
  2. ボード右側のフィルターパネルにある「+」アイコンをクリックします。
  3. 適用するフィルターを選択します。
  4. 表示されるポップアップで、適用するフィルターのタイプを選択します。
    • リスト
    • テキスト
    • ランキング
    • スター付け
  5. フィルターの設定が完了したら、「OK」をクリックします。

分析ボードの共有

作成した分析ボードをチームメイトと簡単に共有できます。 その手順:

  1. 同僚と共有したいボードを開きます。
  2. 作業スペースの右上隅にある「共有」ボタンをクリックします。
  3. そのリストからユーザーまたはユーザーグループを選択します。
  4. オプション:ボードを共有しているユーザーまたはグループのアクセスロールを選択します。
  5. 「保存」をクリックします。

分析ボードを共有したユーザーの受信トレイに通知が送られます。 この分析ボードでは、共有されているスペース/フォルダー/プロジェクト/タスクのデータのみが表示されることに注意してください。 したがって、ボード上のデータはユーザーごとに異なる場合があります。

Wrikeを利用しているユーザー以外と分析ボードを共有したい場合、PDFファイルまたは画像としてエクスポートすることができます。 また、個別のウィジェットを画像およびCSVファイルとしてエクスポートすることもできます。

分析ボードのエクスポート

分析ボードをPDFファイルまたは画像としてエクスポートすることができます。

  1. エクスポートする分析ボードを開きます
  2. 作業スペースの右上隅にある3ドットメニューボタンをクリックします。
  3. 表示されるリストから「エクスポート」を選択します。
  4. 次の2つのオプションからエクスポートの種類を選択します:
    • PDFファイル
    • 画像
  5. さらに、エクスポートしたファイルに表示するデータを選択することもできます:「ダッシュボードタイトルの表示」、「ダッシュボードフィルターの表示」、「データセット情報の表示」の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。

分析ボードを複製

正規ユーザーは、自身で作成した分析ボードを複製したり、共有したりできます(読み取り専用のアクセスロールのユーザーを除きます)。

分析ボードのコピーを作成する手順:

  1. 複製したい分析ボードを開きます。
  2. ボードの上のパネルにある3ドットメニューボタンをクリックします。
  3. 「複製する」を選択します。
  4. ボードのコピーが作成され、すぐに開きます。 ボード名に「コピー」が含まれます。

ボードのコピーは、オリジナルと同じユーザーと共有されないことに注意してください。

分析ボードの削除

  1. 作業スペースの最上部から「レポート」タブを選択します。
  2. 削除する分析ボードを右クリックします。
  3. 「削除」をクリックします。

または、別の方法として:

  1. 削除する分析ボードを開きます。
  2. 右上隅の3ドットメニューボタンをクリックします。
  3. 「削除」を選択します。
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ