すべての記事

WrikeとBynderの連携を有効化

テーブル 6. 利用可能

Wrike Publish

Wrike for Marketers

Wrike for Marketers Performance


概要

Wrikeのアカウント管理者およびBynderのアカウント管理者の両方が連携を有効化できます。 注意:連携が正しく機能するためには、管理者はAPIアクセスだけでなく、Bynderでのアップロード/公開権限を持っている必要があります。

補足事項

ファイルをBynderから添付したり、ファイルをBynderに発行するには、Bynderアカウントが必要です。 Bynderの利用プランは、Wrike Publishには含まれていないため、Bynderから個別に購入する必要があることに注意してください。

連携を有効化する

  1. アプリ&連携ページを開きます(プロフィール画像をクリックし、メニューからアプリ&連携を選択します) 。

  2. Bynderカードを見つけて開きます。

  3. 次に、アプリ設定タブに切り替えます。

  4. https://[yourdomain].getbynder.com/pysettings/oauth2/new/に移動します。

  5. 次のフィールドに入力します:

    1. アプリケーション名:任意

    2. 承認リダイレクトURL:

      1. 米国のデーターセンター 1のお客様  

        https://www.wrike.com/ui/bynder_oauth_callback

      2. 米国のデーターセンター 2のお客様  

        https://app-us2.wrike.com/ui/bynder_oauth_callback

      3. EUデータセンターのお客様

        https://app-eu.wrike.com/ui/bynder_oauth_callback

  6. 各カテゴリ(管理者を除く)の横にあるボックスにチェックを入れて、オプトインします:

    1. asset:read

    2. asset:write

    3. collection:read

    4. current.user:read

    5. meta.assetbank:read

    6. meta.assetbank:write

  7. アプリケーションを登録をクリックします。

  8. クライアントIDおよびクライアント情報をコピーして、以下のフィールドに入力します。

  9. 目視で確認したら、準備完了です!

  10. 連携を有効化をクリックして終了します。

これでアカウントの連携が有効になります。 Wrike Publishを初めて使用する際には、Bynderの認証情報の入力が求められます。

利用可能なメタプロパティを選択する

アカウント管理者は、WrikeからBynderにファイルを発行する際に、ユーザーが記入できる次のようなメタプロパティを選択できます:

  • タイトル

  • 説明

  • タグ

メタプロパティの選択は、[アプリ&連携]セクションのBynderカードから実行できます:

  1. Bynderカードを開きます。

  2. アプリ設定タブに切り替えます。

  3. ファイル発行時に表示されるメタプロパティの横のボックスにチェックを入れます。

トップ