すべての記事

タスクの作業量

タスク作業量はWrike for Professional Servicesパッケージ、およびWrike Resourceアドオンの一部です。 Business以上のアカウントは、Wrike for Professional Services、およびWrike Resourceを試して購入することができます。 パッケージやアドオンを購入すると、正規および外部ユーザーはタスクの作業量を表示して指定することができます。

概要

作業量とは、タスクの完了に必要な時間数を示すタスクの属性です。 それは、担当者がタスクを完了すべき時間数を示す期間とは異なります。 例えば、タスクは複数日にまたがりますが、指名された人ごとに1日あたり数時間の作業のみが必要です。

重要な情報

  • 作業量は時間および分の単位で表示されます。ただし、日数(例えば、「8日」)でも入力でき、それは自動的に時間数に変換されます。
  • 基本、またはフルタイムの作業量を、担当者としてのジョブロールがあるタスクに追加すると、作業量はユーザーとジョブロールに均一に自動分散されます。

作業量がないタスク

タスクを作成すると、初期設定では作業量がありません。 作業量がないタスクを次に示します:

  • 完了するための時間が不要なアクション項目。
  • アクション以外の項目:ミーティングノート、仕様など。

リソースを効果的に管理するには、完了に時間が必要な全アクション項目に作業量を指定します。

🖐注記! マイルストーンには期間がないため、作業量はそれらに適用されません。

全ての新規タスクに初期設定作業量を設定することもできます::

  1. ワークスペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 「プロフィール設定」を選択します。
  3. 「タスク&サブタスク」セクションまでスクロールします。
  4. 「新規タスクの初期設定作業量モード」の下にあるドロップダウンフィールドをクリックします。
  5. 新規タスクの初期設定作業量のタイプを選択します。
  6. 「変更を保存」をクリックします。

作業量のタイプ

Wrikeには次に示す3タイプの作業量があります:基本、フルタイム、フレキシブル。

基本

チームメンバーが1日で複数のタスク間を切り替える必要がある場合には、基本タイプの作業量が有効であり、タスクを指名された人全員が完了に等しく貢献します。

適用事例: 全タスクが週の労働時間中に完了できるかどうかを評価します。

基本タイプの作業量が選択された場合:

  • 作業量および期間は相互に完全に独立しています。
  • 作業量は期間およびタスクを指名された人全員に均一に配分されます。

フルタイム

タスクを指名された人が全時間を単一のタスクに費やす必要がある場合にフルタイムのタイプの作業量を使用します。

適用事例: 指名された人の作業時間の100%を費やすタスク。

フルタイムのタイプの作業量を選択する場合:

  • 作業量は期間にリンクされています。 期間を変更せずに作業量を変更することはできません。
  • 作業量は、タスク担当者の人数と作業時間数を掛けて計算されます(この場合、作業時間数は作業日数と8を掛けた数と等しいです)。

フレキシブル

作業量の配分を完全に管理するには、フレキシブルタイプの作業量を選択します。

適用事例: 指名された人が様々で日数も異なり多様な時間数が必要なタスク。

フレキシブルタイプの作業量を選択する場合:

  • 指名された人、および作業日数ごとに別々に時間数を指定できます。
  • 既に配分した時間数および総作業量が表示されるため、まだ配分できる時間数を常に把握できます。

注記: この作業量タイプで指定した時間数は、ユーザー、および指定日数またはジョブロールに固定されます。 スケジュール変更または再度割り当てを行うことにより、以前に設定した作業がクリアされます。

タスクの作業量を指定

次からタスク作業量を入力:

  • タスクの日付選択(日付
    をタスクに追加すると表示されるボックス)。
  • 作業負荷チャート。
  • テーブルビュー、およびガントチャートのテーブル部分。
  • タスクの繰り返しまたは繰り返しの編集を行う際の繰り返しウィンドウ。

🖐注記!作業量はレポートにも表示されます。 レポートのタスクビューを開き、そこから作業量を編集できます。

タスクビューの作業量を編集

  1. タスクビューを開きます。
  2. タスクビューの最上部にある日付セクションをクリックします。
  3. 日付選択の右下隅の「作業量」トグルをクリックします。
  4. 必要に応じて作業量のタイプを変更します。
  5. 「作業量」フィールドでタスクにかかる時間数を入力します。
  6. 「保存」をクリックします。

作業負荷チャートから作業量を編集

  1. 作業スペースの最上部の作業負荷タブをクリックします。
  2. 変更したい作業量のタスクをクリックします。タスクの作業量が有効でない場合、タスクプレビューの「作業量を有効化」をクリックします。
  3. 表示されるツールチップで次を実行できます:
    • タスクにかかる時間数を入力。
    • 作業量のタイプを変更。
  4. フレキシブルタイプの作業量を選択すると、配分した時間数および全作業量が「作業量」フィールドに表示されます。 作業日ごとに適用される時間数を指定する場合:
    • タスクバーに表示されるセルをクリックします。
    • 指名された人がこの特定日にタスクに費やす時間数を入力します。
    • 日およびタスクを指名された人ごとに、配分された時間数と総作業量が等しくなるまで、これらのステップを繰り返します。

テーブルビューおよびガントチャートから作業量を編集

  1. テーブルビューまたはガントチャートを開きます。
  2. 「作業量」の列が表示されない場合、ギアアイコンをクリックしてそのタイトルの横にあるボックスにチェックを入れます。
  3. 変更したい作業量があるタスクの行の「作業量」セルをダブルクリックします。
  4. タスクにかかる時間数を入力します。

作業量を繰り返しタスクに追加

  1. タスクビューを開きます。
  2. タスクの右上隅の3ドットメニューをクリックします。
  3. ポップアップメニューから、「繰り返し」を選択します(または、作業量を既存の繰り返しを含むタスクに追加するには「繰り返しを編集」を選択)。
  4. 日付選択をクリックします。
  5. 「作業量」を有効にするには、日付選択の右下隅のトグルをクリックします。
  6. 必要に応じて作業量のタイプを変更します。
  7. 「作業量」フィールドでタスクにかかる時間数を入力します。
  8. 必要に応じて他の繰り返し設定を変更し、「保存」をクリックします。
繰り返し設定で指定した作業量は、繰り返しの全タスクに適用されます。
タスクビューから、繰り返しタスクごとに、作業量を個別に設定し編集することもできます。

🖐注記!

  • 「作業量」セルをクリアすると、それはタスクの作業量を無効化します。 これを避けるには、それを削除せずに作業量を「0」に設定します。
  • タスクに基本タイプの作業量を有効化するには、空の「作業量」セルに値を入力します。 必要に応じて、タスクビューから作業量のタイプを変更できます。
  • フルタイムタイプの作業量を有効化すると、それは自動計算されるため編集できません。
  • フレキシブルタイプの作業量を有効化すると、次に示す2つの値が「作業量」フィールドに表示されます:配分された時間数および総作業量。

タスクの作業量を無効化

タスクビューから作業量を無効化

  1. タスクビューを開きます。
  2. タスクビューの上部にある日付セクションをクリックします。
  3. 日付選択の最下部の「作業量」トグルをクリックします。

作業負荷チャートから作業量を無効化

  1. 作業スペースの最上部の作業負荷タブをクリックします。
  2. 無効化したい作業量があるタスクをクリックします。
  3. タスクプレビューの3ドットメニューボタンをクリックします。
  4. 「作業量を無効化」を選択します。
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ