すべての記事

Wrike Publish: MediaValet統合

Wrike Publish は、Wrike for MarketersおよびWrike for Marketers Enterpriseのアカウントでご利用いただけます。 Business/Enterpriseのアカウントは、Wrike Publishをアドオンとして購入できます。アカウントオーナーは、アカウント管理セクションからWrike Publishアドオンの14日間無料トライアルをスタートできます。
有効になると、全ユーザー(コラボレータを含む)がファイルをMediaValetから添付したり、ファイルをMediaValetに発行することができます。

概要

概要

次のために、アカウントをMediaValetに統合する:

  • ローカルの添付ファイルをWrikeからMediaValetにアップロードする。
  • ファイルをMediaValetからWrikeに添付する。
  • MediaValetに保存されている画像(.bmp, .png, .gif, .jpeg)、ビデオ(.mp4, .mov, .avi, .3gp, .flv)、および.pdfのファイルに校正を使用します。 .dng, .raw, .tiff, .eps,および.psdのファイルにも校正を使用できますが、これらのファイルタイプでは、元のファイルではなく校正内にプレビューが表示されます。
  • MediaValetに保存されているファイルに承認を使用します。

重要な情報

  • ファイルをMediaValetから添付したり、MediaValetにファイルを発行するには、MediaValetアカウントを設定する必要があります。MediaValet登録はWrike Publishには用意されていないためMediaValetを通して別に購入する必要があります。
  • MediaValetからファイルを添付すると、タスク、フォルダー、またはプロジェクトが共有される全員がMediaValetにログインせずにファイルに自動的にアクセスします。

MediaValetとの統合を有効化する

アカウント管理者はMediaValetとの統合を有効化できます。

  1. プロフィール画像をクリックし、メニューから「アプリ & 統合」を選択してページを開きます。
  2. 統合リストで「Wrike Publish – MediaValet」を見つけます。
  3. アプリカードを開き、「有効化」をクリックします。
  4. 表示されるポップアップでMediaValetアカウントにログインします。

これでアカウントの統合が有効になります。 Wrike Publishを初めて使用する際には、MediaValetの認証情報の入力が求められます。

🔥Wrikeヒント!正規/外部ユーザーは彼らのアカウント管理者をここから確認できます

アカウント管理者は、WrikeからMediaValetにファイルを発行する際に、ユーザーが次の内どのMediaValet属性を利用して記入するかを選択できます:

  • タイトル
  • 説明
  • タグ
  • ドロップダウン

これは「アプリ & 統合」セクションのMediaValetカードから、次の手順で実行できます:

  1. MediaValetカードを開きます。
  2. 「アプリ設定」タブに切り替えます。
  3. ファイル発行時に表示される属性の横のボックスにチェックを入れます。

ファイルをMediaValetに発行する

添付ファイルをローカルストレージからMediaValetにアップロードする手順:

  1. 発行したいファイルがあるタスクを開きます。
  2. 添付リスト(説明フィールドの下部)からファイルを選択します。
  3. 「MediaValetに発行する」をクリックします。
  4. MediaValetにログインします。
  5. ここから実行できること:
    • ファイルのタイトルを設定。
    • 説明をファイルに追加。
    • ファイルを追加したいMediaValetカテゴリーを選択。
    • MediaValetの既存のキーワードリストからキーワードを追加、または新規キーワードを作成。
  6. 「発行」をクリックします。

Mediavaletに発行する際に1つの説明を幾つかのファイルに追加することもできます:

  1. いずれかのファイルの説明フィールドにカーソルを合わせます。
  2. フィールド上に表示される「全ファイルに適用」ボタンをクリックします。

このフィールドの説明が、発行時に早期に選択した全ファイルに1つの説明として追加されます。

🔥Wrikeのヒント!ファイルのタイトルの横のボックスにチェックを入れて、リスト最上部の「MediaValetに発行する」をクリックしファイルを発行することもできます。

ファイルをMediaValetから添付する

  1. ファイルを添付したいタスクを開きます。
  2. 「ファイルを添付」(紙クリップアイコン)をクリックして、「MediaValetから」を選択します。
  3. MediaValetにログインし、右上隅のボックスから添付または検索したいファイルを選択します。
  4. 「タスクに添付」をクリックします。

ファイルが添付リストに表示され、MediaValetアイコンによって指定されます。

🖐注記!ファイルのタイトル、属性、およびキーワードにより検索できます。 項目をキーワードの一部で検索するには、例えば、「風*」などの「*」を使用します。

カスタムフィールドをMediaValet属性にマッピングする

WrikeからMediaValetにファイルを発行すると、WrikeカスタムフィールドのデータがMediaValetの一致する属性に自動的に追加されます。
次の両方の条件が満たされる場合、カスタムフィールドと属性は自動的にマッピングされます:

  1. 双方のタイトルが同じである。
  2. 双方のタイプに互換性がある(以下のテーブルを参照)。

Wrikeアカウントに対応するカスタムフィールドがない場合は、タブに必要な属性を手動で入力する必要があることに注意してください。

🖐注記!

  • Wrikeタスク/フォルダー/プロジェクトからMediaValetにファイルを発行する場合、ポップアップメニューから属性を入力できます。
  • MediaValetで「必須」オプションがオンになっている属性は、ポップアップメニューが開いたときに入力する必要があります。
  • 注記! 期間、ユーザー、および複数選択カスタムフィールドは、MediaValet属性にマッピングされません。

 

カスタムフィールドのタイプMediaValetの属性タイプ
テキストテキスト、一意のID
ドロップダウン
テキスト
チェックボックスドロップダウン. 可能な値:未設定、はい、いいえ
数字数字-小数、数字-整数*、一意のID
数字-小数、数字-整数*
通貨数字-小数、数字-整数*
日付日付/時刻

*ゼロ小数位のカスタムフィールドの場合。

Wrikeアカウントの管理者は、MediaValet統合の設定を修正したり、特定のオプション属性を表示したり、他の属性を非表示にしたりできます。 その手順:

  1. プロフィール写真をクリックします。
  2. 「アプリと統合」を選択します。
  3. MediaValetアプリを検索します。
  4. 開いたポップアップで、「アプリ設定」タブに切り替えます。
  5. WrikeからMediaValetにファイルを発行するときに、表示したくないオプションの属性のチェックを外します。
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ