すべての記事

WrikeとMediaValetの連携を有効化

テーブル 2. 利用可能

Wrike Publish

Wrike for Marketers

Wrike for Marketers Performance


概要

Wrike Publishアドオンを使用するアカウントのアカウント管理者は、MediaValetの連携を有効化できます。

メモ

ファイルをMediaValetから添付したり、ファイルをMediaValetに発行するには、MediaValetアカウントが必要です。 MediaValetの利用プランは、Wrike Publishには含まれていないため、MediaValetから個別に購入する必要があることに注意してください。

連携を有効化する

Enabling_Wrike_and_MediaValet_Integration_-_Enable_the_integration.png
  1. プロフィール画像をクリックし、メニューからアプリ&連携を選択してページを開きます。

  2. 連携のリストでWrike Publish – MediaValetを見つけます。

  3. アプリカードを開き、有効をクリックします。

  4. 表示されるポップアップでMediaValetアカウントにログインします。

これでアカウントの統合が有効になります。 Wrike Publishを初めて使用する際には、MediaValetの認証情報の入力が求められます。

ヒント

正規ユーザーおよび外部ユーザーは、自分のアカウント管理者をこちらで確認できます。

利用可能な属性を選択する

アカウント管理者は、WrikeからMediaValetにファイルを発行する際に、ユーザーが記入できる次のようなMediaValet属性を選択できます:

  • タイトル

  • 説明

  • タグ

  • ドロップダウン

これは、アプリと統合セクションのMediaValetカードから行うことができます:

  1. MediaValetカードを開きます。

  2. アプリ設定タブに切り替えます。

  3. ファイル発行時に表示される属性の横のボックスにチェックを入れます。

トップ