すべての記事

プロジェクトの進捗

プロジェクトの進捗は、Businessアカウント以上でご利用いただけます。 コラボレーターを含む全ユーザーが、プロジェクトの進捗を表示できます。

概要

Wrikeでは、選択したメトリクスに基づいてプロジェクトの進捗を自動算出して、それをリアルタイムで更新します。 プロジェクトの進捗バーを次の場所に表示できます:

このページでは、プロジェクトの進捗の計算方法、進捗のメトリクス、およびWrike作業スペースの進捗へのアクセス方法の概要を説明します。 Androidアプリでのプロジェクトの進捗についてはAndroidアプリの概要ページをご覧ください。

重要な情報

  • プロジェクトの進捗が算出される場合、プロジェクトのサブフォルダーおよびサブプロジェクトにあるタスクが対象になります。
  • 延期されたタスクやキャンセルされたタスクは、プロジェクトの進捗に影響しません。
  • 進捗に関する情報に簡単にアクセスできるよう、重要なプロジェクトをスター付けします。
  • AndroidアプリとWrikeウェブバージョンで様々な進捗メトリクスを有効にすることができます。 そのため、進捗値が異なることがあります。

プロジェクトの進捗を有効/無効化

Wrike作業スペースでは、外部ユーザーとコラボレータを除く全ユーザーが、プロジェクトの進捗を有効/無効化できますが、この権限は彼らのアクセスロールによって無効化される場合があります。

プロジェクトの進捗は、初期設定ではすべてのプロジェクトに対して無効になっており、手動で有効にする必要があります。
作業スペースで複数のプロジェクトの進捗を同時に有効/無効化する手順:

  1. 左側のナビゲーションパネルで、進捗を有効/無効化したい全プロジェクトを含むスペース、フォルダー、またはプロジェクトをクリックします。 1
  2. テーブルビューに切り替えます。2
  3. 「進捗」列3を見つけます。 見つからない場合、テーブルの左上隅のギアアイコンをクリックして、「進捗」の横のボックスにチェックを入れて、それをテーブルに追加します。
  4. 列名の横にあるキャレットアイコン4をクリックします。
  5. 「全プロジェクトを有効/無効化」を選択します。5
  6. 表示されるポップアップで決定を確定します。

テーブルビューに現在ある全プロジェクトに対して進捗機能を有効/無効化できます。プロジェクトメトリクスを無効化することで
作業スペースの単一プロジェクトの進捗を有効/無効化することも可能です。

Project_Progress_-_Enable_Progress.png

アクセス進捗パネル

プロジェクトの進捗パネルにアクセスする手順:

  1. プロジェクト情報パネルを開きます。
  2. 右上隅の進捗ボタン(現在の進捗を示す%値を含む長方形アイコン)をクリックします。

利用可能な進捗メトリクス

プロジェクトの進捗を評価するメトリクスは2種類あります。 その両方を有効化したり、片方を単独で使用することもできます。 アクティブ(有効)なメトリクスだけが進捗全体に考慮されます。

メトリクス

その計算方法

完了済タスクの数による進捗

完了済みタスクの数は、タスクの合計数により除算され、その結果は100%で乗算されます。

  • プロジェクトに10のタスクがあります。
  • その内の3つは完了済です。

数による進捗は、
(3 / 10) * 100% = 30%として計算されます。

完了済タスクの期間に基づく進捗

完了済みタスクの期間は、プロジェクトのタスクの総期間により除算され、その結果は100%で乗算されます。

注:プロジェクトのタスクの期間が0日または指定されていない場合、期間に基づく進捗メトリクスは100%として計算されます。

  • プロジェクト内にタスクが3つあります。
  • それらの期間はそれぞれ、1日間、2日間、5日間です。
  • タスクの総期間は、1 + 2 + 5 = 8日間です
  • 2日間のタスクは完了済です。

期間による進捗の計算:

  • 2日間(完了済タスクの期間) / 8日間(総期間) * 100% = 25%

進捗全体

アクティブ(有効)な全メトリクスが加算され、その結果は有効なメトリクスの数により除算されます。

  • 両方のメトリクスが有効です。
  • タスクの数による進捗 = 30%。
  • 期間による進捗 = 26%

進捗全体の計算:

  • (30% (数による進捗) + 26% (期間による進捗)) / 2 = 28%

進捗メトリクスを有効/無効化

Wrike作業スペースでは、外部ユーザーとコラボレータを除く全ユーザーが、進捗メトリクスを有効/無効化できますが、この権限は彼らのアクセスロールによって無効化される場合があります。

  1. 進捗パネルを開きます。
  2. 有効化(無効化)したいメトリクスの左側のボックスにチェックを入れます(ボックスのチェックを外します)。

プロジェクトの状態の色分け

色分けを有効化して、進捗バーおよび進捗パネルヘッダーを現在の進捗に一致する色で表示します。 プロジェクトの進捗を示す色と状況が一致しない場合、Wrikeはその状況の変更を推奨します。

色分けを有効化する手順:

  1. 進捗パネルを開きます。
  2. 「プロジェクトの状態」の左にあるボックスにチェックを入れます。

プロジェクトにはそれらの進捗に応じて4つの異なる色があります:

  • グリーン:期限切れではなく、リスクはゼロです。
  • イエロー:期限切れではありません。少なくとも1つのリスクがありますが、すべてがリスクではありません。
  • レッド:期限切れであるか、または全てのリスクを含みます。
  • グレー: キャンセル済、完了済、または保留中のプロジェクトの状況、もしくは日付が誤りです(例えば、その完了日が開始日よりも早い)。

🖐注記:色分けが無効であるか、プロジェクトに開始日または期限がない場合、その進捗状況バーはブルーです。

プロジェクトのリスク

  • 逸脱が25%を超えている。
  • プロジェクト内の1つ以上のタスクが期限切れ。
  • プロジェクト内の1つ以上のタスクの期限が、プロジェクトの完了日よりも遅い。

逸脱

逸脱は、プロジェクトが軌道に乗っているかどうかを示します。 逸脱が大きい場合、実際の進捗と予定の進捗に大きい隔たりがあることを意味します。

逸脱の計算方法:

逸脱 = (1 - 実際の進捗 / 予定の進捗) * 100%

進捗について

  • 予定の進捗は、プロジェクトの開始以降に経過した日数をプロジェクトの期間により除算した状況を示します。
  • 実際の進捗は、有効なメトリクスに基づいて計算された進捗です。
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ