すべての記事

ガントチャートの日付のロールアップ

全有料アカウントの正規/外部ユーザーは日付のロールアップを使用できます。 日付のロールアップは実験的な機能であるため、バグがある、変更の対象となる、いつでも提供を停止される可能性があります。 Wrike Labsのフィードバックリンクをご自由にお使いになり、このベータ機能に対するご意見を共有してください。

概要

初期設定では、Wrike内の全項目の開始日および終了日は完全に個別設定されています。 例えば、サブタスクがあるタスクの場合、そのタスクおよびサブタスクには日付が別々に設定されています(それらは自動的に一致することはありません)。 プロジェクトの日付およびそのタスクの日付も同様に設定されます。

ガントチャートから日付をロールアップできます。 日付のロールアップとは、最上位の項目の日付がその中の項目の日付に基づくことを意味します。 日付をロールアップする場合

  • 開始日時:中の項目が最も早く開始される日付
  • 締め切り:中の項目が最も遅く終了する日付

重要な情報

  • 日付をロールアップすると、Wrikeは表示されている項目のみを考慮します(つまり、フィルターにより非表示されている項目は考慮に入れられません)。
  • 最上位の項目の日付をロールアップして、その中の項目の日付にスケジュールを立てない場合、最上位の日付はクリアされます。
  • 機能が有効な場合、括弧は表示され、プロジェクト自体の日時は太字で記されます、このタイムフレームの範囲外であるタスクの日時を示す部分はタイムラインに現れません、アウトラインだけです。 このように、プロジェクトの実際の日付、およびこのプロジェクトのタスクスケジュールの日付が表示されます。

ラボから日付のロールアップを有効化

全有料アカウントの正規/外部ユーザーは日付のロールアップを利用することができます。 アカウントごとに有効化する手順。

  1. Wrike Labsにアクセスします。
  2. 「ガントチャートの日付をロールアップ」までスクロールします。
  3. 「有効化」の横にあるボックスにチェックを入れます。

これで作業スペースのガントチャートの日付をロールアップできます。

日付をロールアップ

項目の日付をロールアップする手順:

  1. フォルダーまたはプロジェクトを開いて、ガントチャートに切り替えます。
  2. ガントチャートのテーブル部分で、ロールアップしたい日付の親タスクまたはプロジェクトを右クリックします。
  3. 「項目をロールアップ」を選択します。

親タスクやプロジェクトの日付は変更され、その中の項目からロールアップされます。

ブランチ内の全項目の日付をロールアップする手順*:

  1. フォルダーまたはプロジェクトを開いて、ガントチャートに切り替えます。
  2. ガントチャートのテーブル部分で、親タスクまたはプロジェクトを右クリックします。
  3. 「ブランチをロールアップ」を選択します。

Wrikeは、日付のロールアップをボトムアップで開始します。 ステップ2で選択した親タスクやプロジェクトの日付がロールアップされるまで、ブランチの上位にある項目の日付が次第にロールアップされます。

*1つのブランチには1つの項目内にネストされている全項目が含まれます。 例えば、1つのプロジェクトには、タスク、サブタスク、サブプロジェクトなどがあります。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ