すべての記事

Wrikeのアクセスレポート

テーブル 1. 利用可能 - 従来のプラン


概要

​アクセスレポートを使用すると、誰が何に対してアクセス権を持っているかを追跡し、適切なユーザーまたはユーザーグループと物事を確実に共有できます。 アクセスレポートを使用して、次を確認できます:

  • ​フォルダー、プロジェクト、スペースを共有するユーザー(および子項目へのアクセス権を持つユーザー)。

  • ​ユーザーまたはグループがアクセスできるもの。

  • ​フォルダー、プロジェクト、またはスペースが、共有する必要のあるユーザー以外のユーザーと共有されているかどうか。

  • 公開カレンダーリンクのリスト、それらの作成者、および作成時期。

  • タスク、フォルダー、プロジェクトに添付されたファイルのレビューに招待されたゲストユーザーのリスト。

アクセスレポートの操作

注意事項

​アクセスレポートは、アカウントのオーナーと管理者、およびユーザグループ管理者が使用できます。

アクセスレポートを開く手順:

Access_Reports_in_Wrike-Navigate_Access_Reports.png
  1. 作業スペースの右上隅にあるプロファイルイメージをクリックします 1

  2. ドロップダウンから設定を選択します。

  3. 左側のパネルでアクセスレポート 2 をクリックします。

左側に​最上位レベルのフォルダーと共有中のプロジェクトのリストが表示されます。 ​レポートするフォルダーを選択すると、次を実行できます:

トップ