すべての記事

レポートを共有する

BusinessおよびEnterpriseアカウントの正規ユーザーはレポートを作成できます。

⏱ 2分で読めます

概要

レポートを作成すると、それをWrikeアカウント(外部ユーザーおよびコラボレーターを含む)の他のメンバーと共有できます。

共有されるレポートにアクセスする人は、レポートの同じデータを見ますが、彼らと共有されるタスク、フォルダー、プロジェクトのみを開くことができます。 ユーザーは、彼らと共有されないタスク、フォルダー、プロジェクトを開くことはできません(それらがレポートに表示されても)。

重要な情報

  • カスタムフィールドがレポートに表示されると、レポートが共有される人はレポートでそのフィールドを見ます(レポート作成者がそれを見るのと同じ)。フィールドが人と共有されない場合でも、それをレポートで見ます。

レポートを共有できる人

正規ユーザーはレポートを次の人と共有できます:

  • 正規ユーザー
  • 外部ユーザー
  • コラボレーター
  • ユーザーグループ

レポートはWrikeアカウント以外の人とは共有されません。

レポートを共有する方法

正規ユーザーはレポートを共有できます。レポートがあなたと共有される場合、それはレポートタブに自動的に表示されます。

  1. レポートタブをクリックします。1
  2. 共有したいレポートを選択します。2
  3. 右上隅の「共有する」または「共有済み」3をクリックします(レポートが共有されない場合、「共有する」とテキスト表示され、レポートが既に共有されている場合、「共有済み」とテキスト表示されます)。
  4. レポートを共有したいユーザーまたはユーザーグループ4を選択します。

レポートは、それが共有される全ユーザーのレポートリストに表示されます。

レポートを共有停止する場合:共有ダイアログボックスを開き、レポートを共有停止したい人の名前にカーソルを合わせて、表示される「x」をクリックします。

ShareReport.png

レポートを共有した場合の状況

共有済みレポートはレポートタブに表示されます。各レポート名の右側には、レポートオーナー、およびレポートが共有されるか専用かどうかが表示されます。

レポートがあなたと共有される場合、次を実行できます

  • レポートをいつでも開いて表示する。
  • データのレポート上での外観を変更する。 例えば、表示する列の選択、グループ分けの変更、グループの展開/折り畳みなどを実行できます。 これらの変更は他者のレポートのバージョンに影響しません。 これらの変更は保存されないため、そこから離れるとレポートが元の形式にリセットされることに注意してください。
  • レポートのデータを Excelにエクスポートする。

レポートがあなたと共有される場合、次を実行できません

  • レポートを別のユーザーと共有する、またはレポートをレポートビルダーで編集する。 

さらに詳しく

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ