すべての記事

レポートの共有

テーブル 157. 利用可能 - 従来のプラン


概要

コラボレーターと外部ユーザーを除くすべてのユーザーは、アクセスロールによって制限されていない限り、アクセス権のあるレポートを共有できます。

Wrikeアカウントの他のメンバー全員とレポートを共有できます。 ユーザーグループとレポートを共有することもできます。 スペースでレポートを作成した場合、自動的にすべてのスペースメンバーに共有されます。

注意

レポートはWrikeアカウント以外の人とは共有できません。

共有レポートにアクセスできるすべてのユーザーには、レポートに同じデータが表示されます。 ただし、開くことができるのは、共有されているタスク、フォルダー、およびプロジェクトのみです。 ユーザーは、共有されていないタスク、フォルダー、プロジェクトの項目がレポートに表示されていても、それらを開くことはできません。

注意事項

カスタムフィールドがレポートに表示されている場合、レポートを共有しているすべてのユーザーにレポートのフィールドが表示されます(レポート作成者に表示されるのと同様に)。 フィールドが共有されていない場合でも、レポートに表示されます。

レポートを共有する

  1. ホームページまたはローンチパッドボタンから、作業スペースのレポートセクションに移動します。

  2. 共有したいレポートを選択します。

  3. ビューの右上隅の共有をクリックします。

  4. レポートを共有するユーザーまたはユーザーグループを選択します。

  5. 名前の右にあるアクセスロールのドロップダウンをクリックして、アクセスロールを変更します:

    1. フル:レポートを削除する権限を含む、すべての権限が使用可能です。

    2. エディタ:レポートを表示し、設定を編集する権利を含みます。

    3. 読み取り専用:ユーザーはレポートの表示のみ可能です。

  6. 保存をクリックします。

レポートが、共有しているすべてのユーザーのレポートリストに表示されます。 いつでも共有停止できます。

レポートを共有停止する

  1. 上記の手順1~4を繰り返します。

  2. レポートの共有を停止したいユーザー/ユーザーグループの名前にカーソルを重ねます。

  3. 右側に表示されるXをクリックします。

  4. 保存をクリックします。

トップ