すべての記事

WrikeとSlackの連携

テーブル 208. 利用可能 - 従来のプラン


概要

WrikeとSlackの連携は全アカウントタイプ(Freeを含む)の全ユーザー(コラボレーターを含む)が利用できます。

SlackとWrikeの連携により、以下のことが可能になります:

  • SlackでWrike通知を受信する。

  • WrikeタスクをSlackから作成する。

  • チャンネルや会話内でタスク、フォルダー、プロジェクトをプレビューする。

仕組み:WrikeのURLをチャンネル(スレッドを含む)に投稿すると、タスク、フォルダー、プロジェクトの詳細が記載されたプレビューが自動的に生成されます。

補足事項

プレビューは、その項目へのアクセス権がない場合でも、チャンネル/会話に参加しているすべてのユーザーに共有されます。 チャンネルの全員にプレビューを表示したくない場合は、プレビューの上にカーソルを合わせ、プレビューの左にあるxアイコンをクリックして、削除をクリックします。

連携を有効化する

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. アプリ&連携を選択します。

  3. アプリのリストからSlack対応Wrikeアプリを開きます。 検索を使って探すことができます。

  4. 有効にするをクリックします。

  5. 次に、Slackのワークスペースにサインインするよう求められます。 既にサインインしている場合は、WrikeがSlackワークスペースにアクセスすることを許可するよう求められます。 許可をクリックします。

このプロセスが完了すると、SlackワークスペースにWrikeボットが追加されます。

補足事項

1人のユーザーが連携を有効化すると、WrikeとSlackの連携は、そのSlackアカウントに属する全ユーザーに対して部分的に有効になります。 これにより、アカウント(または特定のチャンネル)の全ユーザーが、タスク、フォルダー、プロジェクトの詳細をすぐにSlackで確認できるようになります。 ただし、各ユーザーが連携機能を完全に有効にする(通知の受信やタスクの作成を可能にする)には、各ユーザーで連携機能を有効にする必要があります。

連携を無効にするには、上記のステップ1~4を実行し、無効にするをクリックします。

次のステップ

トップ