すべての記事

Wrikeでのメールを利用した連携

テーブル 18. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

全アカウントタイプの全ユーザーが、メールを利用した連携を使用できます。 コラボレーターおよび制限付きアクセスのユーザーは、メールを利用した連携による新規タスクの作成やタスク詳細の編集ができない場合があります。

特許取得済のWrikeのメールを利用した連携エンジンを使用することで、メールから直接Wrikeのタスクに取り組むことができます。 次を実行できます:

  • タスクおよびフォルダーの作成。

  • コメントの追加。

  • タスクステータスの更新。

  • タスクの期限の設定。

重要な行動項目をWrikeにタスクとして送信することで、あなたとチームは一丸となってタスクに取り組みやすくなり、すべてを常に1箇所にまとめることができます。 タスクをWrikeに作成すると、プロジェクトの進捗状況をより正確に把握するための通知を受け取ることもできます。

始める前に

Wrikeにメールを送信する前に、メールを利用した連携の設定を確認することが重要です。

メールを利用した連携の設定を調整する:

  1. 作業スペースの右上隅にあるプロフィール写真をクリックします。

  2. ドロップダウンから設定を選択します。

  3. 左側のナビゲーションパネルのメール設定をクリックします。

  4. メールを利用した連携で、連携を設定するメールアドレスを選択するか、調整するメールアドレスの設定を確認します。

  5. タスクをフォルダーに作成セクションで、タスクを作成するフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。

  6. 作成するタスクのタイプを選択します。 デフォルトでは、すべてのタスクがバックログ処理済として作成されます。

  7. 別のメールアドレスを追加して、複数のメールからタスクを作成および更新できます。

  8. 変更を保存するをクリックします。

補足事項

連携設定ができるのは、1度に1つのアカウントに対してのみです。 複数アカウントのメンバーである場合、まず、連携設定を編集するアカウントを指定する必要があります。 これを行うには、作業スペースの右上隅にあるプロフィール画像をクリックし、別のアカウントに切り替えるにカーソルを合わせ、表示される一覧から必要なアカウントを選択します。

現在あるアカウントに適用されている設定を別のアカウントに適用する場合は、最初に連携済みアカウントから設定を削除する必要があります。 その手順:

  1. 連携がすでに設定されているアカウントのプロフィール設定を開きます。

  2. 連携が存在するメールアドレスにカーソルを合わせます。

  3. 右側に表示されるXアイコンをクリックします。

  4. 変更を保存するをクリックします。

トップ