すべての記事

レポート列チャート

BusinessおよびEnterpriseアカウントの正規ユーザーはレポートを作成できます。

⏱ 3分で読めます

概要

Wrike Report列のチャートには、 レポートビルダーで選択する基準を満たすタスクまたはプロジェクトの数が表示されます。 各列チャートには2つのグループ分けがあり、これらのグループ分けを使用してデータを列(グループ分け1)に分割してから、これらの列をセグメント(グループ分け2)にさらに分割します。

ベストプラクティス

列チャートは次の場合に最適に使用できます:

  • 特定の基準を満たすタスクやプロジェクトの数を表示し、そのデータをシンプルなビューで確認する。
  • 特定のグループ分け内のタスクやプロジェクトの数を一覧で比較する。

列チャートは次の場合に使用します:

  • プロジェクトオーナーがプロジェクトの進捗をモニターする。各オーナーが持つプロジェクトの数、およびプロジェクトの状況を確認できる。
  • 担当者のタスクの進捗を追跡する。各担当者が実行すべきタスク量や、タスク状況に関する最新の情報を常に把握する。

未定義の列

未定義データとは、タスクまたはプロジェクトのデータが入力されていない属性を指します。 例えば、開始日が指定されていないタスクには開始日の未定義データが含まれます。 列チャートを作成し、グループ分けを追加したときに、レポート基準に一致するが、選択したグループのデータが未定義のタスクまたはプロジェクトがある場合、それらのタスクを取得するための列(またはセグメント)がチャートに追加されます。

例えば、プロジェクトレポートがカスタムフィールド別にグループ分けされ、プロジェクトにそのカスタムフィールドのデータが入力されていない場合、それは「未定義」の列またはセグメントに表示されます。 また、担当者のいないタスクやプロジェクトオーナーのいないプロジェクトがある場合に使用される「なし」列もあります。

 

列チャートを編集

レポートを更新

希望する(または必要な)場合は、レポートを更新して最新のデータを確実に表示することができます。

その手順: チャートの右上隅の更新アイコン1をクリックします。

レポートを編集

引き出すフォルダーおよび/またはプロジェクトの情報、適用するフィルター、または使用するグループ分けを変更するには、レポートビルダーに戻ってレポートを編集します。

その手順:チャートの右上隅の「編集」2をクリックします。

 

チャートの軸を転換する

列を完全に表示するためのスペースがもっと必要な場合、チャートの軸を変換してチャートを縦ではなく横に表示できます。

その手順:チャートの右上隅のアイコン3をクリックして、表示されるドロップダウンリストから「軸を変換」を選択します。

セグメントを列として表示

セグメントを列として並べて比較する必要がある場合、セグメントを列に変換できます。

その手順:チャートの右上隅のアイコン3をクリックして、表示されるドロップダウンリストから「並べて表示」を選択します。

セグメントをビューから非表示にする

一部のセグメントを非表示にしてビューを簡素化し、一度に特定のセグメントだけを表示します。

その手順:チャートのキー4 (列チャートの最上部にある) からセグメントのタイトルをクリックしてチャートのそのセグメントを非表示(または表示) します。

列チャートのグループ分け

列チャートのグループ分けオプションは、プロジェクトまたはタスクのどちらでレポートしているかに応じて異なります:

プロジェクトタスク
プロジェクトオーナー指名先
プロジェクト作成者状況グループ
状況ワークフロー
+カスタムフィールド状況
 作成者
 重要性
 +カスタムフィールド

さらに詳しく

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ