すべての記事

タイムログビュー

タイムログビューは、Business/Enterpriseアカウントの正規および外部ユーザーが利用できます。Business/Enterpriseプランの詳細についてはこちらをご覧ください。

⏱ 4分で読めます

概要

タイムログビューには、特定のフォルダー、プロジェクト、またはスペース内のすべてのタスクおよびサブタスクのタイムログエントリーが表示されます。 特定のフォルダー、プロジェクト、またはスペースのタイムログを表示すると、そのフォルダー/プロジェクト/スペース内から直接、および全下位レベルのサブフォルダー/サブプロジェクトから、全タスク/サブタスクに追加されたエントリーが表示されます。 フィルターを使用して、表示する情報を絞り込むことができます。

ビューをナビゲート

ビューを開く

  1. 作業スペースの左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. タイムログビューに切り替えます。最初に「その他」をクリックする必要があります。

各タイムログエントリー自体が行としてビューに表示され、初期設定では、エントリーがユーザーおよび日付別にグループ分けされます。

タイムログテーブルには次の列が含まれます:

  • タスクタイトル - タイムエントリーに関連するタスクの名前
  • ユーザー - タイムエントリーを作成した人の名前
  • 日付 - タイムログエントリーの日付
  • 経過時間 - 合計作業時間
  • プロジェクト/フォルダー - タスクがタグ付けされているプロジェクトとフォルダーのリスト
  • カテゴリー
  • コメント
  • 請求タイプ*
  • ロック* - この列のロックアイコンは、エントリーがロックされており、編集できないことを示します
  • エクスポート** - タイムエントリーのエクスポート状況

* この列は、Wrike for Professional ServicesパッケージおよびWrike Resourceアドオンのアカウントで使用できます。
**この列は、Wrike for Professional Services Performanceパッケージでのみ利用できます。

タスクビューをオーバーレイで開く

  1. タスクのタイトルにカーソルを合わせます。
  2. 右側に表示される「詳細を表示」アイコンをクリックします。

タスクに関連付けられているタイムログエントリーを表示

  1. タスクへのエントリーがある行を右クリックします。
  2. 「このタスクの全エントリーを表示」を選択します。

タイムログエントリーを編集/削除

タイムログエントリーを編集

正規ユーザーは自身および他者のタイムログエントリーを編集できます。

  1. 左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. タイムログビューに切り替えます。
  3. 編集するフィールドをダブルクリックします。

経過時間、日付、コメント、およびカテゴリー列のデータを編集できます。 資格のあるアカウントユーザーは、ロック列を編集することもできます。ただし、それが彼らのアクセスロールにより制限されていない場合に限ります。

タイムログエントリーを削除

  1. 左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. タイムログビューに切り替えます。
  3. エントリーのある行を右クリックします。
  4. 「削除」を選択します。

ユーザーのタイムログエントリーを表示

正規ユーザーは自身および他者のタイムログエントリーを表示できます。外部ユーザーは自身のタイムエントリーのみを表示できます。

  1. 作業スペースの左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. タイムログビューに切り替えます。
  3. ビューの左上隅のフィルターアイコンをクリックして、フィルターパネルを開きます。
  4. 「ユーザー」セクションで、表示したいタイムログエントリーがあるユーザーの左側にあるボックスにチェックを入れます。
  5. 表示したいタイムログエントリーがあるユーザーが表示されない場合:
    • ユーザーセクションの最下部にある青色の「その他」のリンクをクリックします。
    • ユーザー名を入力し始めます。
    • ユーザー名とプロフィール画像が表示されたら、そのユーザーをクリックします。

タイムログビューは自動更新されて、フィルターパネルで選択したユーザーのみが表示されます。

タイムレポートを一定期間作成

  1. 作業スペースの左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. タイムログビューに切り替えます。
  3. ビューの左上隅のフィルターアイコンをクリックして、フィルターパネルを開きます。
  4. 「日付」見出しをクリックして、日付範囲を指定します。

タイムログビューが自動更新されて、指定した日付範囲内にあるタイムログエントリーが表示されます。

タイムログをフィルタリング

ユーザー、日付、カテゴリ、請求タイプ*、ロック*、またはエクスポート状況**でタイムエントリーをフィルタリングできます。

  1. 作業スペースの左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. タイムログビューに切り替えます。
  3. ビューの左上隅のフィルターアイコンをクリックして、フィルターパネルを開きます。
  4. 1つ以上のフィルターの横にあるボックスにチェックを入れます。

* このフィルターは、Wrike for Professional ServicesパッケージおよびWrike Resourceアドオンのアカウントで使用できます。
**このフィルターは、Wrike for Professional Services Performanceパッケージでのみ利用できます。

タイムログビューをカスタマイズ

列を非表示

列を非表示にしてビューを簡素化するか、列を追加し直して詳細を表示します。 タスクタイトルを除くすべての列は、ビューから非表示にできます。
その手順:ビューの左上隅のギアアイコンをクリックし、各列のタイトルの左側にあるチェックボックスを使用して、列をビューから非表示にするか、表示します。

列を分類

列のデータを昇順または降順に分類します。
その手順:列タイトルをクリックして昇順の分類を適用します。同じタイトルをもう一度クリックすると、降順の分類が適用されます。

タイムログエントリーのグループ分けおよびグループ分け解除

初期設定では、タイムログエントリーはユーザーおよび日付別にグループ分けされていますが、タスクタイトル、経過時間、プロジェクトまたはフォルダー、カテゴリー、コメント、請求タイプ*、ロック*、およびエクスポート状況*別にエントリーをグループ分けすることもできます。

グループ分けを追加

  1. 「グループ分け」の右側にある+アイコンをクリックします(ビューの最上部にあります)。
  2. リストからグループ分けを選択します。

ビューにグループ分けを適用しない場合は、+アイコンの代わりに「グループ分けを追加」ボタンが表示されます。

グループ分けを削除

  1. ビューの最上部にリストされている適用済みグループ分けオプションにカーソルを合わせます。
  2. 表示される「x」をクリックします。

* このグループ分けオプションは、Wrike for Professional ServicesパッケージおよびWrike Resourceアドオンのアカウントで使用できます。
**このグループ分けオプションは、Wrike for Professional Services Performanceパッケージでのみ利用できます。

列の順序を変更

最適な順序で表示されるように列を再整理します。
その手順:移動する列の名前をクリックしたまま、適切な場所にドラッグします。

Excelにエクスポート

フォルダーの構造からフォルダーまたはプロジェクトを選択します。

  1. 作業スペースの左側のナビゲーションパネルからフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。
  2. タイムログビューに切り替えます。
  3. 右上隅の3ドットメニューボタンをクリックします。
  4. 「Excelにエクスポート」を選択します。

.xlsファイルは、お使いのコンピュータでダウンロードしたファイルのあるデフォルトの場所に、自動的にダウンロードを開始します。 このファイルには、ビューで非表示にした列を含む、完全なタイムログテーブルが含まれています。

Wrikeのヒント!エクスポートする前に、必要なフィルターをビューに適用します。これにより、フィルタリングされたタイムエントリーのみがExcelファイルに表示されます。

さらに詳しく

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ