すべての記事

コラボレーター

⏱ 1分で読めます

概要

コラボレーターは、Wrikeの3つのユーザータイプのうちの1つです。 彼らはアカウントに招待されるとWrikeの作業スペースにアクセスできますが、権限は限られています。

コラボレーターは有料のユーザー数を利用しませんが、アカウントに招待できるコラボレーターの数には制限があります。 制限に関する詳細は、当社の利用規約を確認してください。

Wrikeのヒント!有料アカウントのオーナーは、登録ページで利用可能なコラボレーター数を確認できます。 ページを開くには、右上隅にあるプロフィール画像をクリックし、「アカウント管理」を選択して左側の「登録」タブをクリックします。

コラボレーターをアカウントに追加する方法についてはこちらを確認してください。

コラボレータの権限

コラボレーターは次を実行できます:

  • リストビュー、テーブルビュー、ガントチャート、および活動ストリームを通してタスクにアクセスする
  • 私のやることと受信トレイタブにアクセスする
  • 表示しコメントを記入して、ファイルを彼らと共有するタスク、フォルダー、プロジェクトに添付する
  • タスクの状況を変更する
  • 彼らと共有されるレポート*をエクスポートする

3つのライセンスタイプの権限、それぞれができること、できないことを比較する詳細なチャートが当社のライセンスタイプヘルプページでご覧いただけます。

*レポートはBusiness/Enterpriseアカウントでご利用いただけます。 

詳細

  • コラボレータの作業スペースがどのように見えるのかを知るためには、このコミュニティポストをチェックしてください。
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ